読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mango's Me

かゆいところに手が届く

株式投資始めてみた

なぜ?

以下の様な理由で、前から興味があったからです。

 

  • 副収入が欲しい!
  • お金に働いてもらった方が楽!
  • 財務諸表や損益計算書などを読む力が付きそう!
  • 将来インフレや円安になる可能性もあり、
    現金を持っていることこそがリスクなのでは?
  • 節税になる
  • 憧れの株主優待生活!

 

その一方で、以下の様な心配もありました。

 

  • 株って何か恐い。
  • 値下がりして手持ちのお金が無くなり、人生が終わるのでは?
  • 所詮ギャンブルじゃない?
  • どの株を選べば良いか分からない
  • 財務諸表などが読めない

 

どうしよう・・・。迷いました。

 

しかし、出てきた答えは、

「興味が出てきたことは、とりあえずやってみる!」

 

そうです、これこそ当ブログのモットーです笑

 

幸いにも、まだ私は20代。

もしここで多少失敗したって、将来、いくらでも取り返せるはずです。

それに、たかだか数万の損失よりも、

失敗から学べることの価値の方が絶対に大きい。

そう、失敗こそ人生にとってプライスレス。

そこで得た教訓を糧に、損した分以上のリターンを得れば良い。

 

よし、やってみよう!

 

 

と、行き当たりばったりっぽいことを書きましたが、

実際には、この決断をするまでに、

数冊の投資に関する本を読み、

様々なサイトで株式投資で使われる代表的な指標の意味などを勉強しました。

そして、証券会社の口座開設まで済ませました。

 

 

前回の記事にも書きましたが、

私は何かをやってみる前には、基本的には

可能な限り情報を調べてからでないと行動に移せない

心配性な性格なのです^^;

 

ですので、ご興味がある方は、

できるだけ調べてから始めてみることを強くお勧め致します。

幸いにも、詳しいサイトはたくさんヒットするので、調べてみてください。

 

まあ、時には勢いも大事ですけどね!

 

 

買った銘柄

ということで、記念すべき人生初の株式投資対象銘柄は、

キーコーヒー』と『カゴメ』にしました。

 

選定理由は単純で、株主優待目当てです。

 

決算月に、100株以上保有していると、

キーコーヒーカゴメの商品がもらえます。

 

両銘柄とも割高で、買うか迷いましたが、100株ずつ買いました。

(こんな軽いノリで買うと、後々、きっと痛い目に合いますよね・・・。)

 

最悪損しても、株主優待をもらえるし、

コーヒーもカゴメの商品も好きなので、

良いかな〜という気持ちもありました。

 

本当は、ハイリスクハイリターンのマザーズ上場IT企業とかに投資して、

短期でがっぽり稼いでみたいのですが!

 

そもそものきっかけ

去年から今年にかけて、年末年始に行ったマカオのカジノで、

カジノの魔力、ギャンブルの魔力、お金の魔力に取り憑かれたからです笑

 

マカオでは、「大小」というゲームをひたすらやっていました。

 

「大小」は、バカラと並んで、マカオ特有のカジノゲームです。

 

サイコロ3つを同時に降り、その合計が10以下なら「小」、11以上なら「大」として、

どちらが出るかを賭ける、単純なゲームです。

もちろんその他賭け方は色々あって、出目に賭けたり、合計値に賭けたりできます。

 

基本的には、結果はもちろん完全に運なので、

確率的に考えて賭ける人が多いかと思います。

 

ただ、たまに確率だけでは説明できない現象が起きたりして、

とても不思議な、ゲームの言わば「流れ」とでも言えるような時間が来ます。

例えば、10回連続「大」が出続けることとかが、普通に起こったりします。

確率的には、ほとんどあり得ませんよね。

 

そういった不思議な「流れ」が起きているテーブルには、

人が集まり、独特の熱意と掛け声とともに、非常に盛り上がります。

 

 

マカオに集うツワモノ達

そこには、そういう「流れ」を機敏に察知して、

流れの初期の段階から、ひたすら「大」か「小」のいずれかに何万も賭け続けるプレーヤーがおり、

その「嗅覚の鋭さ」と「賭け金の大きさ」、「賭けるときの潔さ」、

そして実際に連続して当たりまくる姿に、

初心者の私はひたすら圧倒されていました。

 

これが、勝てるギャンブラーの「勘」であり、「潮流を読む力」なのか!

と感動すらしました。

 

このように、カジノにおけるお金の使い方の面白さや、

あっという間に手持ちのお金が何十万円も上下する、

ある意味、頭のおかしな世界に私は魅了されました。

 

そして、

「日本に帰ってからも、少しでも同じような刺激を味わいたい!」

「あの潔いギャンブラー達のようになりたい!」

「億万長者になって、あんなことやこんなことをしたい!マカオのカジノで感動を与えてくれたギャンブラー達と、並んで勝負してみたい!」

という(今考えれば)非常に危険な結論に至りました。

 

その結果、カジノとは大分趣が異なりますが共通する部分も多く、何より前々から興味のあった株式投資を本格的に始めたというわけです。

 

この経験を通し、経済的な成功はもちろん、

ギャンブラーとしての「潮流を読む力」「勘」を養い、

最終的には、「億万長者」になる!

という小学校からの夢を叶えたいと思います!笑

 

 

そして肝心の結果は・・・!

初めてにも関わらず、見事プラスでした♪

 

一回の飲み会ぶんくらいですね。

 

かなり保守的な投資であったとは言え、

初めてにしては充分な結果だと思います。

 

※これで調子に乗り、後で痛い目に遭うのですが、

その話はまた別途・・・(^_^;)

 

 

 

 

iPhone 6とNexus 5どちらが安い?

目次

  1. iPhone 6にすべきか、Nexus 5にすべきか?

  2. 結論

  3. iPhone 6にする場合

  4. Nexus 5にする場合

  5. まとめ

 

1. iPhone 6にすべきか、Nexus 5にすべきか?

最近、iPhone 5の更新時期を迎えました。

 

更新にあたり、Apple信者の私としては、

順当にiPhone 6に変えても良いのですが、

いかんせん、機種変更料金が馬鹿にならない。

 

そんな中、以下の様な疑問が湧いてきました。

 

  • キャリアはそのままで機種変更するのと、他キャリアにMNPして新規契約するのとでは、どちらが安い?

  • 月々の通信料が安くなるなら別にiPhoneじゃなくても良い!何かお得な端末や契約方法は?

 

私は何事も気が済むまで調べてからでないと、

物事を決められないタチです。

 

そこで、iPhone 6とNexsus 5、

どちらの機種のどのプランが最も安くなるのか調べてみました。

 

色々ネットで調べてみて、一応自分なりに比較し、結論は出ました。

ですが、そのあたりの情報がまとまっているサイトが意外にもなかなか無いことが分かりました。

 

結局、複数のサイトを見ながら何度も計算して、結構大変でした。

もちろん、かなり時間がかかりました。

 

でもこれは逆に言うと、

私と同じ様に困っている人がいるはずだということ。

 

つまり、結論や調べて分かったことをこのブログでシェアすれば、

少しでもその様な方々のお役に立つのではないか。

そう思うに至り、久しぶりに記事にすることにしました。

 (何か大げさ)

 

以下、ざっくり計算した比較結果なので、

個々人の使い方等によって変わるでしょうし、あくまで目安ですが、

参考にしていただければ幸いです。

 

 

2. 結論

結論から言うと、

SIMフリーのNexsus 5にMVNO各社(特にオススメはIIJ)のSIMカードを挿して使う」

プランが最も安くなります。

端末代含め、キャリア各社と比較して、

月額にして、3,000円〜4,000円(※)程度安くなります。

※もちろん、契約プランやMVNO会社によって変わります。

 

 

3. iPhone 6にする場合

まずは、最もユーザーが多いであろうiPhone 6 (※1) の月額使用料を、

キャリア3社、それからSIMフリー端末+MVNOSIMカードを使用する場合の

4パターンで比較しました。

 

結果的には、SIMフリーiPhone 6を使用するのが最も安くなります。(※2)

また、キャリア3社の中では、Softbankが最も安くなります。(※3)

 

 以下、各4パターンの月額使用料計算結果です。

 青字で支払額、赤字で割引額を表しています。

 

1. 機種変更 (auの場合)

月額:¥7,610

内訳

iPhone 6端末代(64GB、一括):¥85,320

通信料(月額):

 LTEプラン ¥934(誰でも割適用時)

 LTE NET代 ¥324

 LTEフラット ¥6,156

契約事務手数料:¥3,240

iPhone 5 (32GB) 下取り割引額:-¥26,000

端末代毎月割:-¥57,840 (24ヶ月計)

 ※全て税込。各種オプション料、ユニバーサル料金は除く。

 

2. MNPで新規契約 (NTT Docomo)

月額:¥6,593

内訳

iPhone 6端末代(64GB、一括):¥86,832

通信料(月額):

 カケホーダイプラン ¥2,916 (定期契約あり)

 spモード代 ¥324

 データSパック(小容量)(2GB) ¥3,780

契約事務手数料:¥3,240

iPhone 5 (32GB) 下取り割引額:-¥26,460

端末代毎月割:-¥73,872 (24ヶ月計)

 ※全て税込。各種オプション料は除く。

 

3. MNPで新規契約 (Softbank)

月額:¥6,140

内訳

iPhone 6端末代(64GB、一括):¥83,280

通信料(月額):

 基本プラン ¥2,916 (2年契約時)

 S!ベーシックプラン ¥324

 データ定額パック(2GB) ¥3,780

契約事務手数料:¥3,240

iPhone 5 (32GB) 下取り割引額:-¥26,520

端末代月月割:-¥70,320 (24ヶ月計)

 ※全て税込。各種オプション料は除く。

 

4. SIMフリーiPhone 6 + BIC SIMカード

月額:¥5,994

内訳

iPhone 6端末代(64GB、一括):¥86,184

通信料(月額):

 BIC SIM ミニマムスタートプラン(2GB、通話機能付き月額) ¥1,728

契約事務手数料:¥3,240

 ※全て税込。

 

iPhone 6は以上です。

iPhone 6のプラン間での比較だと、

どのキャリアと契約するよりも、

SIMフリーiPhone 6BIC SIMカード
が最も安くなりました。

 

SIMフリーMVNO優秀過ぎる!!

3大キャリア、もっと頑張って!

 

さて続いては、Nexsus 5についても計算してみます。

 

 

4. Nexus 5にする場合

月額:¥3,321

内訳

Nexus 5端末代(16GB、一括):¥34,995  (Amazonにて購入する場合)

通信料(月額):

 BIC SIM ミニマムスタートプラン(2GB、通話機能付き月額) ¥1,728

 契約事務手数料:¥3,240

 ※全て税込。

 

月3300円は破格ですね!

 

 

5. まとめ

以上、見ていただいて分かる通り、

 

という結論になりました。

 

キャリア各社の月額通信料やiPhoneの端末代はかなり高いですね。

(というより、Nexus 5が異常に安い?)

 

ちなみに、私は最後のNexus 5のプランにしました。

 

安いのが最も大きな理由ですが、

その他iPhoneに飽き始めているのと、

6は自分にとっては大き過ぎることも理由です。

 

デメリットとしては、SIMフリー端末の場合、

キャリアのメアドが使えなかったり、

1分当たりの通話料が高くなったりします。

 

ですが、そこに月3,000円余分に払う価値を感じていないので、

私は全く気になりませんでした。

 

何より貴重な記憶デバイスであるiPhone 5を下取りに出さなくて済みますし、

海外でもSIMカードさえ変えれば普通に電話できますしね。

あえて心配点を挙げるとすれば、某韓国メーカーが作っているので、

品質的に大丈夫かな、というところですね笑

 

あと、比較して思ったのは、ここまで安いのであれば、

これからはもっとSIMフリー端末が

メジャーになるのではないかなということです。

(キャリア各社がMVNO各社に変な圧力をかけないと良いのですが・・・。)

 

以上、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

 

 

※1

この記事の主旨は、同じ機種を使う場合の各キャリア間の通信料比較なので、

iPhone 6 Plusや64GB以外の容量を考えている方は、

端末代をそれに合わせて再計算して下さい。

 

※2

SIMカードは、IIJBIC SIM ミニマムスタートプラン (電話機能付き)

を使用した場合です。

他にも10社程度、また各社、契約プランが数種類ありますが、

この記事では触れません。

SIMカードの料金比較サイトはいくつかありましたので、別途そちらを参考にして下さい。

 

※3

自分はauユーザーなので、auに対しては機種変更、

その他各社(NTT DocomoSoftbank)はMNPによる新規契約、

と仮定して計算、比較しています。

 

 

Fuji Rock Festival '14ライブレポ

Fuji Rock Festival '14

去年に引き続き、今年もフジロックに行ってきました。

 

好きなんです、夏フェス。

 

フジロックは人生2回目です。

 

一緒に行った友達の都合で、

会社を休んで7/25(金)の1日だけ参加してきました。

 

友人(初音楽ライブ)含め、3人で参加しました。

 

※ちょっと感動し過ぎたので、長文です。 

 

Fuji Rock Festivalとは?

言わずと知れた、国内4大夏フェスの1つです。

(他3つは、Summer Sonic、Rock'in on Japan、Rising Sun Rock Festival

 

  • 開催時期

毎年7月下旬~8月上旬の、金曜日〜日曜日の3日間です。

 

3日間とも、朝から翌朝までライブが行われています。正にお祭りですね。

 

  • 会場

新潟県 南魚沼郡 湯沢町にある苗場スキー場です。

 

計3日間、ジャンル問わず、

国内外の有名アーティスト200組以上が一堂に会します。

 

  • 特徴

都市型フェスのように都会にある特設ステージで行われるのではなく、

山の中(と言っても苗場スキー場ですが)で行われることです。

 

ご飯(通称、フェス飯)が美味しいことも特徴の一つです。

 

フジロックでしか食べられないようなものもあり、

毎年長蛇の列となる店もあります。

 

また、売り切れになったりするものもあります。

 

 

その他詳細は、公式サイトをどうぞ!

 

www.fujirockfestival.com

 目次

  1. 当日の様子
  2. ハイライト①:アーティスト編
  3. ハイライト②:グルメ編
  4. ハイライト①:アーティスト編詳細
  5. おわりに

 

 

1. 当日の様子

f:id:thaicurry:20140802173037j:plain

当日たくさん写真を撮ったのですが、ほとんど自身や友人の写真なので、

1枚だけ載せます。

 

どうでしょう?思った以上に自然というか、山の中感がありませんか?

 

この日は天気にも恵まれ、フジロック恒例(?)の雨は全く降りませんでした。

ただその分、昼間はめちゃくちゃ暑かったです。

 

その日、岐阜県多治見市で39度を超えたらしく、

確かに14時頃は、新潟県と言えど意識が朦朧とするくらいの暑さでした。

 

ですがもちろん、フェス自体は

感動あり、笑いあり、盆踊りあり!で最高に楽しく大満足でした。

 

 

それでは早速、当日のハイライトを①アーティスト編、②グルメ編として、

それぞれご紹介します。

 

2. ハイライト①:アーティスト編

個人的に良かった順にご紹介します。

 

当初の目論み通り、夕方以降にハイライトが固まっていました。

 

夕方以降、夜中0時に帰るまでは、誰を見てもひたすら楽しかったです!

 

1位:大友良英スペシャルビッグバンド・

  フェスティバル FUKUSHIMA!オールスターズ大盆踊り大会(長い!w )

  @ ORANGE COURT (21:20〜22:20)

2位:電気グルーヴ @ GREEN STAGE (19:20〜20:20)

3位:Slowdive @ RED MARQUEE (15:10〜16:00)

4位:ROVO and System 7 @ FIELD OF HEAVEN (18:00〜19:10)

5位:The ORB @ ORANGE COURT (オールナイトフジ) (23:30〜24:00)

 

こうして見ると、ステージも見事にばらけていますね。

 

それほど、運営の方が趣向を凝らされたのかも知れません。

(考え過ぎでしょうか?笑)

 

各アーティストの感想は長くなるので、後述します。

 

3. ハイライト②:グルメ編

こちらも、おいしかった順にご紹介。

 

1位:福島の地酒

2位:ポカリスエット

3位:ビール

 

水分オンリー!笑

 

やっぱり暑かったんでしょうね。

 

1位の地酒の名前はメモり忘れましたが、甘くて濃くて美味しかったです。

 

福島は仕事の出張でよく行っていたのですが、

有名な「飛露喜」という日本酒を飲んで以来、

福島のお酒が個人的に大好きになりました。

 

 2位のポカリスエットは切実です。間違い無く命の水でしたねw

 

これが無かったら、熱中症で倒れていたかも知れません。

 

夏フェスには必須です。

 

3位のビールは、言わずもがなですね。

 

こちらも夏フェスには欠かせません。

 

天気の良い野外で、最高の音楽を聴きながらのビールは格別です!

 

このために生きていると言っても過言ではありません笑

 

以上です。

 

上にも書きましたが、食べ物が特に思い浮かばないということは、

今年は当たりを引かなかったということですね・・・w

 

もう少し、事前に美味しい食べ物を調べてから行くべきだったかも知れません。

 

 

4. ハイライト①:アーティスト編詳細

以下、ハイライト①アーティスト編の詳細版として、

各アーティストの簡単な紹介と、当日のライブの感想を記します。

 

1位:大友良英スペシャルビッグバンド

2013年、ギタリストの大友良英氏を中心に結成されたバンドです。

 

NHK連続テレビ小説あまちゃん』の主題歌を担当することをきっかけに

結成されました。

 

私自身『あまちゃん』を見ていたので、今回の出演アーティストの中でも、

とても楽しみにしていたバンドの1つです。

 

そして、当日のライブはというと・・・

なんと、みんなで陽気に盆踊りをするという斬新なライブでした!

 

しかもあまちゃんの曲に合わせてです。

 

これが楽しくない訳が無いですよね!!

 


大友良英スペシャルビッグバンド - あまちゃん音頭 【Music Video(Short Ver.)】 - YouTube

 

(PVあったのですね。しかもAKBの恋チュンみたいになってますねw)

 

この曲に合わせて皆で盆踊りするのです!

 

こんなライブ、もう一生無いのではないかと。

 

盆踊りとか、小学校4年のときの高槻祭り(地元大阪の祭り)以来ですw

 

ちょいちょい大友さんらしい変態ギターが入っていて、

単なる盆踊り音頭で終わらないところが彼らしいなと感じました。

 

是非、またライブやっていただきたい!そして盆踊りたい!!

 

盆踊り、これから流行ると日本はもっと元気になるのではないでしょうか♪

 


あまちゃんOPテーマ (アンコール) - YouTube

 

ついでに、有名な『あまちゃん』のOPテーマも載せておきます。

 

もう一回あまちゃん見たくなりました。泣きたい!

 

大友良英 スペシャル ビッグバンド | 大友良英オフィシャルサイト

 

 

 

 

 

 

 

2位:電気グルーヴ

俳優でもお馴染みのピエール瀧と、フェス『WIRE』主催、

DJとして世界を廻ることもある石野卓球から成るテクノユニットです。

 

これぞテクノという格好良い曲ばかりでなく、

独特のユーモアの利いた歌詞の付いた曲も多く、

踊れるばかりでなく、聴いていて笑うこともあります。

 

そういう曲って、なかなか無いのではないでしょうか?

1989年結成なので、今年結成25周年。

 

それを記念したアルバムも発売されているようです。

 

 

25 - EP

25 - EP

 

 

そして当日のライブは、ただただ楽しかったです!

 

ひたすら踊って笑いました!

 

彼らを見るのは恐らく3回目くらいなのですが、

今までで一番楽しかったです!!

 

ガリガリ君』『富士山』の皆でかけ声系の曲から、

『N.O.』みたいな合唱系、

それからアルバム『Voxxx』からインスト系の曲と、

バランスの良い構成でした。

 

そして、一番有名であろう『Shangri-Laまでやってくれました!

 

「とうとう、生Shangri-La聞けた〜!!

神様ありがとうございます!!笑 」と、

何度心の中で叫んだことでしょうか。

 


DENKI GROOVE - shangri-la - YouTube

 

VJ(光の演出)がとても凝っていたのと、

衣装にも趣向(ユーモア)が凝らされていたので、

夜の野外で見ると、目でも楽しめました。

 

ここまでユーモアと音楽を融合させたユニットってなかなかいないです。

 

本当に。

 

途中、ピエール瀧氏の顔がアップになったときに、

とても疲れた顔をされてて面白かったですw

 

 

 

A

A

 

 

 3位:Slowdive

いわゆるシューゲイザーと呼ばれるジャンル

(個人的にジャンルで括るのはあまり好きではありませんが)
に属するイギリスのロックバンド。

 

シューゲイザー系のバンドは、ギターとその音を増幅するアンプとの間で発生する

雑音(フィードバック・ノイズと呼びます)を、

音としてうまく取り入れた特徴を持っています。

 

こちらも1989年結成。(電気グルーヴと同じ年なのですね、知りませんでした。)

 

2002年に解散後、今年奇跡の再結成。

 

それに合わせて、今年のFuji Rockへの出演となったようです。

 

 


Slowdive - Slowdive (1991) - YouTube

 

知名度はそこまで高くないと思うのですが、

なんと会場は満員でした!

 

再結成という話題性も影響していたのでしょうか。

 

音楽自体は前から知ってはいましたが、ライブは初めてでした。

 

そして、生で聞いてここまで素晴らしいとは、完全に予想外でした!

 

大変感動してしまい、一人でちょっと泣いていましたw

 

隣にいた友達も泣いていたらしいですw

 

それくらい、皆の胸の奥の何かを刺激する感情的な音楽でした。

 

ギターは心地良い音を出していましたし、

ベースは癖になるフレーズを繰り返し、

ドラムも多すぎず少なすぎずの手数でした。

 

終始、とにかくふわふわしていて、

脳内麻薬が放出されっ放しでした。

 

初ライブ参加の友達は、ぽかーんとしていましたがw

 

シューゲイザーのライブ自体初めてでしたが、

ここまで感動するジャンルのライブって、そうそう無いですよ。

 

 

 

4位:ROVO and System 7

ギタリストの山本精一氏と、バイオリニストの勝井裕司氏により

「宇宙っぽいことをやろう」というコンセプトの元、

1995年に結成されたインストトランス宇宙バンドです。

 

UAのサポートドラマーをしている芳垣安洋氏も在籍されています。

 

  • System 7

イギリスのテクノ・トランス・アンビエントユニットです。

 

元ゴングというプログレバンドの

スティーブ・ヒレッジと、その妻ミケット・ジローディによって結成されました。

 

テクノユニットであるThe Orbや、

デトロイトテクノで有名なデリック・メイとも

親交が深いようです。

 

そして、今回はこの2組が組んでのライブです。

 

どうです、結成の経緯からしてぶっ飛んでそうでしょう?w

 

実際ぶっ飛んでます。

 

とりあえず、曲聞いてみてください。

 


Rovo and System 7 - Hinotori (Official Video) - YouTube

 

 

Phoenix Rising Live In Kyoto 29.10.2011

Phoenix Rising Live In Kyoto 29.10.2011

  • ROVO x SYSTEM 7
  • エレクトロニック
  • ¥1200

 

 

いやー、この曲何度聞いても最高ですね!

 

ちなみに曲名の『Hinotori』というのは、

手塚治虫先生の『火の鳥』から来ています。

 

ハマっていたみたいですね。

 

 

 

大好きなROVOが、これまた好きなSystem 7と一緒にやるということで、

どんな風になるのか非常に楽しみにしていましたが、

予想通り、最高の組み合わせでした!

 

System 7のエフェクトがROVOの音楽とマッチして、

周囲は完全に宇宙空間と化していました。

 

一人、福島の地酒飲みながら、 宇宙遊泳しておりました。

 

映像も最高。

 

新潟に宇宙があった!!

 

 

5位:The ORB

1988年結成のイギリスのテクノミュージシャンです。

 

彼らも前から大好きで、ROVOと同じく宇宙を感じるユニットです。

 

宇宙的な音楽は何でも好物です!

 


(Full version) The Orb- A Huge Ever Growing ...

 

プレイ時間が深夜というのもあって、

宇宙的な音楽とマッチしていて、最高の雰囲気でした。

 

じわじわくる低音が気持ち良かったです。

 

友達が皆さすがに疲れていたので早めに切り上げましたが。

 

ダビーで渋かったです。

 

以上、ハイライト編詳細でした。

 

 

5. おわりに

ライブレポ、いかがでしたでしょうか。

 

気に入っていただけるバンドが見つかったのであれば幸いです。

 

その他ご紹介出来ていないのですが、

夜中のみ限定のステージがあったりして、

朝まで楽しめそうな感じでした。

 

来年は泊まりで行って、オールナイトで楽しみたいですね!

 

ただ、行き帰りの移動も、交代で車での運転でしたので、とてもハードでした。

 

運転しないといけないので、アルコールは18時までしか飲めませんでしたし。

 

実際、朝5時半に自宅を出発して、帰りに新宿に着いたのが明朝4時でした。

 

更に、友人1人は、その後仕事に行きましたw

 

ですが、何はともあれ宇宙的に楽しかった!

七日目 わん、DINER、SHINING

 最終日

七日目、最終日。
金曜日ということもあり、3軒はしごしました。

ダイジェストでどうぞ。 

 

  • 1軒目 わん

先輩と、先輩の仲の良い店員さんに会いに行ってきました。

 
どうやら、仲良くなってデートの誘いを仕掛けようとされているご様子でした。
確かに可愛い子でした。
 
店員さんと付き合うというのは中々出来る事ではないですが、
その分うまく行くと、ドラマのようですし、
出会う機会の無い男性に、夢を与えると思います!
 
頑張ってください!
 
  • 2軒目 DINER
宣言通り、FISHMANSのライブ盤を持って、
1週間ぶりに一人で再訪。
 
※ちなみに、このライブ盤、本当に名盤です。
飽きずに死ぬまで聞けます。
 
是非、聞いてみて下さい。
 
 
店員さんは、ありがたいことに私のことを覚えていて下さり、
この企画の完遂を祝っていただきました!
 
ありがとうございます!!
 
その勢いもあり、初めてボトルキープまでしてしまいました笑
 
また、CDをおすすめしたお礼にということで、
店員さんにも音楽を教えていただきました。

 

DINER 店員さんオススメの音楽

menphis minnie

 

 

 skip james

 

最高に渋かったです。

 

一人で入った喫茶店でこれらの曲が流れていたら、

絶対通います。

 

destroy all monsters

こちらは打って変わって、中々狂ってますね!笑

 

Sonic Youthっぽくて大好きです。

 

夜中に入った路地裏の怪しげなバーが似合いますね。

 

濃くて最高な音楽をありがとうございました〜

 

  • 3軒目 SHINING

DINERの店員さんがブログ最終日を祝って(半ば強引に)連れて行ってくれました。

最終的にはDINERの店員さんの打ち上げ会場になっていました笑
 また、同席したお客さんに、国立の素敵なライブバーを教えていただきました。
 
国立 地球屋さんというところです。
 
ライブをしているアーティストのラインナップを見ると、
非常に私好みですので、今後行ってみたいと思います。
 
あと、店内では、
マイケルジャクソンのhuman natureがかかっていました。
 
 
 
Human Nature

Human Nature

 

MJの中で一番好きな曲です!
 
 

以上。

好きな音楽に囲まれて、

とても良い最終夜でした。

 
 

一週間飲みに行く生活のメリット2つ

身を以って1週間飲みに行く生活をしてみて感じたメリットを、

2点にまとめました。

 

1. 様々な変化を感じる

毎日に変化が現れます。

胃にも変化が現れます。正確には荒れます笑

毎日に退屈しなくなります。

 

2. 人との繋がりが広がる

誘うと意外に飲んでくれる人がいるということに気付けました。

同期の皆が、このような思い付きの企画に気軽に付き合ってくれました。

自分は非常に恵まれているのだなーと感じました。

本当にありがとうございます!

そして、やはりと言うべきか、

人と飲んだ方がはるかに楽しいということにも気付きました。

 

また、週の頭でも一人で飲んでる方がいることも分かります。

一人のときは誰かと話せる店に行くことをおすすめします。

一人でお店に行くと、

今まで知らなかった情報に高確率で触れられることになるので、

新鮮で刺激をもらえます。

 

会社と家の往復に飽き飽きしている方、

1週間毎日のみに行く生活、是非試してみてはいかがでしょうか。

 当たり前ですが、お金がかかりますが・・・笑

 

滞在時間、料金、場所など

滞在時間
22:30〜3:00
 
料金
11,000円笑
(ボトルキープで5,000円)
 
場所:京王線 府中、JR南武線 谷保

 

終わりに

以上、最後駆け足気味でしたが、これで本企画は終了です。
見てくれた人どうもありがとうございます。
そして、働きながらも何とかやりきった自分に、
お疲れ様と言いたいです。

 

次、また近いうちに何かやります。
一言二言で終わる、もうちょい軽めのテーマが良いですかね。
 

六日目 運命の店との出会い

運命の店との出会い

六日目
 
今日の店は、なぜかとても落ち着きます。
前から何度も通っているような。
 
 
こんな居心地の良い店は初めてです。
来て良かったです。
これから毎日通おうかな。
それくらい、居心地が良い。
 
 
居心地が良過ぎて、いっそ、心の鎧を脱ぎ捨ててしまいたい。
 
 
よし、この際、心の鎧を脱ぎ捨てて、溜まった疲れを解き放とう。
 
 
 
 
 
 
いいや、ついでに服も脱ぎ捨てて、身体の汚れも洗い流そう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シャワーで。
 
 
 
 
 
 
 
f:id:thaicurry:20140612222712j:plain
 
家ですけど何か?
(予想通りのオチですいません。)
 
帰り道眠過ぎましてね。
あと、この企画六日目にして気付きましたが、
一人で飲みに行くの、大して面白くないです笑
 
まあ、「飲みに行く」生活ではなくなったけれども、
「飲む」生活は続けてるし、良しとしましょう。
好きでやってるブログですからね、自由にやりましょう。
(甘ーーーーい♥︎自分に♥︎)

 

 

注文内容、料金、滞在時間など

注文した物(自分に)
冷奴、キムチ、柿ピー、アーモンド、ウイスキー
 
料金  300円くらい
 
滞在時間  22:30〜夢の中
 
同行者  自分
 
場所  超高級マンションの一室

五日目 BERG

新宿の夜は一人

ようやく五日目に突入です。

 

今日は所用で、夜は新宿におりました。

昨日、この企画が始まって以来、初めて人と飲んで、
一人よりも楽しいという当たり前の結論に至りました。
そこで、今日も3人くらいに声をかけたのですが、
21時に新宿来てくれる奇特な人はおらず、残念ながら一人。
まあそうですよね。
 
 

お店:BERG(新宿)

ここ、安くて美味くて一人でも入りやすいということで、
前から気になっていました。
 
 
新宿に来る度に何度か覗いていたのですが、
いつも混んでて入れなかったのですよねー。
 
ですが今日は遅い時間に来たからか、
運良くいくつか席が空いていました。
 
ようやく入れてくれるようですな!
楽しみ!
 
空いていなかったら、
適当に飯食って家帰って、
家で飲んでる写真を撮って、
家飲みですけど何か?
という記事にする気でいました笑
 
企画の趣旨から外れるの回避!
 
 

巻き起こる祭り

よし注文!
BERGと言えばビールにソーセージ!
 
よし、まずはビール・・・
いや、あかんあかん、尿酸値高かったから赤ワインで我慢。
 
お、あったあった、ソーセージ盛り合わせ!美味そう!
 
サラダも食いたい!
 
ベルクドッグ?何これ美味しそう。
しかも安い!いいね!
 
ということで4品注文。
 
待つこと3分。
 
チーン。注文came。
 
トレイに置かれていたのは、
サラダ、ソーセージ盛り合わせ、そしてホットドッグ。
 
そうか、ベルクドッグっていう名前にごまかされてたけど、
これはホットドッグのことやったんか。
 
あれ待てよ、ホットドッグ・・・?
それすなわち、ソーセージon the パンよね。
そしてその横には、美味しそうなソーセージ達がいるよね。
そうよね、ソーセージ盛り合わせ頼んだもんね。
 
・・・ん?
これはもしかして、ソーセージをおかずに、
ソーセージを食べる的な?
お好み焼きをおかずに、ご飯を食べる的な?
 
つまりは、祭りってこと??
 
 
うおーー、ソーセージ祭りじゃーーー!
わっしょい!!わっしょい!!
 
・・・我ながら頭悪過ぎる。
注文レベル0.5・・・。
 
でも、ソーセージは弾力があり美味しかったです。
サラダも新鮮でシャキシャキでした。
赤ワインも美味しかった。
コスパ最高。
 
せっかくの祭り、2杯目にいきたいところですが、
めっちゃ並び出していたので、諦めて帰ります。

 

感想:一人飲みにも最適

一人で来ても、人もそこそこいますし、
ガヤガヤしてたので、侘しさは無かったです。
一人で飲み歩くのが好きな人は、
こういう活気のある店をチョイスすると寂しくないかも。
 
あれ?おかしいな、目から水が…
 
 

注文内容、料金、滞在時間など

注文した物  ベルクドッグ、ソーセージ盛り合わせ、シーザーサラダ、赤ワイン
 
料金  1,700円
 
滞在時間  22:00〜22:40
 
同行者  無し
 
場所  新宿ルミネエスト 地下1階

四日目 魚民

一人飲み脱出!

四日目にして、もっとゲスいブログにしろとの叱咤激励を関係各所から頂いております。ありがとうございます。

 

そして今日は、昼休みに会社の同期にこの企画を紹介すると、
なんと火曜日にも関わらず、6人も集まってくれました!
持つべきものは同期ですね!ありがとうございます!
 
入社してから、火曜日に飲みに行くの初めてやないでしょうか。
皆、意外に飲みたいのね。
いつも通り駅には向かわず、逆サイドに行くこの感じ、非常に良いですね!
 

お店:魚民

さて、今日の居酒屋は、会社近くの魚民笑
だがしかし、ワタミグループ!チェーン店! と侮るなかれ。
 
実は、ここの白子ポン酢は絶品なのです。
毎日これのために通いたいぐらい旨いのです。
 

f:id:thaicurry:20161021060019j:plain

 
男7人「とりあえず、白子ポン酢旨いし、白子ポン酢いこうか!
   すみません、白子ポン酢お願いします!」
店員さん「はい?」
男7人「いや、白子ポン酢お願いします!」
店員さん「はい?」
男7人「だから、白子ポン酢お願いします!」
店員さん「はい?」
男7人「白・子・ポ・ン・酢 お願いします!(何回言わすねん!)」
店員さん「無いです( ´ ▽ ` )ノ☆」
男7人「無いんかーーい!!」
 
 

尿酸値とビールの戦い

急におっさん臭いワードで恐縮です。

ですが、今日見た定期健診の結果で、尿酸値が上限ギリギリまで高かったのです。
原因は分かりません。
毎日、誠心誠意、真面目で健全で清純な生活を送っていたと思います。
 
強いて言えば、週3で飲み過ぎていたことくらいです。
・・・明らか原因それや笑
 
尿管結石マジterribleです。
むちゃくちゃ痛いらしいですね。出産の痛みくらい?
 
ということで今日は、尿酸値が高くなる原因、
プリン体ちゃんを含むビールを飲むのは我慢…。
最近、ビール熱が再燃していただけに残念です。
クラフトビールとかマジ旨いのに。
てか白子もプリン体が高いらしいので、
もはや白子ポン酢連呼してる場合では無いのですが笑
 
なので、今日はおとなしく蒸留酒一択!
ハイボール
 
・・・蒸留酒でも、飲み過ぎは意味無い!
 
というか、そもそも飲みに行くな、
むしろこの企画やめろという話ですが笑
 

今日のまとめ

気心の知れた人と飲むのは、
一人で飲むより断然楽しい!
 
 

注文内容、料金、滞在時間など

注文した物  たくさん
 
料金  3,500円
 
滞在時間  22:00〜24:00
 
同行者  会社同期6人
 
場所  都内某所

三日目 銘柄鶏 鈴木

3日目になって

平日1日目。
ここに来ての感想。
もしや、誰かと飲まない限り、毎日飲んでもそんなに楽しくないのではないか?
というか、そもそも営業マンて毎日誰かと飲みに行ってるのか?
と思い始めました。 

 

しかし、名作グルメ漫画孤独のグルメ」を思い出し、

主人公の一人食べの名人 井之頭五郎になり切り、
気合を入れて入店します。
 

お店:銘柄鶏 鈴木(国立)

本日は月曜日ということで、家の近所の焼き鳥屋にしました。

https://tabelog.com/tokyo/A1325/A132503/13147209/

 

先客は女性1人。

店は落ち着いた雰囲気です。

1人で来るには、ぴったりなお店です。
 

さて、メニューが来ました。

 

メニューをじっくり見て、考え込む五郎。

「晩飯は社食で食べたが、少し小腹が空いたな。つまみを頼もう。
お!ほたるいかの沖漬けか。イカすな。
うん、なかなか捨てがたいが、でも少し物足りない気がする。
ここは大山鶏の串焼きを2種類ほど。
ねぎま、レバー、砂肝辺りか。串焼きは断然塩だな。うっ鳥だ。」
などと考え、結局少し一人で楽しくなりながら注文しました。(地味)
 
 

焼鳥とエビス登場

そんな地味五郎の前に、注文が来ました。
 
f:id:thaicurry:20140609222926j:plain
 
お皿やインテリア類など、お店の落ち着いた雰囲気、伝わるでしょうか。
そして、この安定の串焼きの焼き具合に、エビスビール。
 
「いやー。和食はやっぱり美味しい。
和食一人食い王選手権 初代チャンピオン井之頭五郎
参りました。」
 
以上、3日目終了です!
月曜日なので、かなりラフな内容です。
お許しを。
 

注文内容、料金、滞在時間など

注文した物:エビスビール 中瓶 500ml 1本、大山鶏串焼き(ねぎま、レバー)、
      お通し(きびなごの天ぷら)
料金 :1,231円
滞在時間:22:00〜23:00
同行者 :無し
場所 :JR谷保駅 北口徒歩3分
 
孤独のグルメ 【新装版】

孤独のグルメ 【新装版】

 

二日目 Bar klin

まさかの30アクセス

初日から一夜明けた今日1日で、27件もアクセスがあったみたいです。
ほとんど宣伝してなかったのに、なぜでしょう?
どなたか、一人で27回アクセスしてくれました?暇ですねー笑
ブログ読んでないで、可愛い女の子やカッコ良い男性でも探した方が良いんじゃないですか?
 
嘘です、アクセス本当にありがとうございます。
嬉しいです。頑張って書いた甲斐があります。
しかし、Access from whereですね。どこからのアクセスなんでしょうね。
 

お店:Bar klin(立川)

ということで、2日目は立川にあるBar kilnに行ってきました。

 

f:id:thaicurry:20140608201622j:plain
 

 

場所は、JR中央線 立川駅南口から徒歩5分。
・・・いきなり国立やなくなってるやないかー!
 
晩ご飯は国立で食べたのですが、残念ながら良い感じのバーが見つからず、
結局、立川にしました。

 

入店

バーテンダーは寡黙な男性が一人。
客は自分と30代と見られる男性の二人。
店内は薄暗く、落ち着いたJAZZが流れており、周りの立川の喧騒が嘘のように静かです。

klin様は、「落ち着いた大人の男」が「一人で」「静かに」「思索にふけりながら」飲むバーという雰囲気です。

正に私にぴったりの店です。

 

グレンフィディック18年

頼んだのは、スコッチウイスキーグレンフィディック18年の水割り。
f:id:thaicurry:20140608202200j:plain
 
メニューには、12年に比べて爽やかでコクのある18年とありました。
人間で言うと、長く生きたことにより丸くなって嫌味が無くなり、爽やかさが増し、
その一方で、蓄積された経験により、人間的な渋みが増してコクが生まれた。
そんなウイスキーでしょうか。
うん、まさしく私のようです。
 
そして名前が、ぐれんふぃでぃっく。
一見男前なウイスキーも、平仮名にすると途端に可愛らしいです。
もはや私です。
 
 
肝心なお味は、もちろん間違い無く美味しく香りが良かったです。
やっぱスコッチウイスキー好きです。
全く詳しくはありませんが。
 
店の雰囲気も相まって、さっきまでの、立川に来たとき特有のざわざわした気分
(主に下品な気持ち)が、嘘のように上品になります。
 
というか逆に静か過ぎて、コップの氷の音が響いてちょっと気を使ってしまう。
それくらい静かです。
でもこの雰囲気、意中のあの子を口説く時に使えますね!
 
 
 
ちなみに、今日も話し相手がおらず手持ち無沙汰なので、
このブログを店で書いています。
まだ、この店で注文以外、一言も発していません。
 
・・・おっと、予想通り隣に口説きに使おうという男性と女性のカポーが来ましたよ。(完全なる思い込み)
 
間に入って、笑いを取りつつ、キューピット役になろうかとも思いましたが(邪魔)、
いよいよ肩身も狭くなって来ましたので、帰リましょうかね。
昨日は飲み過ぎ気味でしたので、今日は軽めに一杯で終了します。
こんなゆっくりじっくり飲んだの久しぶりです。
 
何か、何となく最後まで一人で飲みに行くパターンじゃないですかねw
寂しい男ですね笑
こんなんで良いのだろうか。
明日から適当に会社の人、誘ってみましょうかね。
 

注文内容、料金、滞在時間など

注文した物:グレンフィディック18年 水割り
料金 :1,450円
滞在時間:20:00〜21:00
同行者:無し
場所:JR中央線 立川駅 南口から徒歩5分

一日目 DINER

土曜日。

記念すべき初日は、家の近所にあるバー、DINERに一人で行ってきました。

 

お店:DINER(国立)

お店はここです。

r.gnavi.co.jp

 

場所は、JR南武線 谷保駅 北側に降りて徒歩1分。

店内には大きなディスプレイがあり、DVDやスポーツ中継が楽しめます。

また、2階ではダーツが出来ます。店員の方曰く、5回以上通えばできるそうです。

何というハードルの高さ笑

 

入店

それまで後輩と飲んでいたので、ほろ酔い状態での訪問です。

今回は男性2人組の先客がいらっしゃいました。

自分が入ると、なぜか出て行かれましたが…笑

 

バーテンダーは一つ年上の女性でした。(なぜ年齢を知っているのでしょう??)

基本的に、この店のバーテンダーは皆女性のようです。

閉店間際でしたが、少なくとも5人はいらっしゃいました。

大体近所に住んでる方々のようです。

 

ブラジルワールドカップも近いということで、

ワールドカップを記念したビール(バドワイザー)を頂きました。

 

キャンペーン中で、くじ引きをして当たれば、もう一杯もらえるらしいです。
 

バーテンダーとの音楽トーク

ビール片手に、バーテンダーのお姉さんと、しばし談笑しました。

ハナレグミとかFISHMANSとか、ちょっとマニアックなバンドが好きらしく、

自分もその辺りのバンドが好きなので盛り上がりました。

 


ハナレグミ&忌野清志郎 サヨナラCOLOR

 

ハナレグミ

  • ポップ

 


Fishmans - すばらしくてNICE CHOICE (Live)

 

 

Fishmans

  • J-Pop

 

音楽の趣味が合う方がなかなかいないので、話が出来る方は、

かなり貴重な存在ですね!

今週末にFISHMANSのラストライブのDVDを持って行くという約束をしていたら、

閉店時間になったので退散しました。

 

感想

ここの店員さんは、皆さん気さくで話しかけやすいので、1人で来ている方も多いです。

ですので、飲んで帰ってきて、そのまま帰るのもなー何か飲み足りないなー、

という時に最適です。

ちなみに料理は頼まなかったので、美味しいかどうかは不明です。

(飲むときは、あまり食べない派なのです。 )

そして、実はここはガールズバーなのではないか、

と後で思いました笑

 

基本的に土曜日に飲みに行くのは日常なので、初日の感想としては、

特にいつもと変わらず笑

まあ、非日常という意味では、平日が本番ですかね。

 

出来るだけ、近所の国立の美味しい店を開拓していこうと思います。


注文内容、料金、滞在時間など

注文した物:バドワイザー 2014 FIFAW杯 ブラジルデザイン 350ml 瓶、おかき(お通し)

料金 :1,200円

滞在時間:0:30〜1:30

同行者 :無し

エンジニアが営業マンのように1週間毎日飲みに行ってみる

はじめに

突然ですが、ブログを開設しました。

しょーもないことをやってみて、その感想とかを書いてみようという、○○やってみた、的なブログにしようと思っています。 

 

企画第一弾

まずは、エンジニアである自分が、営業マンのように1週間毎日飲みに行くと、その1週間はどのような生活になるのか、というのをやってみます。

(ブログに書くためという言い訳を作って、平日毎日飲みに行く行為を正当化したい、とも言います。)

 

1週間くらいで何を大袈裟な、と思うかも知れませんが、今の会社の文化ですと、毎日飲みに行くというのは珍しいんですよね。

エンジニアが多いと、どこもそんな感じなんですかね。

実際エンジニアになって4年目になりますが、平日毎日飲みに行く生活というのはやったことがないのです。

 

1人なのか誰かと一緒なのかは、その時の状況次第ですかね。

(一緒に飲みに行ってくれる方募集中です!)

 

主に、その日の感想と、行ったお店の情報を書こうかと思います。

良ければご覧下さい。

 

面白さとか、ハプニング的なことは何も期待しないでくださいね笑

 

まあ、まずは1週間続けることが目標ですかね。

頑張ります。