読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mango's Me

かゆいところに手が届く

二日目 Bar klin

まさかの30アクセス

初日から一夜明けた今日1日で、27件もアクセスがあったみたいです。
ほとんど宣伝してなかったのに、なぜでしょう?
どなたか、一人で27回アクセスしてくれました?暇ですねー笑
ブログ読んでないで、可愛い女の子やカッコ良い男性でも探した方が良いんじゃないですか?
 
嘘です、アクセス本当にありがとうございます。
嬉しいです。頑張って書いた甲斐があります。
しかし、Access from whereですね。どこからのアクセスなんでしょうね。
 

お店:Bar klin(立川)

ということで、2日目は立川にあるBar kilnに行ってきました。

 

f:id:thaicurry:20140608201622j:plain
 

 

場所は、JR中央線 立川駅南口から徒歩5分。
・・・いきなり国立やなくなってるやないかー!
 
晩ご飯は国立で食べたのですが、残念ながら良い感じのバーが見つからず、
結局、立川にしました。

 

入店

バーテンダーは寡黙な男性が一人。
客は自分と30代と見られる男性の二人。
店内は薄暗く、落ち着いたJAZZが流れており、周りの立川の喧騒が嘘のように静かです。

klin様は、「落ち着いた大人の男」が「一人で」「静かに」「思索にふけりながら」飲むバーという雰囲気です。

正に私にぴったりの店です。

 

グレンフィディック18年

頼んだのは、スコッチウイスキーグレンフィディック18年の水割り。
f:id:thaicurry:20140608202200j:plain
 
メニューには、12年に比べて爽やかでコクのある18年とありました。
人間で言うと、長く生きたことにより丸くなって嫌味が無くなり、爽やかさが増し、
その一方で、蓄積された経験により、人間的な渋みが増してコクが生まれた。
そんなウイスキーでしょうか。
うん、まさしく私のようです。
 
そして名前が、ぐれんふぃでぃっく。
一見男前なウイスキーも、平仮名にすると途端に可愛らしいです。
もはや私です。
 
 
肝心なお味は、もちろん間違い無く美味しく香りが良かったです。
やっぱスコッチウイスキー好きです。
全く詳しくはありませんが。
 
店の雰囲気も相まって、さっきまでの、立川に来たとき特有のざわざわした気分
(主に下品な気持ち)が、嘘のように上品になります。
 
というか逆に静か過ぎて、コップの氷の音が響いてちょっと気を使ってしまう。
それくらい静かです。
でもこの雰囲気、意中のあの子を口説く時に使えますね!
 
 
 
ちなみに、今日も話し相手がおらず手持ち無沙汰なので、
このブログを店で書いています。
まだ、この店で注文以外、一言も発していません。
 
・・・おっと、予想通り隣に口説きに使おうという男性と女性のカポーが来ましたよ。(完全なる思い込み)
 
間に入って、笑いを取りつつ、キューピット役になろうかとも思いましたが(邪魔)、
いよいよ肩身も狭くなって来ましたので、帰リましょうかね。
昨日は飲み過ぎ気味でしたので、今日は軽めに一杯で終了します。
こんなゆっくりじっくり飲んだの久しぶりです。
 
何か、何となく最後まで一人で飲みに行くパターンじゃないですかねw
寂しい男ですね笑
こんなんで良いのだろうか。
明日から適当に会社の人、誘ってみましょうかね。
 

注文内容、料金、滞在時間など

注文した物:グレンフィディック18年 水割り
料金 :1,450円
滞在時間:20:00〜21:00
同行者:無し
場所:JR中央線 立川駅 南口から徒歩5分