Mango's Me

かゆいところに手が届く

【VR】自宅で異世界を体験しよう!おすすめ動画3選【iPhone】

f:id:thaicurry:20170926205605j:plain

 

こんばんは。

 

今回は、家にいながらにして

異世界を楽しむ方法をお教えします。

 

タイトルからお分かりかと思いますが、

VRのことです。

 

VR、聞いたことありますか?

去年あたりからじわじわ流行ってますよね。

 

何となく楽しそうで気になってはいるけど、

まだ試せていないっていう方、

多いじゃないでしょうか?

 

かく言う私もその一人でした。

 

そんな折、友人から、

「家で手軽に体験できるぞ!すごいぞ!

 ぜひやってみてくれ!!頼む!でないと死ぬ!!」

と命を賭けた激しいプッシュを受けました。

 

それならば手始めに、と、

まずは外で体験してみることにしました。

 

東京スカイツリーの麓、ソラマチにある体験施設です。

1,500円(お洒落なパスタ1食分)を出して、

皆で力を合わせて隕石から地球を守るゲームをやってきました。

 

こちらです。

VirtuaLink - VR体験 | コニカミノルタ - VRサービス

 

そして、これがですね、実際にやってみますと、

めっちゃすごかったんですよ!

めっちゃ楽しかったんですよ!!

 

 

こんなに楽しいなら、ぜひ家でも体験したい!と思い、

思い立ったが吉日、とその翌日に道具を揃え、

家でもやってみたところ・・・

 

やっぱり、めっちゃすごかったんですよ!

やっぱり、めっちゃ楽しかったんですよ!!

 

 

毎日、家と会社の往復でつまらない?

週末の遊びが、どうもマンネリ化している気がする?

流行っているもの、新しいものが好きだって?

 

そんなあなた!

家にいながら、異世界に行きたくないですか!?

現実逃避したくないですか!?笑

 

行けますとも!現実逃避できますとも!

VRであればね!

 

私がご協力しますよ(^^)

 

具体的な方法をご説明するので、

読んでみてください、この後の本編を!

 

 

VRとは

と、その前に。

 

冒頭からVR、VRとしきりに言っていますが、

何やったっけ?って方も多いと思います。

 

ご説明しましょう。

 

VRとは、

Virtual Realityの頭文字を取ったもので、

日本語では「仮想現実」を意味します。

 

コンピューターが作り出した仮想の現実空間を、

あたかもそこが現実空間のように、知覚させる技術のことです。

 

こう書くと少し分かりづらいかも知れませんが、

もっと簡単に言うと、

コンピューターが作ったもう一つの世界が目の前に現れ、

その中に自分がいるかのように、様々な体験ができるってことです。

 

SF!

近未来感すごい!!

 

漫画好きな方は分かるかもしれませんが、

GANTZだとか、攻殻機動隊の世界が現実になったような感じですね。

 

 


『GANTZ:O』特報

 

 


攻殻機動隊 OP

 

 

手軽に異世界を体験しよう!

しかも、ですよ。

 

冒頭でも言いましたが、

そんなVR、最近は手軽に家で体験できます!

 

すごい時代になったものですね〜!

 

第二次産業革命、勃発!!(大袈裟)

現代に生きてて良かった!!(大袈裟)

 

手軽にできるなら、ぜひ体験してみたいですよね?

 

どうやったら、家で簡単に

楽しい体験ができるのでしょう?

 

一足お先に体験したこの私が、お教えしましょう!

 

 

どうやったら体験できる?

必要なものはズバリ、

スマホ」と

「VRゴーグル」と呼ばれる、水中眼鏡のような機器のみ。

 

どうです、

思った以上に、必要なもの、少ないでしょう?

 

スマホは当然、皆さんお持ちでしょうし。 

そう、実質、「VRゴーグル」を買うだけで、

楽しい異世界に行けるのです!

 

しかも、ゴーグルがね、

思った以上に安いんですよ!

 

なんと、2,000円〜3,000円とかで買えます!

これには少し驚きました。

 

つまり、1回飲みに行くお金で、

異世界を楽しめるってことです!!

1回飲み会断ってでも、

体験する価値はあると思います。

 

そんなゴーグルですが、もちろん資本主義の世の中です。

 

各社とも、しのぎを削って、

色々発売しています。

 

ただ、VRの仕組み自体は同じなので、

実はそこまで大きな違いはありません。

 

そんな中、数あるVRゴーグルの中から私がチョイスしたのは、

こちらです。

 

 

 

Amazonで「VRゴーグル」で検索いただくと、

たくさん出てくるのですが、

  • 安い
  • レビューの評価が高く、良いコメントが多い
  • リモコン付き、ヘッドフォン一体型
  • iPhone 6sに対応
  • 近視でも裸眼で楽しめる

ことから、一番これがコスパが良いのではと思い、

チョイスしました。

 

ゴーグルのメガネに当たるところが開くようになっているので、

そこに動画を再生したスマホを差し込めば、

準備完了です。

目の前に広がるは、ここではないどこか!

 

ちなみに、ゴーグルはご自身で探しみてみいただくのが良いかとは思いますが、

選ぶのが面倒くさい方、

どれにしようか迷われた方は、

上記を選んでいただければ間違いありません!

(ただし、お使いのスマホが4.7〜6インチであることが前提です。)

ご購入時の参考にしていただければ。

 

では、必要な道具が揃ったところで、

早速、異世界を体験してみましょう!!

 

 

空を飛ぼう! 

ここからは、

私が実際に家で体験してみて、

とても感動したおすすめのVR動画を3つご紹介します。

 

まず1つ目は、スカイダイビングです!

 

死ぬまでに一度はやってみたいけど、

実際にやろうとすると、なかなか勇気がいりますよね。

 

そんなスカイダイビングが、家にいながら体験できちゃいます。

 

ここからは文で説明しても仕方が無いので、

実際に動画を見てみてください。

 

補足1)VRゴーグルをかけた状態で、

右下にあるメガネのようなマークをタップすると、

VR用画面になります。

 

補足2)VRゴーグルが無くとも、360°動画として普通に楽しめます。

 

 


SkyDive in 360° Virtual Reality via GoPro / Прыжок с парашютом в 360° градусов

 

 

どうですか、この映像!

控えめに言って、最高!!

 

私が最初に見たときは、家の椅子に座っていたのが、

一瞬で空を飛んでる気分になりました。

 

気持ち良い!!

 

 

 

海を冒険しよう!

続いては、南米の海の中を、

魚と一緒に泳いじゃいましょう!

 


SCUBA BAHAMAS 360 VR Underwater

 

魚の群れがとても可愛いです。

神秘的な音楽と相まって、とても癒されます・・・。

南米バハマの映像のようですが、本当に水が綺麗ですね。

 

宇宙を遊泳しよう!!

そして最後は、そう、宇宙です!

家にいながら、タダで宇宙遊泳しちゃいましょう!

 

宇宙船に乗らずとも、

宇宙に行く方法があったんです!!

 


Space Walk! 宇宙を間近に体感しよう! | 360 video

 

はぁ・・・。

何という浮遊感!

見下ろした地球が、息を飲むほど美しいです。

 

ありがとう、地球。

ありがとう、宇宙。

そして、ありがとう、人類の技術・・・。

 

補足3)”宇宙酔い”するかも知れませんので、ほどほどに笑

 

おわりに

以上、いかがでしたでしょうか。

 

VRゴーグルさえあれば、

家にいながらにして、異世界に行けます。

 

今回はVR動画のみご紹介しましたが、

アプリをダウンロードすれば、

VRゲームも楽しめます。

 

アプリのゲームはまだ未体験ですが、

動画でこれだけ楽しいのですから、

絶対楽しいのでしょうね。

 

今はまだまだVRが普及途中で、コンテンツの種類は少ないようですが、

今後、どんどん増えていくのではないかと思います。

 

それまでは、期待しながら、

ゴーグルかけて現実逃避していましょう!笑

 

いずれは、ゴーグルの先に

「もう一つの自室」「もう一つの家」「もう一つの地球」

がある世界が、普通になるかも知れませんね。

夢が広がります。

 

最後になりますが、VRゴーグルをかけた際には、

現実に戻って来られなくならないよう、

くれぐれもお気を付けを・・・笑

 

 

今回は以上です。

また次回の更新をお楽しみにしていてください。

 

 

 

浅草橋は東京一住みやすい街だと思う

f:id:thaicurry:20170609174718j:plain

 

私は以前、東京都台東区にある、

浅草橋というところに

住んでいたことがあります。

 

浅草橋。

 

どこのことか分かりますか?

浅草のこと?

名前は似ていますが、違うんです。

(2駅、距離にして2km離れています。)

 

どんな印象がありますか?

何か地味。

下町?

はい、どちらも合ってますね笑

 

つまりは、何かよく分からない街、浅草橋。

 

ですが、実はとても便利で静かで、良いところなんです。

 

それなのに、あまり知られていない印象があります。

住んでいた時から、

もっと注目を集めても良いのではと思っていました。

 

そこで今回は、穴場な街、浅草橋をご紹介します。

 

良い面、悪い面両方知っていただきたいので、

それぞれ挙げてみますね。

 

ちなみに、地図で言うとここです。

 

良いところ

1. 交通の便が良い

9線利用可能

どの線も、徒歩15分圏内でアクセス可能です。

東京は庭です。

終電も遅く、夜遊び万歳!な街です。

 

  • 都営浅草線

 

都心も横浜も空港も近い

都心までは徒歩圏内です。

横浜、羽田にも成田にも、都営浅草線1本で行けます。

日本各地と直結、世界と直結しているということです!

 

  • 東京駅まで電車で11分、徒歩で35分
  • 神田駅まで徒歩で20分
  • 横浜まで電車で40分
  • 成田空港まで電車で約1時間

 

2. 住みやすい

家賃が手頃

 都心にしては、ですよ。1Rで8〜9万円くらいでしょうか。

 台東区の中では高めだとは思います。

 

 でも、前述のアクセスの良さがありますので、

 都内どこへ行くにも、そんなに交通費はかかりません。

 家賃の安い郊外に住んで、週末都内に出てきているような場合、

 その分かかっている交通費を考えると、

 実は家賃とトータルで見れば変わらないと思っています。

 

都心に近いのに静か

 昼も夜も、とにかく人が少ないです笑

 本当に働いている人、住んでいる人がいるのかは不明です笑

 

治安が良い

 台東区なのに、です!笑

 

隅田川、神田川が近い

 川岸でコーヒー、ビール、読書や散歩、ランニングが最高に贅沢!

 もちろん、東京スカイツリーも見えます。

 

f:id:thaicurry:20170609174644j:plain

 

最近お洒落スポットとして話題な蔵前まで徒歩で10分

 毎週末、ぶらぶらしに行きたくなります。

 

スーパーやコンビニが多い

 地味に重要ですよね。

 

安くて美味しい店が多い

 これは、住んでみてとても意外でした。

 

    ラーメン、洋食、イタリアン、カレー、

 タイ料理、創作居酒屋、バー・・・

 

 基本、何でもござれです。

 

   いずれも、食べログ高得点なお店です。

 

 いくつかリンク貼っておきます。

 

図書館がある

 台東区立図書館の浅草橋分室というところです。

 自習室もあり、勉強や読書に最高な環境です。

 

3. ものづくりの街

人形、包装資材、革、アクセサリーパーツ、

果ては花火屋まで!

浅草橋〜1駅お隣の蔵前の辺りは、

江戸時代、問屋街として発展したそうで、その名残のようです。

わざわざ珍しい花火を買いに、浅草橋にいらしゃる方も

いるとかいないとか。

 

4. 懐が深い

下町って外から来た人には冷たい印象がありますが、

浅草橋はどんな人も優しく包み込む懐の深さがあります。

住んでいて心地良いです。

 

5. 猫が多い

良い街の必須条件でしょう!

 

6. 鬼平犯科帳の舞台

良いところなのか・・・?

たまたま読んだら、浅草橋エリアが舞台でした。

 

 

悪いところ

1. パン屋が少ない

良い街の条件の一つだと思っているので、

これはマイナスポイントですね。

 

2. 本屋が無い

3. レンタルショップが無い

4. 百均が無い

上野か秋葉原まで行く必要があります。

個人的には、音楽や映画好きなのでレンタルショップが無いのは辛いです。

 

5. お洒落さは無い

特に、山手線西部(恵比寿、目黒など)や吉祥寺などのようなお洒落さとは

一線を引いています。

こればかりは、どうやっても敵いませんねw

多分、目指している方向が全然違うだけだと思いますが。

 

まとめ

  • 浅草橋は、総じて便利で住みやすく、とてもオススメ!

  • パンや本、音楽、映画が好きな人は、少し不便な時があるかも

 

是非是非、浅草橋へ、気軽に来てみてください!

 

 

鬼平犯科帳(一): 1

鬼平犯科帳(一): 1

 

 

 

ここ10年の邦楽で心のベストテン第1位!ceroのおすすめ5曲

 

 

 

目次

  1. はじめに

  2. ceroのおすすめ5曲

  3. おわりに

 

 

1. はじめに

少し更新の間が空きました。

 

久しぶりの更新です。

 

何を書こうかなと思ったのですが、

そんな時は、

やはり今自分が書きたいことが一番です。

 

今書きたいこととは何か?

 

考えてみたところ、

それは、音楽大好きな私が、最近、

ここ10年で最も好きになった邦楽バンド、

ceroについてなのかな、と思いました。

 

彼らの、ちょうど良い旬さ加減を考えると、

今書くしかないな〜と。

 

ということで今回は、邦楽バンドceroについて、

数多い名曲の中でも、

おすすめの曲をご紹介したいと思います。

 

と、ここまで書いて、セロってあの外人?と思った方もいるかも知れません。

 


セロ マジック

 

惜しいです。

マジックの上手な外人ではありません!

 

私も最初知った時は、勘違いしていました笑

 

そして、マジシャンのセロはとても有名ですが、

残念ながら、日本人バンドの方のceroは、

あまり知名度は高くない気がします。

 

かく言う私も、昨年、仲の良い音楽好きの友人から聞いて知りました。

 

そこで、もう少し有名になっても良いのではないか、

という期待も込めて、

素晴らしい邦楽若手バンドceroについて、

おすすめの5曲をご紹介したいと思います。

 

彼らを初めて聞く方にも、最近知った方にも、前から好きな方にも、

必ずや納得いただける選曲にしたつもりです。

 

そして実際に曲を聴いてみて、

このバンド気になる!他の曲も聞いてみたい!と思った方は、

3. おわりに」のところに、

Googleの検索結果リンクを貼っておきます。

 

 他の曲を発掘してみたり、

バンドメンバのプロフィールや、

これまでどんな曲を作っていたのかなど、

背景知識を深めてみてください。

 (ただの手抜きやないか!)

 

それでは早速、オススメ曲をご紹介していきたいと思います。

 

つまりは、

音楽は四の五の言わずに、

まずは聴いてみるのが一番なんです!

 

 

2. ceroのおすすめ5曲

それでは、早速ご紹介していきます。

 

1. Summer Soul

 


cero / Summer Soul【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

 

まずはceroと言えばこの曲、Summer Soul!

 

おそらく彼らの中で最も有名な曲です。

有名な曲にハズレ無し。

 

Hip-Hopをベースにした歌い方、

曲全体を漂う、肩に力の入っていないゆるめの雰囲気が、

今の時代にぴったりだと思います。

 

後ろでかすかに流れるギターとキーボードの音も心地良いです。

 

ボーカルの方が奏でる、フルートのキュートな音色も大好きです。

(フルートがいるバンド、珍しいですよね)

 

全ての楽器が余分でもなく、不足でも無い。

バランスが完璧な曲だと思います。

 

あとはPVの通り、ドライブで流すのに最適な曲です。

助手席に気になる女の子を乗せた時にかけたくなりますよね。

 

音源ももちろん素晴らしいのですが、

ライブで聴くと、全く別の曲になったように、

踊れる曲になるから不思議です。

(ライブで見て驚きました)

 

関係無いですが、ボーカルの方、

芸人のザ・プラン9ヤナギブソン

似てると思うんですが、どうですか。

似てませんか、そうですか。

ヤナギブソン - Google 検索

 

あと、運転手の方はキーボーディストで、

この曲の作詞作曲をしているのですが、

ちょっとイケメン過ぎませんか?笑

 

 

Summer Soul

Summer Soul

 

 

Summer Soulは以下の3rdアルバムに収録されているのですが、

他の曲も素晴らしく、名盤ですので、

TSUTAYAで借りてみてください。
 

 

 

2. Yellow Magus

 


cero / Yellow Magus【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

 

出だしのベース、ドラムからグイグイ引き込まれる1曲です。

彼らの音楽的素養の広さが、とても良く出ている曲だと思います。

 

一言で言うと、音楽性が非常にマニアック。

でも、不思議と聴きやすくてポップ。

自然と体が揺れます。

いやー、最&高です(最近のマイ流行語、周りの誰も使ってません)

 

ボーカルの方の歌い方と動き。

指で弾くギター。

グルーヴィーでブラックミュージック感満載なベース。

有機的な音を出すドラム。

そして、ceroの特徴の一つである、

サックスとトランペットの音がとても気持ち良いです。

背後のコーラスも何気に凝っています。

 

何より、この曲、何度聞いても飽きないんですよ。

そんな曲、滅多に無いです。

 

このYellow Magusという曲自体は、

先ほどご紹介したアルバムに別バージョンが収録されています。

 

ですが、リンク先のYouTubeのものは、

以下のシングルバージョンです。

こちらの方が私は好みです。

 

 

 

Yellow Magus

Yellow Magus

 

 

3.  陸のうえの晩餐 (JPL ver.)

 

www.youtube.com

 

私がceroにハマるきっかけとなった曲です。

 

正式に音源化はされていないみたいですが、

それが原因で聞かれないのはもったいないくらいの名曲なので、

3曲目にご紹介します。

 

気の合う仲間とゆったり飲んでいる時にぴったりな、

素晴らしい音楽です。

歌詞も非常に良く、

聞いていると、ビールやおつまみが美味しく楽しめそうです。

 

この曲も、ファンキーなベースに、心地良いリズム。

そして、演奏がとても楽しげなボーカルやメンバー。

PVもすごくお洒落ですよね。

 

私の中のceroのイメージは、この曲ですね。

(あとこれだけは言っておきたいのですが、

女優さんの可愛さが最高です!笑)

 

個人的に大好きなクラフトビールとコラボしているのも

非常に嬉しいです。

 

 

4. outdoors  (日比谷野音Live ver.)

 


cero / "outdoors" Live at 日比谷野外大音楽堂 2016.05.21

 

4曲目はoutdoors。

ライブでの彼らを是非聴いてみていただきたいということで、

ライブバージョンのこの曲を4番目に紹介します。

 

サビの独特のメロディーラインが気に入っています。

この曲は、こちらの1stアルバムに収録されています。

原曲はまた雰囲気が違います。

 

 

彼らはとにかくライブでの生演奏が素晴らしいです。

どの曲も、音源とは異なったアレンジになっています。

 

ライブで聴くと、体が揺れて、お酒が進む進む。

 

観客の女性からは、

「ボーカルかわいい!(はーと)」

「キーボードかっこいい!(はーと)」

「キーーーーースェtrdytフヴィボンjpmk、l@;。(はーと)」

という黄色い声援と、一部狂った黒い声援(私)が飛びます。

 

そして最後には、あなたは自然と笑顔になっていることに気付くでしょう。

 

ライブの感じが気に入ったら、

ライブDVDも是非見てみて下さい!

本当に素晴らしいです。

2作出ているのでが、私は2作とも即大人買いしましたw

そして日がな、無限ループしています。

 

ちなみに以下の「Obscures」に収録されている、

ライブツアーのドキュメンタリー、

メンバーの素の姿が満載で、

特に黄色い声援を飛ばしがちな女性にはオススメです笑

 

5.  さん!

さん!

さん!

 

個人的に大好きな曲です。

とりあえず、イントロの30秒しか無いですが、聴いてみてください。

 

どうです、このめちゃくちゃ陽気な出だし!笑

無条件に楽しくなって、踊り出したくなりますよね♪

 

わざとらしくない明るい曲調、

思わず口ずさんでしまうメロディ、

異国情緒漂うエキゾチックなアレンジが素晴らしいです。

 

ベンベン鳴っているベース(スラップ奏法と言います)の

ノリ(グルーヴ)が最高です。

 

ファン以外には、あまり有名ではない曲だと思いますが、

とても良いんですよ。

(そのためか、YouTubeの動画がありませんでした 。)

 

以下の2ndアルバムに収録されています。

 

こちらのアルバムは、この曲のように、

明るめで陽気な曲が多く、

春〜夏の季節にぴったりです。

 

3. おわりに

以上、ceroのおすすめ5曲でした。

 

世の中にはパッと聞いて良いな、と思う音楽はたくさんありますが、

ceroのように、何度聞いても飽きない音楽ってなかなか無いと思います。

 

流行に左右されない音楽性だと思うので、

いくつになってもずっと聴き続けられる貴重な音楽です。

 

彼らになんでこんなにハマったんだろうと考えたんですが、

多分以下のような理由だと思います。

もちろんベースとして、

私の好きな音楽性というのが一番にあります。

 

  • 音楽がマニアックなのに口ずさんでしまうくらいにポップで聴きやすい
  • 肩に力が入っていない
    (お洒落過ぎない、頑張り過ぎていない)
  • 歳が近いので、親近感があって自分も頑張ろうと思える
    (メンバー3人とも私の1つ歳上)

 

そんなバンドはceroだけです。

 

ちなみに私がceroをどれくらい好きかというと、

LINEのプロフ画像を、彼らのライブDVDのジャケットにしてしまうくらい好きですw

そんなバンド、今までいなかったですね。

 

以上、聞いてみてハマりそう!と思っていただけた方は、

他にも最&高(既に死語感あり)な曲が盛り沢山ですので、聴いてみてください。

 

Googleのリンクを貼っておきます。

 

 

色々と背景知識も深めて、

よりマニアックな聴き方もしてみてください。

 

 

  • インタビュー

www.cinra.net

natalie.mu

 

以上、今回は短めにまとめてみました。

 

それでは、また次回の更新をお楽しみ。

 

 

2017.7.30追記 )

最近、やはりceroの人気がどんどん高まっているようで、

ついに、特集を組んだ雑誌が発売になっています!

 

これは読むしかないですね!

 

 

 

 

 

おまけ)私の音楽との関わり

ここから先は個人的な話になるので、

興味がある方だけ読んでください。

 

このブログではほとんど言っていませんでしたが、

私はちょっとやそっとでは人に負けないくらいの、

大の音楽好きなのです。

 

そうなったのは、育ってきた環境が大きいです。

 

元々楽器好きの両親(父親は趣味でベース、母親はエレクトーンの先生)

の元に生まれたため、

幼稚園〜小学校までピアノを習いに行かせてもらっていました。

そのあと、高校でギターを弾き始め、

大学では軽音楽部でエレキギターやキーボードを弾いていました。

某CDショップでバイトもしていました。

 

大学時代、何に時間を使っていたかというと、

知らない音楽を発掘することだったと言い切れます。

(いや勉強しろよ)

毎週、レンタルショップや図書館に通って、10〜20枚のCDを借りては、

様々なジャンルの音楽を聴きまくっていましたね。

 

難波にあったマニアックなレンタルショップ、

よく通ったなあ。懐かしいなあ。

音楽CD専門【K2レコード】CDレンタル 関西・大阪・なんば・日本橋でんでんタウン 郵送(宅配)返却OK 100以上のジャンル分け 10万枚以上の在庫

 

社会人になって演奏は休止し聞く専門になっていたのですが、

最近再開し、ここ1年くらいドラムを習いに行っています。

楽しいですよ〜ドラム!

 

上手くなって、渋いおじさんになった時に、

週末、ライブハウスで演奏しているのが夢です。

 

音楽は、何気ない日常を楽しく彩ってくれるのが良いですよね。

お酒にもよく合います。

音楽に触れていると、

感性が錆びず、若いままでいられると思っています。

究極のアンチエイジングですね笑

あと、宇宙に行ける時がありますw

 

最近ではフェスが盛り上がっていますしね。

フェス、週末のリフレッシュに最高ですよね〜!

私も大好きでよく行きます。

ここ数年でとても数が増えてきているので、

おすすめのフェスを紹介する記事なんかを書いてみても

良いかもなと思っています。

 今後、音楽ネタ、いくらでも書けそうです。

この記事も長くならないよう、

書きたいことをかなり削っています。

(例えば、2ndアルバムまでは女性ファンの方が多かったけど、

 3rdアルバムを出した後、男性ファンが増えた、

 などのマニアックな情報笑)

 

以上、最後はかなり取り留めなく

書いてしまいましたが、

とりあえず言いたかったのは、

そんな音楽大好きな私がおすすめしているので、

上記5曲の選曲に間違いは無いですよ、

ということです!笑

 

以上、長くなってしまいましたが、

本記事はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

百均飲み屋!秋葉原で激安に飲める!スタンディングバー百飲レポート

 スタンディングバー百飲

前から気になっていた、秋葉原駅前にある百均飲み屋に行ってきました。

その名も「スタンディングバー百飲

実際に食べて飲んでみて、

コスパの良さに驚いたので記事にします。

 

秋葉原の百均を探していた時に、

たまたま見つけました。

百均そっちのけで店に直行し、

閉まっていて悔しい思いをした時から、

ずっと行きたいなーと思っていました。

 

金曜日に仕事が早く終わったので、

潜入してみました。

 

それでは早速、どんなところなのか、

そして実際に行ってみた感想について、

レポートします。

 

 

目次

  • 場所と営業時間

  • 特徴

  • こんな人にオススメ

  • 実食・実飲レポート

  • 終わりに

 

場所と営業時間

JR秋葉原駅 昭和通り口から徒歩1分、

東京メトロ日比谷線 秋葉原駅1番出口から徒歩30秒のところにあります。

 

地図だとここです。

こんな駅前にあったとは!

 

1階にラーメン屋、3階に雀荘の入居する雑居ビルの2階です。 

黒い看板で「百飲」と書いてあるところです。

入り口は少し分かりにくいですが、

ラーメン屋の奥側、壁にテナントの看板がたくさん出ている細い通路から入り、

左手の階段を登った先、右手にあります。

(写真撮り忘れました)

 

営業時間

[12月~3月]16:45~21:00(L.O.20:30)

[4月~11月]16:45~21:30(L.O.21:00)

定休日:土日祝

 

平日、早く帰れた仕事帰りのサク飲みに最適ですね。

欲張りを言えば、

もう少し遅くまで、そしてせめて

土曜日だけでも営業していただけると

嬉しいです笑

 

余談)

 ※Googleマップ百飲さんを調べると、

店舗情報に営業時間が入っています。

この情報は、以前は空欄でした。

実はこの情報、

前閉まっていて入れなかった時に、

腹いせ笑と、自分のメモ代わりのために、

入口に張り出されていた情報を、

私がGoogle先生に提供したものです笑

意外に簡単にGoogle先生に承認、

情報が反映されてビックリしましたw

 

 

特徴1.

居酒屋なのに100均!
何と言っても、基本的に全品100円!お酒もおつまみも、全てです!

まさに百均居酒屋!

ほんまかいな!安いな!!

 

そうです、焼き魚やシメサバ、そら豆、

サワー類など、基本的に全て100円なのです。

下手したらスーパーより安いのではないでしょうか!?

一体、なんなんやこの店!

 

※ビール類(モルツ生、黒生)、ウイスキーダブルなどは200円です。

※一部、150円のおつまみもありました。

 

特徴2.

立ち飲み

スタンディングバーですからね。

店名の通りですね。

数名で囲める丸テーブルはもちろん、

お一人様でも安心な、壁際のカウンター席もあります。

これ、地味に珍しいと思います。

一人飲みが好きな方には嬉しいですよね。

 

たまには良いですよね、立ち飲み。


 

特徴3.

セルフサービス

キャッシュオンデリバリー形式の

セルフサービスです。

食べ物はカウンターに並んでいて、

食べたいものをお盆に取り、

レジにて精算します。

 

f:id:thaicurry:20170617075410j:image

 

その際、お酒も合わせて注文できます。

特段、値札が貼っていないもの以外は全て100円です。

この辺りも百均と全く同じ形式ですね。

ビールのおかわりのみ、自動ビールサーバーに200円を入れ、

空のグラスに注ぐという斬新なシステムでした。特に不便は感じませんでした。

 

f:id:thaicurry:20170617075552j:image

 

 

 

特徴4.

2時間制

安すぎて長居されると採算が取れないのか、

一人2時間制という決まりでした。

でも立ち飲みで2時間もいるの、

逆に難しくないでしょうか?w

 

 

こんな人にオススメ

1. 平日仕事帰りに安く、サクッと飲みたい

平日夜のみ営業、駅前、激安、立ち飲みということで、

この用途に、正にぴったりです。

 

2. 好きなものを少量ずつ色々食べたい

全て小皿に盛ってあり、

1人で食べるのにちょうど良い量です。

メニューもなかなか豊富です。

普通の居酒屋だと、

最低2人分から出てくることが多く、

一人だとあまり種類を頼めなかったりしますよね。

安心してください。

その点、百飲さんは一人飲みの味方です!

 

さらには回転が早く、少し時間が経つと、

カウンターに並んでいる食べ物が変わっています。

取りに行くたびにメニューが変わっているので、

楽しいです。

 

3. 一人で気楽に飲みたい

一人で来ている方も多く、

また秋葉原という場所の特性上、

全く気取った感じではないので笑、

一人で気楽に飲むのに最適です。

お客さんの年齢層は、30〜40代 のサラリーマンが多かったです。

お一人様の女性やカップルもいらっしゃいました。

とにかく回転が早いので、

もし店が満員であったとしても、

すぐに空くと思います。

一人平均30分〜1時間くらいの滞在時間ではないでしょうか。

 

 
 実食・実飲レポート

私が入ったのは、金曜日の19時半頃です。

すでに他のお客さんで一杯で、

数人分のスペースしか空いていませんでした。

2〜3人のグループを中心に、

お一人様も数人いらっしゃいました。

 

さて、それではいよいよ実食・実飲してみます。

 

カウンターに並ぶ食べ物を取り、

お盆に乗せてレジへ。

こんな感じで食べ物が並んでいます。

 

お酒を注文し、空いているところに居座ります。 

 

1周目

 f:id:thaicurry:20170210235420j:image

・秋刀魚の蒲焼

きんぴらごぼう

・白菜の浅漬け

・生ビール

 

どうでしょう、この渋いチョイス笑

 

まずはビールを3グビくらいして、

秋刀魚の蒲焼、きんぴらごぼうを頂きました。

どちらも味がしっかりついていて、

美味しかったです。

白菜の浅漬けは、私には薄味でしたので

醤油をかけて食べました。

うん、優しい美味しさ。

 

そしてこれで、なんと驚きの500円!です。

なんなんや、この店!

 

2周目

f:id:thaicurry:20170210235429j:image 

・アジフライ

・鮭の燻製焼き

・そら豆

・生ビール

 

1周目ですっかり食欲、酒欲を刺激され、

すぐに2周目に突入しました。

 またまたこのおっさ…渋いチョイス笑

 

これまた、どれも美味しい。

フライはサクサク。

鮭の珍味感も素晴らしい。

そら豆も久々に食べられて良かったです。

 

これで、なんとなんと驚きの550円!です。

アジフライが150円でしたので

この値段です。

にしても安い!

マジでなんなんや、この店!!

 

3周目

 f:id:thaicurry:20170210235441j:image

・フライドポテト

・イカの塩辛

・日本酒

 

どーん!

まだ少し物足りなかったので、

3周目に!

今見ると、最後に謎のチョイスw

フライドポテトで残りの胃袋を満たす作戦です。

そして、驚いてください!

日本酒はなんと、100円です!!

 

これで、もはや驚かない300円です。

 

 

そして、3周で占めて1,350円でした。

安っ!!

それでいて、クオリティーは、

チェーン店の居酒屋に全く引けを取っていませんでした。

むしろ、値段を考えると、完全に百飲さんの勝ちです。

激安の殿堂、ドン・キホーテさんも驚き!

ほんまになんなんや、この店!!

 

 

終わりに

一人で満足し、満腹になり店を後にしました。

 

バーに行って飲むウイスキー1杯分で、

これだけ色々美味しく食べられ飲めるのは

本当にすごいです。

(バーはバーで好きですが)

大満足でした。

 

秋葉原にお寄りの際は、

一人でも友達とでも気軽に(お値段的にも、雰囲気的にも)入れるので、

ぜひ行ってみてください。

 

いや、むしろこの店のために来てください笑

 

私も職場の先輩を連れて、再訪しようと思います。

 

 

※最後に注意点

タバコの煙が結構すごく、服に匂いがつきます。

あまり大事な服装で来ないことをオススメします。

まあ、秋葉原にそこまでお洒落してくる機会は無いと思いますが。

(随所で秋葉原をdisり過ぎやぞ)

 

それでは、この辺で。

 

 

百飲

食べログ百飲

 

 

スリランカ男一人旅 最終日 振り返りと旅のヒント

f:id:thaicurry:20170114131019j:image

 

日本各地で大雪ですが、

パリッサン ウェンナ!

(シンハラ語で、気を付けてください!)

 

スリランカは冒頭の写真のように、

ずっと夏の気候なので、日本に、

ここ数年で最強の寒波が来ていることに、

全く実感が湧きませんでした。

この写真は、コロンボのメインストリートから

一本外れた海岸線沿いのものです。

 

7日目は、スリランカ最大の都市コロンボ

豪華列車で到着しました。

夜はカジノの雰囲気を味わった後、

スロットゲームに興じ、

引き換えにライオンビールを手に入れました。

 

 

thaicurry.hatenablog.com

 

 

今はただただ、刺身と日本酒が恋しいです。

こちらに来て、一度も大好きな和食を

食べていません。

いつもなら後半に差し掛かると、

日本食レストランを探してでも

食べているのですが。

 

今日(9日目)はこの旅最終日です。

夜の便で帰国します。

(ちゃんと飛べば、ですが…。

よりによって、

なぜ帰国日に天気が荒れるんでしょう…)

 

本編に入る前に、まず謝らないと

いけないことがあります。

そうです、8日目は更新ができていませんでした。

もし楽しみにされていた方が

いらっしゃったら、申し訳ありませんでした。

8日目は、土産物を求めて

本気な買い物をしていまして、

特段、お伝えする体験が

できなかったからです。

 

カジノにも行きませんでした。

勝てる気がしなかったのと、

どうしてもマカオと比べてしまうためです。

特に観光もしていません。

コロンボは都会ではあれ、

特にこれというスポットが無いのです。

もちろんいくつか街中の建物の写真は

撮ったので、「おまけ」コーナーで

ご紹介したいと思います。

 

さて、スリランカ男一人旅体験記も、

早いもので、いよいよ今回が最終回です。

会社の福利厚生を最大限活用し、

あえて大型連休とずらした長期休暇を利用して

思い付きで始まったものでした。

まさか、開始当初は、

毎日更新するとは、思っていませんでしたね。

なぜできたか?は、

後ほど振り返りたいと思います。

   

最終回は、

これまでの旅行記とは趣を変え、

スリランカ男一人旅の振り返りと、

旅のヒントをまとめたいと思います。

 

例によって長いので、目次をご参考に、

気になった箇所だけお読みいただければと

思います。

 

 

目次

1. スリランカ男一人旅の振り返り

  • 日程
  • スリランカを選んだ理由
  • 行って良かった世界遺産ベスト3
  • 旅程と交通手段
  • 費用
  • 物価
  • インフラ
  • グルメ
  • 気候
  • 動物
  • 土産
  • カジノ
  • 参考)なぜ毎日ブログを更新できたか?

2. 旅のヒント(オススメ)

  • 持ち物
  • 宿
  • 移動手段
  • 心構え

3. 終わりに

・おまけ

 

 

1. スリランカ男一人旅の振り返り

まずは、今回の10日間の旅を振り返ります。

項目形式でまとめました。

そのため、少々味気なく感じるかも知れませんが、ご了承ください。

 

・日程

2017/01/07〜01/16の8泊10日

(残り1泊は帰国便の機内泊)

 

スリランカを選んだ理由

以下の5点です。

     →特にシーギリヤロックが気になっていました。

  • 日本が冬の時期に暖かい
  • 治安が良い
  • スパイスが気になる

     →カレー粉からカレーを作るようになったことがきっかけです。

  • 行ったことがない

 

・行って良かった世界遺産ベスト3

  1. シーギリヤロック(シーギリヤ)
  2. 石窟寺院(ダンブッラ)
  3. 古都キャンディ

 

それぞれの理由は以下の通りです。

1. シーギリヤロック(シーギリヤ)

f:id:thaicurry:20170116163150j:image

  • 雄大
  • 高い
  • 王宮を建てた王様の変人具合を偲ぶのが楽しい笑
  • 自然遺産が好き
  • ドラクエ

 

 

2. 石窟寺院(ダンブッラ)

f:id:thaicurry:20170116163244j:image

  • 仏像が多く圧巻
  • 壁画が緻密で圧倒される
  • 街から近くアクセスが良い
  • 1日中寝ていても良いのだ、という教えをもらえた

 

thaicurry.hatenablog.com

 

 

 

3. 古都キャンディ

f:id:thaicurry:20170116163350j:image

  • 街の雰囲気が穏やか
  • マーケットのフルーツの色合いが良い
  • 程よく都会
  • キャンディアンダンス鑑賞が楽しい

 

thaicurry.hatenablog.com

 

 

 

 

・旅程と交通手段

西海岸ニゴンボからコロンボまで、

時計回りにスリランカを周遊しました。

 

全体のルートはこんな感じです。

 

 

  • 1/7:

      成田国際空港

      →バンダーラナイケ国際空港 (飛行機)

      →ニゴンボ(宿の送迎車)

f:id:thaicurry:20170116163426j:image

 

  • 1/8:

      ニゴンボ

      →アヌラーダプラ(A/C無しバス)

      →世界遺産遺跡群(トゥクトゥク)

f:id:thaicurry:20170116163457j:image

 

  • 1/9:

       アヌラーダプラ

       →ダンブッラ(A/C付きバス)

       →シーギリヤロック(トゥクトゥク)

       →ダンブッラ(トゥクトゥク)

       →石窟寺院(徒歩)

f:id:thaicurry:20170116163519j:image

 

  • 1/10:

        ダンブッラ

        →キャンディ(A/C付きバス)

        →仏歯寺(徒歩)

        →キャンディ湖(徒歩)

f:id:thaicurry:20170116163537j:image

 

  • 1/11:

        キャンディ

        →キャンディーマーケット(徒歩)

        →キャンディ芸術協会でキャンディアンダンス鑑賞(徒歩)

f:id:thaicurry:20170116163709j:image

 

  • 1/12(ポーヤ・デーで休日):

        キャンディ

        →ホワイト・ブッダ(徒歩)

        →Y.M.B.Aでキャンディアンダンス鑑賞(徒歩)

f:id:thaicurry:20170116170144j:image

 

  • 1/13:

        キャンディ

        →コロンボ(鉄道)

        →Bellagio Colombo カジノ(徒歩)

        →コロンボのドミトリー(トゥクトゥク)

f:id:thaicurry:20170116163727j:image

 

        コロンボ

        →シナモンガーデン地区でショップ巡り(トゥクトゥク)

f:id:thaicurry:20170116170237j:image

 

  • 1/15:

        コロンボ

        →ペター地区でスリランカ最古のモスクチラ見(トゥクトゥク)

        →バンダーラナイケ国際空港(バス)

        →成田国際空港(飛行機)

 f:id:thaicurry:20170116163820j:image

 

参考)当初、予定していたにも関わらず、実現できなかったこと
  • 後半のキャンディとコロンボとの間に、紅茶の産地で有名な「ヌワラエリヤ」や、南西部の街全体が世界遺産である「ゴール」に向かう予定でした。ただ、「ヌワラエリヤ」は、キャンディ滞在時間を長くしたかったため諦めました。キャンディから「ゴール」へは移動に時間がかかり、それだけで1日潰れることが判明したため、こちらも泣く泣く諦めました。そのため、逆にキャンディとコロンボの滞在時間が若干長くなり過ぎたのは、反省点ですね。
  • アーユルヴェーダ体験をしたかったのですが、ホテルでの実施となるため予約が必要でした。ところが、スマホからですと上手く予約ができず、諦めました。
  • 瞑想体験したかったのですが、それだけで2泊3日の日程が必要であったため、都合を付けられず諦めました。

 

・費用

  • 15万円くらい(航空券8万円含む、土産代除く)
  • 7千〜8千円/日ですかね

   →安宿(千円台)〜中級の宿(〜5千円)に宿泊し、

       観光客向けの高めの飲食店をメインに利用して、このくらいです。

 

・人

性格
  • 人懐っこい
  • 穏やか
  • ゆったり
  • 親切
  • 純粋

  →仏教信仰の影響が大きいのかも知れません。

  • 参考)空港職員とスーパーの店員は無愛想笑

 

言語
  • 英語でほとんど困らない
  • シンハラ語の指さし会話張的なものをお見せしても、あまり通じませんでした。
    →今思うと、タミル語を話す方だったのかも知れません。
     スリランカ公用語の種類が多く、現地語でのコミュニケーションの難易度高いですね…

 

服装
  • 男性:

シャツorポロシャツorTシャツ+

長ズボンor腰巻布+サンダル

 

暑いですが、ハーフパンツの方は意外に少なかったです。

恐らく、礼拝時に禁止されていることが

影響しているのではないかと思います。

 

  • 女性:

シャツorTシャツ+スキニーパンツ+サンダル

or

膝下まである麻布の上着+太めの麻パンツ

(すみません、この組み合わせの正式名称が不明です)

or

サリー

 

髪型
  • 男性:

ショートヘア、たまに髭

ミディアム以上の長さの方は見なかったと思います。

  • 女性:

ロングヘア

暑いですが、ショートヘアの方は見なかった気がします。

 

・物価

近隣のアジア圏(東南アジアやインド)とざっくり比較します。

  • 食べ物:高い(1食500円くらい)
  • 飲み物:並(水500ml 100円)
  • 宿:高い(1泊数千円)
  • 衣類:並(Tシャツ1枚1000円くらい)
  • バス:安い〜並(数十円〜数百円)
  • トゥクトゥク:高い(1利用で数百円)
  • 鉄道:並(数百円〜数千円)
  • 世界遺産入場料:高い(数千円)
  • 通信料:?(日本よりは圧倒的に安い)

 

・インフラ

宿
  • 1人〜家族向けがほとんど。ドミトリーは少ないです。
  • 中級クラスまでは、家の一部か別棟を貸す形式の家族経営のところが多い。
  • 蚊除けに、お姫様ベッド的なカーテンを付けたベッドが多い。
    宿によって、部屋に靴を脱いで入るところとそうでないところがあり、
    旅行者からは判断基準が不明。
    街中を裸足で歩いている方もたくさんいらっしゃるので、
    もはや靴などは、生きていく上で不要なのかも知れません笑

 

交通
  • どの手段も、車両は基本的に古いです。
  • バス、鉄道は満員の場合が多いです。
  • バス停などあってないようなもので、そこかしこで乗り降りされるので、
    時間がかかります→時間を取るなら高めのノンストップバス、柔軟さを取るなら安めのローカルバス、ですね。
  • バスの行き先を連呼する大声の掛け声が少し威圧的に聞こえ、
    最初は自分に何か言われているのかと、一瞬驚きます笑

       例:「エアポーエアポーエアポー×5」

             (空港行きのバスの場合)

  • 線路は歩道
  • 最上級クラスを選んでも、鉄道の乗り心地はあまり良くないです。
    横揺れがひどかったです。
  • 鉄道は時刻表通りに運行していました。
  • トゥクトゥクは、コロンボのみメーター制、その他の地域は運転手の言い値。
  • トゥクトゥクの運転手は、宿の名前を知らないことが多く、こちらがナビ係になることが多かったです笑
  • 信号が少ないです。

 f:id:thaicurry:20170116164634j:image

 

水道
  • 上下水道とも、流量が少ないです。
  • トイレは洋式がほとんどです。

 

電気
  • 時々停電します。
  • 街灯が少ないです。

 

ガス

  ?

 

通信
  • 3G。よく途切れます。
  • Wi-Fiはほとんど使わずでしたが、4Gのところもありました。

 

・グルメ

食べ物
  • カリーは意外にそこまで辛いものはなく、ピリ辛程度が多かったです。
  • 肉類はチキンかマトンが多いです。
  • 魚介類は高級品。
  • マンゴー、パパイヤ、バナナ、パイナップルが旬で激安で美味しかったです。
  • ヨーグルトも美味しかったですね。なぜかバニラヨーグルトが主流です。

 f:id:thaicurry:20170116164049j:image

 

飲み物
  • ジンジャービールが美味しいです。
  • もちろん、紅茶も安くて美味しいです。
    ミルクを入れ砂糖をたっぷり入れるのにハマります。
  • コーヒーは日本並みに高いです。
    いわゆるブレンドコーヒーは少なく、アメリカーノカプチーノが主流です。
  • 宗教的に、お酒を飲める店が少ないです。あまり売ってもいないです。

 f:id:thaicurry:20170116164101j:image

 

・気候

  • 基本、快晴でした。
  • 17〜30℃
  • 湿度低めです。
  • 早朝は肌寒く、長袖が必要です。
  • 風はあまりありませんでした。

f:id:thaicurry:20170116164147j:image

 

・動物

  • カラスがめちゃくちゃ多いです。
  • 犬も多いですが、しゅんとしていて元気がありませんでした。
    スリム。1種類しか見ませんでした。
  • 猫は少ないです。こちらもスリム。1種類しか見ませんでした。
  • 像は神聖な動物です。
  • 田舎には水牛もいました。

f:id:thaicurry:20170116164213j:image

 

・土産

メジャーなものは以下かと思います。

f:id:thaicurry:20170116164318j:image

 

・カジノ

  • 種類はバカラ、ルーレット、ポーカー、スロット
  • スロット以外は、ディーラー付きのテーブル形式なので、
    初心者には敷居が高い
  • 他の海外のように、ホテル併設ではなく、カジノ単独の建物内にある
  • 特にドレスコードは無い
  • 入り口で荷物を預ける。セキュリティーチェックはゆるゆる。
    場所によっては、入場に会員証が必要(無料で作成可能)
  • 無料のビュッフェが食べられる
  • 何かしらのゲーム中であれば、飲み物(アルコール含め)も無料で飲み放題
  • タバコを吸った金持ちっぽいスリランカ人、中国人、インド人が多い

 

参考)なぜ毎日ブログを更新できたか?

なぜ毎日ブログを更新できたか?について

振り返ります。

当ブログを始めて最初の企画では

実現できていたのですが、

そのあとは不定期更新でした。

今回の企画で久々に1週間毎日更新できました。

理由としては、以下4点かなと思っています。

  1. SNSでの応援
  2. 予定を詰め込みすぎなかった
  3. スリランカの消灯時間が早い笑
  4. 最後の(?)バックパッカー・海外一人旅の記録を残したい

それぞれについて詳細を記します。

 

1. SNSでの応援

何と言ってもこれです!

応援の言葉や、見てくれている方がいるという

事実が、毎日の地味な更新作業の後押しになりました。

特に平日もお読みいただき、お忙しいのにありがとうございます。

見ていただけていると思うと、

少しでも読みやすく、面白い記事になるように努力できました。

本当にありがとうございます!

そしてこれからも、どうかよろしくお願いします!

 

2. 予定を詰め込みすぎなかった

移動中や、多めに確保した空白の時間を利用して

書けたことが二つ目の理由です。

特に疲れてくる後半に、ゆとりを持たせた

スケジュールにできたのが大きかったです。

 

3. スリランカが早寝早起きの国

恐らく意図はしていないでしょうが、

スリランカは、早寝早起きを国全体で励行している印象です。

というのも、19時にはどの街も

真っ暗になります笑

都会のコロンボでも例外ではありません。

真っ暗になった見知らぬ街、海外、しかも

一人、というものほど、

不気味なことはありません。

夜遊びできる雰囲気では無いですし、

そういう場所もあまりありません。

つまり、夜に特にやる事がなく、

自然と早寝になります。

(夜のお供、お酒もほとんど

売ってない・飲めないですし)

 

また、朝5時半〜6時くらいから、大抵、

プージャ(礼拝)が街全体で行われ、

更には鶏や犬、カラスの大合唱が始まるため、

必然的に早起きになります。

 

ということで、朝晩の時間を

ブログを書く時間に充てられた、

というのが三つ目です。

つまり、観光している以外は、

基本ブログしか書いていませんでした笑

もっと他の旅行者や現地の方との

交流に時間を割いても良かったかも

知れませんが…。

 

4. 最後(?)のバックパッカー・海外一人旅の記録を残したい

これ、4つ目に挙げていますが、

何気に大きな更新のモチベーションになっていました。

恐らく、今後はバックパッカー的な旅や、海外一人旅は

もうしないだろうな、という考えに傾きつつあり、

せっかく最後ならば記録として残そう、という気持ちがありました。

旅に出る前は、今回を最後にするかはまだ判断しかねていたのですが。

旅してみて思ったのは、以下の感想です。

  • 正直バックパッカーは体力的にも時間的にもそろそろ辛い笑
    →体力と時間がある学生向けの旅だな、と再認識しました
  • 海外の一人旅はさすがに寂しい笑
    →日本にいる時とは比べ物にならない、圧倒的な孤独をずっと感じていました
     そもそも、この時期は旅行者自体が少ないですし、
     日本人もほとんどいなかったです。
     ドミトリーにほとんど泊まらなかったので、
     余計に他人との交流が少なかったのもあります。
     10日間、ブログでしか日本語発していませんでした。
     
    この状況で寂しくなかったら、人間ではない気がします笑

ですので、実は、日に日に、今回で最後にしよう、

だから残しておこう、という若干後ろ向きなモチベーションがあったのも

事実です笑

 

やっぱ今時、リゾートですよリゾート!

次は誰かとリゾート楽しみます!

 

以上、 思いつくままに振り返りました。

何か思い出したら、更新します。

 

 

2. 旅のヒント(オススメ)

ここからは、スリランカを一人旅するにあたり、

役立ったもの・ことについてご紹介します。

今後のご参考になれば幸いです。

 

・持ち物

ガジェット類

今回初めて試しましたが、これらがあれば、

通信インフラがあるところはどこでも

生きていけます。

スリランカSIMカードプリペイド式なので、

通信量の上限超えたらチャージすればOKです。

海外電話も好きにできます。料金体系はネットと同様です。

 

ガイドブックや暇つぶし用の本を詰め込めば

荷物をコンパクトにできます。

ブログに忙しく、本はほとんど読みませんでしたが。

 

  • 携帯音楽プレーヤー

寝る時の耳栓代わりになります。

色んな勧誘のシャットアウトもできます笑

私はiPhoneで代用していました。

 

  • 携帯型バッテリー

いわば、命の水、あるいは転ばぬ先の杖ですね。

1日中観光で外に出ているときは、必須です。

SIMカードを使っていなかったときは、

そんなにスマホを触らないので不要だったのですが、

今回はどこでも通信できる状態だったので、必須でした。

何があるか分からない旅には、

約4回フル充電できる、こちらがオススメです。

 

       

アプリ類

皆様ご存知、偉大なアプリ様です。

地図が不要になります。

人に場所や道を聞く機会が圧倒的に減りましたね。

ナビもできますので、知らないところに連れて

行かれるリスクはかなり減ります。

店の営業時間や評判も分かります。

下手したら、現地の方よりも情報通になれます。

 

Google マップ - ナビ、乗換案内を App Store で

マップ - ナビ、乗換案内 - Google Play の Android アプリ

 

 

  • Booking.com

手軽に安くホテルを予約できます。

登録数も最大級です。

ユーザーの評価、価格、場所、タイプを参考にしました。

評価の信頼性はかなり高いと思います。

予約が一杯の場合は、店のオーナーから

すぐ連絡が来るケースが多いです。

バックパッカーとしては、

歩いて宿を探し、空いているか確認し、

値段を確認し…という手間が無くなり、

格段に旅が楽になりました。

 

www.booking.com

    

 

  • Tripadvisor

主に飲食店の検索に使いました。

口コミ評価、価格帯、料理の種類、場所、

営業時間を参考にしました。

評価の信頼性は高いです。

食べログのように、メニューや価格の情報、

場所情報とGoogleマップの連携があれば、

より良くなるのに、と思いました。

あとは、口コミの翻訳の精度が上がれば、

文句無しです。

 

www.tripadvisor.jp

 

  • Skyscanner

格安の航空券探しに使いました。

複数の会社を比較し、

価格順、時間順に並べ替えられますので、

安くて早い便をすぐ見つけられ、予約できます。

(最近似たアプリがいくつか出てきていますが、

これしか使ったことがないです)

 

https://www.skyscanner.jp/mobile.html

 

 

これらアプリのおかげで、

スマホをデジカメ代わりに使えます。

スマホを宿のWi-Fiに繋いだ際に写真を

アップロードしておけば、

容量を気にせずスマホで写真を撮りまくれます。

私は今回、Dropboxを使い、毎日写真をアップロードしては、

iPhoneから削除して写真用の容量を確保していました。

 

Dropboxを App Store で

Dropbox - Google Play の Android アプリ

 

・宿

  • 家族経営の宿が多く、現地の方の優しさに触れられます。
  • 田舎は特に周りに飲食店が無いのですが、お手製のご飯を振舞ってくれます。
  • そういうところは規模が小さく、静かです。
  • 1月は冷房無しでも問題ありません。
  • 夜中は冷えるので、長袖長ズボンが必須です。
  • ドミトリーは、異文化交流や友達作りになるので一人旅には最適です。
    ただし、同部屋の方のいびきには注意です。

 f:id:thaicurry:20170116164524j:image

 

 

・移動手段

  • トゥクトゥクが便利です。勧誘も他国に比べて全くしつこくないです。ただ、勧誘されて乗ると、大抵何かしらの形で追加料金を取ろうとして来る方は多いです。チップや、勝手に名所を廻り追加料金を請求する、など。(体験談)
  • トゥクトゥクは、田舎は150ルピー/km、コロンボは100ルピー/km程度が
    相場でした。
  • バスは基本的に休憩無しなのでご注意ください。
    これを知らないと、私のようにバスの時間が苦行になります。
  • キャンディからゴールに向かう途中にある、エッラというところに行く鉄道からの風景が絶景だそうです。(今回は時間の都合上、見送りましたが)

 f:id:thaicurry:20170116164009j:image

 

・心構え

  • 朝5時半〜6時のプージャや動物たちの大合唱で目が覚めても大丈夫なように、
    夜は早めに寝ましょう。
  • とは言え、そうせかせかしなくても大丈夫です。
    スリランカの方々は皆さん、基本穏やか、ゆったりなので、
    同じ気持ちでいるのが良いと思います。
  • 普通に歩いている時に、急に見知らぬ方から挨拶されるので、
    いつ挨拶されても良いようにぼーっとしないようにした方が良いです笑

f:id:thaicurry:20170116164656j:image

 

 

3.終わりに

最終回も長くなりました。

 

行ってみた感想としては、

スリランカは、本当に素晴らしい国だということです。

これまで行った国の中では、

台湾や香港、トルコに並んで好きですね。

日本に無いものをたくさん持っている国だと思います。

そして、様々な人種の方や、言語、宗教を受け入れる、

器の大きい国だなと。

 

でも帰ってきてみて思うのは、

私はやっぱり日本が最も好きです。

日本人で良かったです。

四季があることで、景色の変化や、豊富な食材が手に入ることは、

当たり前に思えますが、世界的にはかなり珍しく、恵まれた環境だと感じます。

あと、インフラのサービスレベルが本当に高いです。

シャワーの勢いや温かさ、どれだけ深夜でも煌々と街灯が光っていること。

これも当たり前に思えますが、

実はとても高レベルなサービスを受けているのだなと、

実感しました。

 

以上、これをもちまして、

10日間に渡ったスリランカ男一人旅体験記を

締めます。

長きに渡る更新にお付き合いいただきまして、

本当にありがとうございました。

 

繰り返しになりますが、

毎日更新を続けられたのも、

SNSで応援して下さったお陰です。

ありがとうございました。

 

今後とも、たまに当ブログを覗いてもらえると嬉しいです。

 

それでは、また次回まで、

アーユボーワン!

(シンハラ語で、さようなら!)

 

・おまけ

あまりお届けできていなかった、

コロンボの様子です。

 

f:id:thaicurry:20170115134232j:image

普通に線路の上を歩いてらっしゃいます笑

 

 

f:id:thaicurry:20170115134321j:image

コロンボは都会だなと。

 

f:id:thaicurry:20170115134436j:image

これ、何の建物だと思いますか?

 

f:id:thaicurry:20170115134435j:image

なんと、国立病院です。

お洒落ですね!

 

f:id:thaicurry:20170115134439j:image

モスク型の建物です。

f:id:thaicurry:20170115134509j:image

公園にも黄金ブッダ様。

 

f:id:thaicurry:20170115134524j:image

この日は、イスラム教徒の祭日でした。

近所の寺院は、早朝から礼拝の方がたくさん。

 

f:id:thaicurry:20170115134531j:image

どことなく洋風の建物。

 

f:id:thaicurry:20170115134332j:image

f:id:thaicurry:20170115134346j:image

カリービュッフェランチです。

丸の内OLみたいな響きですね笑

 

f:id:thaicurry:20170115134611j:image

ライオンビールのストロング版を発見しました。

買えば良かったです。

 

f:id:thaicurry:20170115134620j:image

酒屋でアラックを購入。

約300円。

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました!

 

 

スリランカ男一人旅 7日目 コロンボ

f:id:thaicurry:20170114090148j:image

 

アイヤー!

(シンハラ語で、お兄さん!)

 

これ、らんま1/2でシャンプーがよく言うセリフ

ですが、彼女って中国語ではなくシンハラ語

話してたってことですかね?

ということはシャンプーはスリランカ人?

 

突然すみません。

独り言です。

 

どうでも良い話から始まり、

誰のためになるのか分からない

男一人旅体験記も、

いよいよ7日目です。

日本は週末大雪みたいですが、

スリランカは相変わらず暑いです。

帰国の飛行機が飛ぶかどうか心配です。

 

6日目は、キャンディ最終日。

色白仏陀様と黄金に輝くピカ太郎先生に

お会いし、

伝統芸能キャンディアンダンス2回目を鑑賞、

3代目JSBE-girlsの追っかけに

成功しました。

(…このあらすじだけ見ると、

何をやったのか全く訳が分かりませんね。

詳しくは前記事をご覧ください)

 

 

thaicurry.hatenablog.com

 

 

今日はスリランカ最大の都市、

コロンボに向かいます。

男一人旅にも関わらず、

図らずもセレブな内容になりました。

 

そして、宿で寝られない時間を

ブログ執筆に当てたため、

長文になってしまいました。

全部読むのに5分くらいかかるかと思います。

 

 

目次

  1. 豪華列車でコロンボ
  2. 紳士の嗜み体験
  3. 終わりに
  • おまけ

 

1. 豪華列車でコロンボ

 

豪華列車を予約

キャンディからコロンボへは基本的には

2通りの行き方があります。

バスか鉄道です。

バスの方が安く、また本数も多いです。

ですが、今回はあえて鉄道を選択しました。

なぜなら、

乗ったことが無かったからというのと、

車窓からの景色がアジア一

綺麗と言われているからです。

チケットは、5日目に駅で直接予約購入

しました。

スリランカの列車は等級別に4種類あります。

  1. エキスポレイル(最上クラスの豪華列車)
  2. 1等車(エアコン付き、指定席)
  3. 2等車(エアコン無し、自由席、2人がけソフトシート)
  4. 3等車(エアコン無し、3人がけと2人がけの向かい合わせ、木製かソフトシート)

の4つです。

どの列車でも、

コロンボまでの時間は変わりません。

 

当初、私は上から2つ目の1等車を

予約するつもりでした。

ところが、駅で予約する際、

「ファーストクラスでお願いします」

と伝えたにも関わらず、

「エキスポレイル」を予約されて

しまいました。

キャンセルしてもらおうか迷いましたが、

1等車との価格の違いは500円程度で、

約1200円です。

どうせ乗るなら1番良いのを、

と思い直し、結局、

エキスポレイルに乗ることにしました。

(ブログの良いネタにもなりますしね!)

 

キャンディ駅15時発、

コロンボに17時半に到着しました。

 

ちなみに、エキスポレイルであれば、

ネットからも予約できたみたいです。

Expo Rail Sri Lanka

 

 

エキスポレイル体験!

暑いので宿で14時まで待機し、

駅で1時間待ち、いよいよ乗車します。

 

f:id:thaicurry:20170113180812j:image

駅の様子です。

赤い車両が2等車、3等車です。

 

f:id:thaicurry:20170114170021j:image

ちなみに、これが一等車です。

 

f:id:thaicurry:20170113180839j:image

標札です。

 

f:id:thaicurry:20170113180728j:image

f:id:thaicurry:20170113180732j:image

エキスポレイルの外見です。

車両は思ったより古いですね…(^_^;)

  

それでは、車内の様子をご覧ください。

 f:id:thaicurry:20170113181030j:image

外見に比べ、内装は綺麗ですね。

良いギャップです。

見た目いかつい人が、

実は優しい、みたいなことかなと思いました。

もしくは、

見た目はツンツンした気の強そうな女性が、

実はドM、みたいなことかなと思いました。

認識が違う場合は教えてください。

 

にしても、関西人の性なんでしょうか、

内装を見ていて、

いくつかツッコミどころを

見つけてしまいました。

f:id:thaicurry:20170113202807j:image

この写真をよーく見てください。

 

  • 明らかエアコン後付けやん!
  • 各客席でエアコン調整できるって書いてたけど、扇風機のON/OFFのことね!
  • テレビ付きやけど、音無しやからあんま意味無いやん!

 

などなど…

 

でも、今与えられた環境の中で、

精一杯頑張る前向きさと健気さが、

私は好きです。

スリランカの良いところだと思います(何様や)

 

続きまして、車窓からの景色です。

f:id:thaicurry:20170113200210j:image

f:id:thaicurry:20170114045519j:image

確かに絶景かもですね!

窓が汚れているのはご愛嬌ということで…笑

高いところも走ってるんですね。

ただ、アジア一かと言われると…?

いえいえ、何も無いです。

アジア一です、これは!

写真が少ないのは、

開けた景色が少なかったからというのと、

眠気と格闘していたからです。

ごめんなさい。

 

あとは、さすが最上クラス、車内サービスも

充実していました。

f:id:thaicurry:20170113200211j:image

おしぼりに始まり、

f:id:thaicurry:20170113200218j:image

f:id:thaicurry:20170113200212j:image

f:id:thaicurry:20170113202822j:image

f:id:thaicurry:20170113202805j:image

f:id:thaicurry:20170114062104j:image

スイーツのサービスです。

f:id:thaicurry:20170113202801j:image

締めのコーヒーまで!

飛行機の機内サービスみたいでした。

かかる時間が他クラスと同じ分、

サービスで差を付けてるってことですね。

むしろ、これで1200円は安いですね!

 

こんな感じですが、

エキスポレイルは、外国人に人気です。

高めの価格設定で、特に早く

着くわけでもないのですが、

ハイシーズンには予約が取れないことも

あるそうです。

 

 

コロンボに到着

豪華列車での、束の間の優雅な時間は

あっという間に終わり、

この旅の最終目的地、

コロンボに到着しました。

ここからは、お馴染みのトゥクトゥク

ゲストハウスまで向かいます。

コロンボでは、他の旅行者との交流も兼ねて、

ドミトリーに泊まることにしました。

Clock Inn Colomboというところです。

Clock Inn Hostels | Cheap Hotels in Colombo & Kandy City Sri Lanka

地球の歩き方にも掲載されています。

 

宿の様子です。

 f:id:thaicurry:20170113221502j:image

f:id:thaicurry:20170114034317j:image

f:id:thaicurry:20170114034307j:image

 綺麗ですね。

 

一人だとどうしても体験が制限されてしまう

ので、本当は他の都市でも

ドミトリーに泊まりたかったのですが。

なぜか、ほとんど普通のシングルルームしか

無かったんですよね。

何か理由があるんですかね?

一人旅が少ないとかですかね?

あるかも知れないですね。

滞在中、一人旅してる人、

あまり見なかったですから。

一人旅される方は、ご注意ください。

 

※そして、このドミトリーで同部屋となった

シンガポールの方のいびきが嘘のように

うるさく、ほとんど眠れず、今こうして

ブログを書き続けています。

完全に裏目に出ましたね笑

こういうリスクもあるので、

お気を付けください。

 

 

コロンボ概要

ここで、コロンボの概要をご説明します。

場所:スリランカの南西部、西海岸沿い

        首都であるスリジャヤワルダナプラから、

        バスで約40分の距離です。

        日本からの直行便がある国際空港からは、

        エアポートバスで約45分のところに

        あります。

人口:約231万人(2012年)

        スリランカ最大の都市です。

        経済・文化の中心です。

歴史:立地の良さから、

         昔からアジアとヨーロッパを結ぶ

         海上輸送の中継地となっており、

         首都以上に発展しました。

その他、地球の歩き方より、

歴史の概要を抜粋します。

まだ世界が広い海を知らなかった時代、コロンボは小さな漁村に過ぎなかった。やがて、ここへアラブ商人たちがやってきて、西の他の富と引き換えに、この島の香料や宝石を手に入れる交易場として使うようになる。コロンボは外へと開かれた港となり、以降のポルトガル、オランダ、イギリスと続く植民地支配のなかでは、本格的な港湾都市として発展してきた。スリランカにありながら、外国人によってつくられた町。それがコロンボなのだ。

(以上、地球の歩き方 スリランカ '16版より)

 

首都でないところの方が発展しているのは、

日本と同じですね。

 

あとは、当然気になるのが、

刑事コロンボとの関わりですよね?

身も蓋も無い結論から言ってしまうと、

調べた感じ、たまたま同じ名前なだけで、

全く関係無いみたいです

 

さて、宿に荷物を置き、

私が向かったのは…

ある豪華なホテルです。

 

 

 



 

2. 紳士の嗜み体験

向かった豪華なホテル…それは…

カジノがあるホテルです。

(前回、今日何をするか秘密と言いながら、

大したオチでなくて申し訳無いです)

 

スリランカに行こうと決めた段階では、

カジノがあるとは思ってもみませんでした。

これは一度どんな感じか確認しなければ

スリランカに失礼でしょう、ということで、

見に行ってみることにしました。

 

実は、プロのカジノ師である私は、

カジノが結構好きです。

(矛盾するようですが、一般的なギャンブルは

興味がありません)

カジノがある街に滞在するときは、

必ずカジノに行きます。

と言っても、今まで行ったことあるのは、

香港にあるマカオのカジノだけです。

 

なぜ好きかと言うと、

日本に無いからということと、

カジノには自分のような世界的な富豪がいて、

彼らの豪勢で潔いお金の使い方に、

仲間としてある種の感動を覚えるからです。

もちろん、より高みを目指すべく、

一攫千金を夢見る気持ちも

無いことはありません笑

しかし、今やまさかカジノで億万長者になろう

なんていう浅はかな考えは持っていません。

既に億万長者ですしね。

ですので、自分がやるよりも、

他の富豪たちの行動を観察することの方が

好きなのです。

 

 

カジノを体験!

ということで、Bellagio Colombo

というところに体験・見物しに行きました。

Bellagio Colombo | Premier casino in Sri Lanka

Bellagio は、ラスベガスにもありますね。

カジノは普通、

ホテルに併設されていることが多いのですが、

スリランカの場合は単独で存在しています。

 

外観です。

f:id:thaicurry:20170114021001j:image

ゆるゆるのセキュリティチェック

(というか、無しに等しかったです)のあと、

荷物を預け入場しました。

中の撮影は禁止されていたので、

ここからは頭の中でイメージしてください。

 

そう目を閉じて…リラックス…

はしなくて良いですよ。

 

割と人が多く、スリランカ人半分、

中国人半分という感じでした。

欧米人や日本人は見かけませんでした。

テーブルがあったのは、

バカラ※、ルーレット、ポーカーです。

その他、スロットマシンもありました。

カジノをやっている人のみ、

飲み物を無料で注文できます。

また、中2階には、無料で食べられる

ビュッフェがあります。

ビュッフェのみ食べに来る人が

いるとかいないとか。

バカラのルールは下記をご参照ください。
バカラの遊び方、ルール - トランプスタジアム

 

テーブルで賭けるということは、

私のようなプロのカジノ師にとっては

そうでもないのですが、

初心者の方には非常にハードルが

高いことを意味します。

ルールを分かっておかないといけないのは

当然ですが、最低賭け金が高く、

あっという間に財布の中身が魔法のように

片付きます。

そう、一時期話題になった、

「人生がときめく片づけの魔法」のように、

それはもう簡単に。

 

 

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

 

 

また、特にバカラは、配られたトランプを

表向きにするときに、

徐々に表を向ける独特の動きをしないと

いけない、という暗黙のルールがあります

(多分)

見ている分には風物詩的な感じで

良いのですが、いざやれと言われると、

いまいちやり方がよく分からない

かも知れません。

 

このように、賭け金が高く

細かなルールがあると、

テーブル参加のハードルは高いですよね。

私れべるになるともはや、

それがカジノであれば良く、

テーブルかどうかという次元を

超越していますが。

 

でも、そんなカジノでも、

せっかく来たからには何かしら

遊んでみたい、という方には、

ひとりでできるもんの代表格、

スロットゲームがオススメです。

 

NHKひとりでできるもん Vol.1

NHKひとりでできるもん Vol.1

 

 懐かしい…

 

え、何これ !??

 

スロットゲームは、

ボタン一つで全自動で遊べるので、

初心者に最も優しいカジノです。

そう、正にカジノ界の洗濯乾燥機です。

(脱線が多くてすみません)

 

基本ルールは簡単で、

5行×3列の15マスあるうち、

同じ絵が3マス以上連続して出れば勝ちです。

最低賭け金は1ルピーからですので、

手軽に遊べます。

賭け金を増やすに連れて、

有効になるマスが増え、

最大で25ルピー賭ければ、

全マスが有効になります。

それだけ当たりやすくなるということですね。

まあ、それでもほとんど運だけで

決まるゲームだと思いますが。

 

そしてプロである私も久々に

やってみたのですが…結果は…

ライオンビール一杯飲みに行った

感じで終わりました。

どういうことかと言うと、

ライオンビールを無料でもらい

スロットゲームに興じ、

普通にライオンビールを飲みに行くときに

かかる金額分、

負けたということです(^_^;)笑

まあ、プロでも負けることはあります。

まあ、プロではないんですけどね。

 

 

 

 

 

3. 終わりに

以上、鉄道の都合上、まだ夜のコロンボしか

体験していませんが、

相変わらずカジノは

独特の雰囲気がありました。

マカオのカジノの方がもちろん規模が大きく、

また、より初心者にも開かれていますが。

 

そして、コロンボ確かに都会ですね。

明るくなったら、

また印象が変わると思うので楽しみです。

 

あと細かいですが、

トゥクトゥクがメーター制で、

明朗会計なのが良いですね。

しかも田舎より安いですし、気軽に乗れます。

 

そんなところです。

 

次回は土産物を漁りがてら、

コロンボの街を散策します。

また、別のカジノでバカラに挑戦するかも

知れません。

 

最終回はこちら

 

thaicurry.hatenablog.com

 

 

 

・おまけ

 f:id:thaicurry:20170114085039j:image

f:id:thaicurry:20170114085042j:image

f:id:thaicurry:20170115212311j:image

夕食です。

宿の近くのNew Banana Leaf という店の

チキンビリヤニです。

ビリヤニとは、

スリランカ風炊き込みご飯のことです。

店名通り、バナナの葉を皿代わりにします。

現地の方っぽく、

カリーと混ぜて右手のみで食べてみました。

タンドリーチキンが特に

美味しかったです。

この後ずっと、右手がカレー臭くなりました笑

ドリンクは、ジンジャービール

(濃いめのジンジャーエール)です。

こればっかり飲んでいます。

ハマり始めました。

 

f:id:thaicurry:20170115212250j:image

スリランカの国技、クリケットです。

テレビが付いている店では大体

クリケットが流れていますね。

いまいちルールが分かりません。

 

本日は以上です。

長文を最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 

次回もお楽しみに!

 

スリランカ男一人旅 6日目 キャンディ

f:id:thaicurry:20170113003221j:image

 

おはようございます。

 

いつの間にか、

一人旅もエヤ(シンハラ語で6)日目です。

後半戦に入りました。

 

スリランカに来てからずっと晴れています。

乾季だからですね。

 

キャンディ滞在は3日目に突入です。

昨日はキャンディ・マーケットの冷やかしで

赤バナナを体験しました。

夕方には伝統芸能キャンディアンダンスを

鑑賞、超絶技巧ドラミングを目の当たりにし、

ダンサーからは、

3代目J Soul BrothersE-girlsダンスの

起源を垣間見ました。

 

 

thaicurry.hatenablog.com

 

 

それでは、6日目です。

キャンディ最終日です。

キャンディが気に入った方は、

ぜひ最後までご覧ください。

もちろん、そうでない方もどうぞ。

 

 

目次

  1. 24歳の色白仏陀と、ピカ太郎
  2. 今日の3代目J Soul BrothersE-girls(キャンディアンダンス2回目を見て)
  3. 終わりに
  • おまけ

 

1. 24歳の色白仏陀と、ピカ太郎

6日目、まずは、キャンディに到着した時から

ずっと気になっていた方にご挨拶に

行ってきました。

 

この方です。

f:id:thaicurry:20170112185928j:image

色白仏陀です。

キャンディの街にいると、

彼が事あるごとに見えます。

夜はライトアップされ、

街で目立ちまくりです。

そこまでされると、

ご挨拶に伺わないわけにはいかない。

ということで、急な坂道を10分程度歩き、

お会いしてきました。

 

f:id:thaicurry:20170112190326j:image

色白仏陀様近影

彼は1993年に作られたそうなので、現在24歳。

私より歳下です。

社会人3年目くらいでしょうか。

それなのに、このオーラと全てを達観した

表情は、大物に間違いありませんね

(当たり前や)

 

そして、その近くにはなんと、

私が将来、理想とすべき方が鎮座して

いらっしゃるではありませんか。

この方です。

f:id:thaicurry:20170112205827j:image

キラ☆

 

どうです、この黄金に光り輝くお姿。

しかも、手ぶらで合掌するのみという

シンプルな出で立ち。

目力もすごいです。

私はあえて、敬意を込めて、彼をピカ太郎先生

と呼ばせていただきたいと思います。

 

ところで、彼、誰かに似てませんかね?

PPAP(Pen-Pineapple-Apple-Pen Official)ペンパイナッポーアッポーペン/PIKOTARO(ピコ太郎) - YouTube

そうです、今巷を賑わすピコ太郎さんです。

先生の出で立ちに対し、

ピコ太郎さんは、

全身ヒョウ柄、サングラスで目力アップ、

両手にはペンとパイナップルとアップル。

先生とかなり良い勝負ですね。

ですが、私はやはり将来、

ピカ太郎先生のように、

全身黄金になりたいです。

 

…と、割と好き勝手書いてますが、

いい加減、怒られませんかね、このブログ

(^_^;)

でも、ピカ太郎先生の正式名称が

分からないんですよね。

スリランカの皆さん、失礼なこと言って

すみませんm(_ _)m

 

彼らがいる寺院は高台にあるため、

キャンディの街を見下ろせます。

 

景色はこんな感じです。

f:id:thaicurry:20170112192918j:image

キャンディ湖と、その左に仏歯寺(黄色く見える屋根のある建物)が見えます。

 

f:id:thaicurry:20170112192949j:image

街並みです。周りを山に囲まれ、

盆地になっているのが分かります。

 

この寺院、仏陀様もピカ太郎先生もいて、

景色も素晴らしいところでした。

キャンディに来られた際は、

ぜひ来てみてください。

坂道を頑張って登って良かったです。

 

 

補足)街全体を見渡せる場所について

地球の歩き方には、

「レイク・ビュー・ポイント」という場所が、

街全体を見渡せる場所として

紹介されています。

この辺りのピンを刺したところです。

f:id:thaicurry:20170112205042p:image

ここにも行ってみたのですが、

色白仏陀様がいらっしゃる寺院の方が、

より見晴らしが良かったのでオススメです。

ご参考にしてください。

一応、ここからの景色も載せておきます。

f:id:thaicurry:20170113120746j:image

キャンディ湖と仏歯寺です。

仏歯寺を見るなら、

ここの方が良いかも知れませんね。

 

参考)ポーヤ・デー

ご参考に、「ポーヤ・デー」という

国民の休日についてご紹介します。


今日の仏歯寺のエントランスです。

長蛇の列です。

私が一昨日行った時はガラガラでした。

何かあるのかと思っていたら、

今日は「ポーヤ・デー」だったようです。

「ポーヤ・デー」とは満月の日のことで、

この日には仏教徒の皆さんが礼拝に行くため、

国全体で休日となるんですね。

かなりの店が閉まります。

旅行者の飲酒も基本的には禁止されますので、

レストランでの提供がほとんど無く、

酒屋も閉まります。

私は酒屋の張り紙で、今日が「ポーヤ・デー」

であることを知りました笑

 

ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)

ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)

 

 

 

 

 

 

2. 今日の3代目J Soul BrothersE-girls(キャンディアンダンス2回目を見て)

さて、夕方からは、

昨日見たキャンディアンダンスが思いの外

良かったので、別バージョンも見たくなり、

3ヶ所ある鑑賞スポットの2ヶ所目、

Y.M.B.Aというところにもダンスを

見に行きました。

西城秀樹ではないですよ。

Y.M.C.Aではなく、Y.M.B.Aです。

Mahanuwara YMBA in Kandy, Sri Lanka - Lonely Planet

 

パフォーマンス時間は、

昨日と同じく1時間です。

小さめの劇場でしたので、

かなり近くから見られ、迫力満点でした。

そういう意味で、昨日見たキャンディ芸術協会

のものよりもオススメです。

ただ、最後の希望者に対する記念撮影が

こちらでは無かったので、

ダンサーやドラマーと写真を撮りたい方は

芸術協会の方が良いかも知れません。

 

そして肝心の内容ですが、

今回ももちろん、

3代目J Soul Brothers(以下、JSB)と

E-girls(以下、EG)が大活躍していました。

では、その高レベルなパフォーマンスを

見ていきましょう。

 

f:id:thaicurry:20170113002403j:image

EG登場です。

本日もお疲れ様です。

 

f:id:thaicurry:20170113094240j:image

踊ります。

 

f:id:thaicurry:20170113003013j:image

続いてJSBも登場です。

 

f:id:thaicurry:20170113003221j:image

周っております。

 

f:id:thaicurry:20170113005340j:image

いつもより多めに周っております。

 

 f:id:thaicurry:20170113003405j:image

本劇場でも、

鎖かたびら装備しています!

 

f:id:thaicurry:20170113003513j:image

お得意のバク転ももちろん披露!

 

f:id:thaicurry:20170113003636j:image

f:id:thaicurry:20170113003647j:image

EGも負けじと鳩を模した衣装で

盛り上げます。

 

f:id:thaicurry:20170113003804j:image

JSBも本気を出したようです!

 

f:id:thaicurry:20170113003910j:image

f:id:thaicurry:20170113003921j:image

曲芸まで出来るとは!

もはや彼ら、JSBを超えているのでは⁉︎

 

f:id:thaicurry:20170113004500j:image

ここでリーダー率いる本隊が登場します!

 

f:id:thaicurry:20170113005339j:image

リーダー(多分)のNAOTOです!

f:id:thaicurry:20170113094501j:image

リーダー(多分)熱唱!

ずっと良い笑顔でした。

 

f:id:thaicurry:20170113101907j:image

もちろんファイヤー食べます!

 

f:id:thaicurry:20170113102038j:image

ファイヤーの上も歩きます!

 

f:id:thaicurry:20170113004627j:image

最後は全員集合!

盛り上がりは最高潮に!

「NAOTOー♡」

「Ayaー!」

黄色い声援が飛んでいたことは

言うまでもありません。

 

いかがでしたでしょうか?

2劇場で鑑賞してみた感想をまとめると、

  • キャンディ芸術協会と比べると、Y.M.B.Aは劇場が小さい分、近くから見られる
  • 芸術協会公演と比べると、Y.M.B.A公演はダンスが派手だった印象
  • 演目が微妙に違っている
  • Y.M.B.A公演はリーダーが登場するので、場がしまっていた
  • 衣装はもちろん同じ 

 

こんなところですかね。

これ、だいぶマニアックな情報ですね。

知りたい人いるのでしょうか?笑

 

キャンディ初日に公演時間を知っていれば、

全劇場追っかけできたんですけどねー。

そこだけ心残りです。

でも熱心な追っかけになれたことは

間違いありません!

 

 

 

YOUNG MAN

YOUNG MAN

 

 

 

 

THE JSB LEGACY

THE JSB LEGACY

 

 

 

 

 

3. 終わりに

キャンディには3日もいるので、

ほとんどのスポットに足を運べました。

ポーヤ・デーという貴重な体験もできたので、

良かったと思います。

満月となるのは30日に1回ですから。

 

そう言えばキャンディでは、

日本人と見るや、子供はもちろん、

大人まで手を振ってくれます。

本当に心が純粋な方々の多い

素晴らしい国です。

 

次回7日目は、

名残惜しくもキャンディを離れ、

いよいよ最後の都市、コロンボに移動します。

(刑事と関係あるんですかね?)

何をするかはまだ秘密です。

お楽しみに!

キャンディにはまた来たいです。

 

7日目はこちら

 

thaicurry.hatenablog.com

 

 

おまけ

f:id:thaicurry:20170112204013j:image

ショッピングモールで行われていた

バンドの演奏です。

…なぜエスカレーターの前にステージを⁉︎

かなり皆さん通りにくそうにしていました笑

 

 f:id:thaicurry:20170113102128j:image

ショッピングモールで食べた、

パッタイです。

ええ、タイ料理です笑

カリーに飽きたわけではないです。

無かっただけです。

 

 

以上、最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 

スリランカ男一人旅 5日目 キャンディ



今日もお疲れ様です。
ケーワーダ?
(シンハラ語で、ご飯を食べましたか?)

このシンハラ語挨拶シリーズ、
何気なく初回からずっとやってますが、
現地では英語だけでも全く不自由は
ありません。

ランチの辛いカリーのお陰で、
胃がずっとホットです。
150円で満腹になりましたが。
スリランカに来て5日目、
まだ胃腸を壊していないのは、
快挙と言って良いと思います。
日本だとすぐ壊すのに、なぜでしょうか。
スリランカの食べ物が
体に合っているのでしょうか。

それとも日本でのストレスがすごいのでしょうか。

さて、4日目は、
仏歯寺とキャンディ湖を見た後、
ライオンビールとオールドアラックという
スリランカのお酒で締めました。

 

 

thaicurry.hatenablog.com

 


5日目は、
キャンディマーケットの冷やかしと、
伝統芸能であるキャンディアンダンスの見学
行ってきました。
その模様をお届けします。

そろそろ、この連載に飽きてないですか?
飽きてますよね?
精進します…

 

 

目次

  1. キャンディマーケットで見つけた宝石
  2. キャンディアンダンスの超絶技巧ドラミングとEの意志を継ぐもの達
  3. 終わりに
  • おまけ


1. キャンディマーケットで見つけた宝石


まずは宿から歩いて10分くらいのところに
ある、キャンディマーケットに冷やかしに
行ってみました。
海外の市場って、スーパーと並んで
好きなんですよね。
どの国でもそうなのですが、
熱気がすごいです。
キャンディも例に漏れず、
熱気ムンムンでした。



マーケット内の様子


スパイスと紅茶屋


フルーツ屋


乾物屋


米屋


薬草屋?

何というか、並べ方とか色合いとか、
とにかく圧巻ですよね。
何かエネルギー放出してますよ、絶対笑
この地元の日常感、大好きです。

冷やかしのつもりだったのですが、
私は見つけてしまいました、ある宝石を。
こいつです。



え?メモノート?


ドドンパ!


ペロリン!

そう、こいつがバナナ界では最高級品として
有名な赤いバナナです!

バナナの女王です。いや、宝石です。
そしてもちろん、
皆様ご存知ですよね??(知らんがな!)

ちなみに、バナナ界の革命児と呼ばれている
私は、スリランカに来るまで、
存じ上げませんでしたが何か。

これ1つで、いくらだと思いますか?
50ルピー=40円。
ん〜、高いのか安いのか微妙!笑
ペロリン、とした後に食べてみたんですが、
味も意外に普通でした笑
普通の黄色のと変わらないです。
貴重だから高いんですかね?
とりあえず、バナナ界に戻った際に、
同胞達に自慢しようかと思います。

 

 

 


2. キャンディアンダンスの超絶技巧ドラミングとEの意志を継ぐもの達


夕方からは、スリランカを代表する
伝統芸能のキャンディアンダンを鑑賞
しました。
キャンディには3ヶ所鑑賞スポットが
あるのですが、今回は、湖の近くにある
キャンディ芸術協会というところにしました。
セキュリティチェック


キャンディアンダンスとは?

 

王朝時代に悪霊祓いを目的として
宮廷内で踊られていたものです。
現代ではスリランカ各地の民族舞踊を
組み込んでいます。
全部で約1時間のショーです。
5分くらいごとにダンサーが変わるため、
あっという間に1時間が過ぎました。
民族的なリズムの超絶技巧ドラミングが
とてもカッコ良かったです。
動画を貼れないので、お見せできないのが
残念です。
ドラミングと言っても、手で叩く太鼓です。
こういう民族的なリズムと、
太鼓はよく合いますね。
日本の祭りも同じ感覚なんでしょうね。

それでは、ダンスの様子をご紹介します。



女性陣は華やかですね。



男性陣登場です。

 


バク転!


あれ、何かこのダンス、
3代目J Soul Brothers ぽくない?


鎖かたびら装備してますし。
(最近よく出て来るドラクエネタです、分からない方ごめんなさい)

 


ファイヤー食ってますし。

 


ファイヤーの上歩いてますし。



あれ、そういえば
女性陣もよく見るとE-girlsぽくない?


完全にそうですやん!


Eの意志(EXILE)を継ぐもの達の集まりですね


そうです、ダンスの感じはどう見ても
3代目J Soul Brothers と、
その妹分であるE-girlsのそれでした。
いや逆に考えて、実は彼ら彼女らが
キャンディアンダンサーズの
一員なのでしょうか?
謎は深まるばかりです。
ちなみに私はE-gils派です。

 

とりあえず、
観光以外の娯楽が少ないキャンディですが、
キャンディアンダンスは、
数少ない娯楽の一つに仲間入りです。

 

 

 

 

 

 

 

 



3. 終わりに

とうとう5日目が終わりました。残すところ、あと3日です。
明日も他のE-girls公演にも
行ってみようかと思います。
その他の予定は未定です。
高いところにでも登りますかね。

あと全然関係ないですが、
この連載を通し、ブログを書く習慣が
付きつつあるのはもちろん、
iPhoneフリック入力のスピードも
上がっている気がします。
決して文章のレベルは上がりませんが…
(^_^;)

 

これにて5日目、
ライオンビールを飲みながら終わります。
(結局今日も飲んでます)

 

6日目はこちら

 

thaicurry.hatenablog.com

 

 

・おまけ




スリランカの宝くじ(多分)
買ってみたかったのですが、
ルールがさっぱり分かりませんでした。






大通り沿いにある紅茶専門店
紅茶の種類が半端無いです。
そして、黄金のポットとカップ。
私の家にはあります(嘘です)
Mlesna Tea, Sri Lanka - manufacturer and exporter of pure Ceylon tea in blended and flavoured varieties


カリーランチ!
辛ぃ!


セイロンコーヒーという飲み物です。
日本人の方が経営されている
カフェで飲めます。
紅茶のように、抽出器の蓋?を下げた後に
飲みます。
どういう仕組みで抽出してるのでしょうか。
Cafe Natural Coffee – Japan fair Trade Corporation

 

以上です。

今回も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

 

スリランカ男一人旅 4日目 キャンディ その2

f:id:thaicurry:20170111140736j:image

 

ナマ モカッダ?

(シンハラ語で、あなたの名前は何ですか?)

 

お仕事お疲れ様です。

日本は平日で働かれている方が多い中、

ふらふらしながらブログを書いていることに、

若干の罪悪感を感じ始めています(^_^;)笑

帰国したら休ませていただいていた分を

取り戻せるよう働きますので、

恨まないでください!

 

さて、前回は、世界遺産の街 古都キャンディ

滞在初日でしたが、

ゆっくりすることを優先し、

スリランカ初のアルコールを摂取すべく、

ブログ執筆は早めに切り上げました。

 

 

thaicurry.hatenablog.com

 

 

ということで、今回は

昨日書けなかった4日目の出来事を

お届けします。

 

今日はもう1記事書く予定なので、

コンパクトにまとめます。

ご了承ください。

 

 

目次

  1. キャンディとは?
  2. 仏歯寺とキャンディ湖の夕陽
  3. ライオンビールとオールドアラックを求めて
  4. 終わりに
  • おまけ

 

 

1. キャンディとは?

中央部南寄りにある、

スリランカ第2の都市です。

街全体が世界遺産に登録されています。

スリランカ最後の王朝があったという

文化的重要性のためです。

日本でいう京都のような立ち位置かと

思います。

英語では"KANDY"と表記します。

"CANDY"ではないです。

ですので、正確な発音は、「キャンディ」

ではなく「カンディ」になるのでしょうか。

由来は以下の通りだそうです。

シンハラ語の「カンデー・ウダ・ラタ(山の高い国)」のうち、頭の部分をヨーロッパ人が訛って発音したのが始まり。そのまま一般化して、スリランカでもキャンディと呼ばれるようになったようだ。

(地球の歩き方 スリランカ '16 版より抜粋)

 

後述するスリランカの代表寺院 仏歯寺の他、
キャンディ湖やキャンディアンダンス、
フルーツとスパイス、乾物がびっしり並ぶ
キャンディマーケットが有名です。

 

以上が概要です。

 

それでは、

今回のスリランカ旅で私がキャンディに

なぜ来たいと思ったか、ですが、

  • キャンディという響き
  • マーケットのフルーツが並んだ写真の感じ
  • 古都という響き

に惹かれたからという、大変適当な理由です笑

 

ちなみに、キャンディにいる間中、

頭の中ではずっとこの曲が流れています。

 

CANDY CANDY

CANDY CANDY

 

 

2. 仏歯寺とキャンディ湖の夕陽

昨日は、昼にキャンディに到着しました。

宿が丘の上にあるので非常に登りがきつく、

にも関わらずなぜか、トゥクトゥクを使わず

自力で迷いながら辿り着いたので、

体力を消耗してしまいました。

ですので、夕方まで宿でブログを書いて

過ごしていました。

宿はこんな感じで、とても綺麗です。

f:id:thaicurry:20170111131003j:image

f:id:thaicurry:20170111131018j:image

f:id:thaicurry:20170111131149j:image

これで1泊3000円程度です。

Pearl House というところです。

booking.comというサイトで口コミを参考に

予約したのですが、信用できますね!

Booking.com: 1,136,954 hotels worldwide. 113+ million hotel reviews.

 

夕方からは、仏歯寺仏陀様に挨拶に

参りました。

宿から歩いて10分くらいです。

仏歯寺には、その名の通り、

仏陀の歯がお供えされています。

そのため、スリランカ仏教徒の方

にとっては、正に聖地となっています。

仏歯は、紀元前543年にインドで仏陀

火葬された際に手に入れられたもの

だそうです。

それは確かに死ぬほど貴重ですね。

本物なんですかね?(こら)

 

f:id:thaicurry:20170111131552j:image

外観です。

八角形の屋根が特徴的です。

シンハラ建築様式だそうです。

 

f:id:thaicurry:20170111132121j:image

通路

 

f:id:thaicurry:20170111132135j:image

入口

 

f:id:thaicurry:20170111132151j:image

唐草模様の天井

 

f:id:thaicurry:20170111132217j:image

仏歯って犬歯なんですかね?笑

 

f:id:thaicurry:20170111132227j:image

お祈り中

 

f:id:thaicurry:20170111132253j:image

仏陀

 

f:id:thaicurry:20170111132309j:image

 

f:id:thaicurry:20170111132318j:image

黄金仏陀

 

f:id:thaicurry:20170111132204j:image

石化した戦友

 

仏歯の実物はほぼ見られず、

仏歯が入っている金製の豪華な小箱が

1日3回、礼拝の時間に

見られるのみだそうです。

しかも7重にされているというから、

驚きです。

こんな厳重に保管されているものって、

他に、デス・スターの設計図くらいでは

ないでしょうか?

(スターウォーズネタです、すみません)

 

仏歯寺の近くには、キャンディ湖もあります。

 

 f:id:thaicurry:20170111133432j:image

湖の中央に浮かぶ島です。

その昔、王宮と地下で繋がっていたそうです。

やっぱり、スリランカ

どうも発想がドラクエ(失礼)

 

f:id:thaicurry:20170111133912j:image

 

f:id:thaicurry:20170111133659j:image

f:id:thaicurry:20170111133712j:image

夕焼けが綺麗でした。

仕事で疲れた心の癒しにどうぞ。

 

それにしても、どこに行っても

欧米人か中国人しかいません。

日本人は、世界的に見ても、

本当に平日に長い休みが取りにくい

ということなのでしょうか…

 

 

 

 

 

ドラゴンクエストIX 星空の守り人

ドラゴンクエストIX 星空の守り人

 

 

3. ライオンビールとオールドアラックを求めて

中心的な観光地を巡った後は、

前回も少し予告しましたが、

スリランカ原産の2種のお酒、

ライオンビールとオールドアラック

飲みに行ってきました。

オールドアラックは、ココナッツから作った

ウイスキーみたいなものです。

海外を旅した時に、

その国々のお酒を飲むのが好きなのですよね。

ただ、スリランカは宗教的に厳格な方が多く、

お酒を出す店はもちろん、

売っている店も少ないです。

ですので、自分からかなり調べに行かないと、

ほとんど情報がありません。

私もほぼ一日中Google先生と会話し、

また歩き廻りながら、

ようやく何軒かお酒を置いている

バーを見つけました。

そのうち、宿に割と近いバーに

行ってきました。

Oak Ray Restaurant というところです。

f:id:thaicurry:20170111193459p:image

 

レストランとは別のフロアで、

奥まったところにバーがあり、

メニューが無かったので、

こっそり提供している雰囲気でした。

 

そしてそして、ようやく、ありつけました!

f:id:thaicurry:20170111135231j:image

ライオンビール

500円くらいです。高めですね。

さっぱりめで飲みやすかったです。

東南アジア界隈のビールは、

さらっとしていて飲みやすいものが

多いですね。

タイのシンハービールが最も有名ですかね。

 

f:id:thaicurry:20170111135255j:image

f:id:thaicurry:20170111135300j:image

オールドアラックです。

こちらは50ccで300円くらいです。

安いですね!

ウイスキーの味に近いですが、

意外にも、もう少し辛口でした。

後味にほんのりココナッツの香りが

したような気がします。

 

どちらも美味しかったです。

探し回った甲斐がありました。

満足です。

 

日本で見つけたら、是非飲んでみてください!

 

 

 

ライオンスタウト 瓶 330ml
 

 

4. 終わりに

キャンディ初日は、

好きな時間に好きなところに

行くという、贅沢な時間を過ごせました。

ありがとうございます。

 

5日目は(今日ですが)、

キャンディマーケットでお土産漁りと、

キャンデアンダンス鑑賞の予定です。

 

また後ほど記事にします。

 

5日目はこちら

 

thaicurry.hatenablog.com

 

 

 

・おまけ

f:id:thaicurry:20170111140633j:image

夜のキャンディ中心部

 

f:id:thaicurry:20170111140814j:image

f:id:thaicurry:20170111140836j:image

f:id:thaicurry:20170111140810j:image

f:id:thaicurry:20170111140823j:image

晩御飯に利用した屋台

地元の方にも外国人旅行者にも大人気でした。

 

f:id:thaicurry:20170111140940j:image

そこで頼んだのがこれです。

多分、この前食べたコットゥ・ロティという

スリランカ流焼きそばだと思います。

300円くらいです。

ピリ辛で、熱々で美味しかったです。

ライオンビールが欲しかったです…

 

f:id:thaicurry:20170111141242j:image

f:id:thaicurry:20170111141446j:image

f:id:thaicurry:20170111141451j:image

f:id:thaicurry:20170111141322j:image

f:id:thaicurry:20170111141338j:image

宿の朝食です。

どれも美味しかったです。

特にヨーグルトが!

フルーツ皿の中の、黒い種が入ったものが

パッションフルーツなのですが、

ヨーグルトに入れて食べると、

これまた最高でした。(宿のオーナーオススメ)

 

 

 

スリランカ男一人旅 4日目 キャンディその1

週始めの火曜日ですが、

コホマダ?

(シンハラ語で、お元気ですか?)

 

3連休も成人式も終わりましたね。

今週、日本は寒波が来るそうですが、

スリランカは暑いです。

ただ、朝晩の気温は18度くらいと低めで、

長袖で寝ないと肌寒いです。

 

本記事は、

スリランカ男一人旅 4日目 キャンディ編 その1

になります。

 

3日目の前回は、遺跡の街アヌラーダプラから

シーギリヤロック近郊の街、

ダンブッラにやってきました。

見事なシーギリヤロックと石窟寺院を見学。

トゥクトゥクの運転手であり、

凄腕のビジネスマンでもあるプリやんが

活躍し、彼からビジネススキルを、

寺院の仏像からは1日寝ていても良いことを

学びました。

 

 

thaicurry.hatenablog.com

 

 

それでは早速、4日目です。

これまで駆け抜けてきたので、

今日は基本的にゆっくりしていました。

そのため、短めの記事でお送りします。

 

 

目次

  1. 古都キャンディに到着
  2. おわりに

 

 

1. 古都キャンディに到着

ダンブッラの朝は、犬と鶏の声に
起こされました。
彼らはそこら中で元気よく鳴いています。
昨日登った、
標高370mのシーギリヤロック頂上からも
鶏の声が聞こえました。

 

ダンブッラを離れる前に、滞在していて、

特に感動した話を2つ記します。 

 

 

感動①スリランカの朝食

これまでおまけでしか

触れていなかったスリランカグルメについて、

表舞台に引っ張り出して

ご紹介します。

と言うのも、今日の宿の朝食が

これまでの旅で一番

美味しかったためです。

 

f:id:thaicurry:20170110175138j:image

 

朝食全体像です。

こうして見ると、とても優雅な絵ですね笑

もちろん、宿の方のお手製です。

スリランカの安宿は、自宅の一部を

宿として提供し、

何から何までサービスするのが

一般的なようです。

半分ホームステイ感覚で泊まれるので、

一人旅をしている者としては、

とてもありがたいです。

 

まずは一番奥の丸いお椀型のものをご紹介。

f:id:thaicurry:20170110175413j:image

これは、その名もアーッパ

ほんのりココナッツミルクが香る、

クレープみたいなものです。

そのまま食べても

ほんのり甘くて美味しかったです。

左右にあるバナナや

サンバ(赤っぽいの、後述)を挟んで食べても

非常に美味でした。

 

続いては、アーッパに似た手前の丸いもの。

f:id:thaicurry:20170110175409j:image

 似ているのもそのはず、

これはアーッパの窪みに

卵を落として焼いたものです。

ビッタラ・アーッパと言います。

この組み合わせ、まずいわけがない!

塩胡椒のみのシンプルな味付けでしたが、

さすがスパイスの本場スリランカ

胡椒の味や香りが濃く、

とても美味しかったです。

 

そして、前述した赤っぽい見た目の

サンボルです。

f:id:thaicurry:20170110180445j:image

これがまたね、旨いのなんのなんですよ。

フレッシュココナッツに、

オニオンとトマトを混ぜて潰したもので、

味付けは恐らくレモンと塩胡椒、

少しの唐辛子です。

ピリ辛塩酸っぱい感じ(どんな感じや)で、

これだけ食べても最高でしたし、

アーッパやビッタラ・アーッパに

挟んで食べても美味しいです。

 

他、日本より短いバナナも、

スリランカ自慢の紅茶も、

間違いない美味しさ。

 

これで占めて3ドルです。

素晴らしい!

 

このおいしさは、

日本で店出したら余裕で流行ると思います。

 

以上、スリランカ流朝食のご紹介でした。

もう一度食べたいです。

 

 

 

ココナッツ 500g

ココナッツ 500g

 

 

 

感動②宿のオーナーのサービス

もう一つ触れずにはおけない、

宿のオーナーのサービスが

素晴らしかったのでご紹介します。

ちなみに、宿泊した宿は、

Oasis Tourist Family House です。

f:id:thaicurry:20170110181645j:image

f:id:thaicurry:20170110181715j:image

f:id:thaicurry:20170110181824j:image

失礼ながらも、オーナーの名前を

お伺いしなかったのですが、

この値段でこんなことまで、というくらい、

至れり尽くせりの

サービスをしていただきました。

日本人の接客レベルは世界一と

よく言われていますが、

全く引けを取らない接客でした。

以下、特に素晴らしかったサービスを

挙げます。

  • 15時頃、空腹である旨を伝えると、軽食を作ってくれた。それがまた非常に美味しい。

       f:id:thaicurry:20170110182215j:image

       手前のものは、コットゥ・ロティという   

       スリランカでは比較的新しい食べ物です。

       小麦粉とココナッツのすり身を混ぜて

       作った麺を細かく刻み、野菜、肉、卵と

       一緒に炒めたものです。

       スリランカ風オムそば、

       みたいな感じですかね。

       奥は、ジャガイモのグリーンスープです。

       名前を聞き忘れました。

       ココナッツミルクベースの優しい味で、

       疲れた身体と胃腸に沁みました。

 

  • 可能な限り、スパイスや唐辛子を入れないで食事を作ってくれる

 

  • 石窟寺院に行くにあたり、入場料が不要となった旨(地球の歩き方には必要と記載)や、宿からの近道を教えてくれた

 

  • キャンディから先の旅程を複数提案してくれた。特に、電車の景色が綺麗な路線を教えてくれた。

 

  • 精算時、ネット予約のページを一緒に確認し、間違いが無いことを確認してくれた。

 

  • 両替所まで連れて行ってくれて、小額紙幣が必要なことを教えてくれた。

 

  • バスが止まるポイントまで連れて行ってくれて、乗るべきバスまで教えてくれた。

 

などなど…

まるで恋人の好きなところを挙げているみたい

ですね笑

どれもすごく細かいことなんですけど、

それが積み重なると、

それらを足し合わせた以上の

とても大きな信頼に繋がるということを

実感しました。

ここより高い宿はごまんとあるにも関わらず、

これだけのホスピタリティを発揮されていて、

本当に頭が上がらない想いでした。

ここまで来ると、きっとオーナーの方の

人格なんでしょうね。

いやー素晴らしかったです。

間違いなく、今後ももっと繁盛する宿だと

思います。また行きたいです。

 

以上、ダンブッラで感動した話でした。

 

 

(What's The Story) Morning Glory? (Remastered) (Delux)

(What's The Story) Morning Glory? (Remastered) (Delux)

 

 

 

ダンブッラを出発しキャンディへ

さて、一流のオーナーとお別れし、

教えていただいたポイントで

バスを待ちました。

待つこと3分、なんと、

すぐにキャンディ行きの

エアコン付き快速バスが来ました。

オーナーは何も言っていませんでしたが、

タイミングを合わせてくれていたので

しょうか?

きっとそうに違いありません。

本当にありがとうございます!

 

バスで南下すること2時間、

途中、山道や渋滞に巻き込まれながらも、

無事、古都キャンディに到着しました。

 

 

古都キャンディ

ここで、簡単にキャンディのご紹介をします。

キャンディはスリランカ中央部のやや南寄りに

位置します。

標高300mほどの山々に囲まれた

盆地にあります。

 

街全体が世界遺産に登録されています。

なぜなら、シンハラ王朝最後の都であり、

歴史的に貴重な意味があるからです。

以下、地球の歩き方から引用します。

北に栄えていたシンハラ王朝が、インドからの侵入者に追われて南下を続け、最後に選んだのがこの地だった。周囲の山が敵の侵入を阻み、イギリスによって滅ぼされるまでの300年以上にわたり、シンハラ文化の華を咲かせた。

(以上、地球の歩き方 スリランカ '16年版より) 

 

スリランカの方々にとっては、

日本でいう、京都のような存在のようです。

私は京都が大好きなので、

滞在をとても楽しみにしていました。

ですので、ここキャンディにゆっくり数日

滞在することにしました。

本当は、昨日までの毎日都市を

移動するような、せかせかした旅ではなく、

一都市に最低数日滞在し、

自由にぷらぷら歩き回るような旅が好き

なのですよね。

 

 

2. 終わりに

という訳で、今日はゆっくりします。

正確には、

まだスリランカで飲酒していないので、

この辺で一度、飲みに行きたいだけです笑

飲んだらブログ書けないので…(^_^;)

信仰深い仏教徒の方が多いのですが、

そんなスリランカにも、

独自のお酒があります。

ライオンビールと、オールドアラックです。

ライオンビールとは、

スリランカ原産の地ビールです。

オールドアラックとは、

ココナッツから作った蒸留酒です。

ココナッツウイスキーみたいな感じです。

今日の目標は、この2つにありつくことです。

というのも、前述したように、

あまり街中に居酒屋やバーのようなものが無い

ためです。

それでは、行ってきます。

 

キャンディの街歩きについては、

明日か明後日、本格的に書きますので、

お楽しみにしていてください。

 

 

キャンディの街歩きはこちら

 

 

thaicurry.hatenablog.com

 

 

 

ライオンスタウト 瓶 330ml
 

 

 

 

 

 

スリランカ男一人旅 3日目 ダンブッラ

f:id:thaicurry:20170109220355j:image

スバ サンダーワク!

(シンハラ語で、こんばんは!)

 

3連休楽しまれたでしょうか?

日本はとても寒いみたいですね。

スリランカは相変わらず暑いです。

 

宿のレストランで

この記事を書いているのですが、

先ほど全館停電しました…笑

こちらでは、日常茶飯事のようです。

真っ暗ですが、机の上から香る

お香が良い匂いです。

 

さて、本記事は、スリランカ男一人旅

3日目 ダンブッラ編です。

 

企画を振り返っておきます。

世間の休みからずらして、まとまった

休みが取れ、これは絶好の機会ということで、

前から気になっていたスリランカ

一人旅しよう、

そしてどうせ旅するならブログにもしよう、

ということで始めました。

 

2日目の前回は、

リゾート地 ニゴンボから

寺院遺跡の街 アヌラーダプラへ

悟りを開く修行をしながら

バスで移動し、

到着後、午後に遺跡群を廻りました。

そのうち、急ぎ足ではありますが、

主要な遺跡をいくつかご紹介しました。

 

 

thaicurry.hatenablog.com

 

 

すみません、

ここで、いきなり話を逸らします。

遺跡、特に仏教関係の遺跡って、

皆さんご興味あるのでしょうかね?

世界遺産と聞くと、

結構興味が湧くと思います。

ただ、その中にも

自然遺産と文化遺産があって、

特に文化遺産の方は、

事前に知っておかないといけない情報が

多い気がしています。

そうなると、私もそうなのですが、

どうしても敬遠されがちというか、

あまり興味が無く、わざわざ見に行くほどでも

無いかなー、となるのではないかと思います。

ですので恐らく、

スリランカ仏教寺院などについて、

あまり興味を持ったことが無い方が

ほとんどではないかと心配しています。

 

でも逆に、

わざわざ行くほどでもないからこそ、

このブログを見ていただき、

行った気になってもらうのも

良いのではないかと、ふと思いました。

 

急な自分への励ましでした笑

 

ごめんなさい、

脇道の話が長くなってしまいました。

 

それでは、本題に入りましょう。

3日目の一人旅体験記です。

 

今回も、1章が長めの珍道中、

2章がダイジェスト型に

なってしまいました。

1章が午前中の出来事、

2章が午後の出来事、という構成になっている

のですが、

どうも、午前中に色々起こるみたいです。

1章を読むのに5分、2章に2分くらいが

目安でしょうか。

 

 

HEM プレシャスチャンダン 6個セット

HEM プレシャスチャンダン 6個セット

 

 

 

見たい! 知りたい! 世界遺産100 (TJMOOK 知恵袋BOOKS)

見たい! 知りたい! 世界遺産100 (TJMOOK 知恵袋BOOKS)

 

 

 

目次

  1. 凄腕ビジネスマンと行くシーギリヤロック
  2. 石窟寺院の仏像ズ(ダイジェスト)
  3. 終わりに
  • おまけ

 

 

1. 凄腕ビジネスマンと行くシーギリヤロック

今日の目的地は、

アヌラーダプラから60km程度南下したところ

にある、ダンブッラという街です。

 

昨日は、ニゴンボからアヌラーダプラへの

移動でローカルバスを使用し、

そのお陰で苦行を経験してしまいました。

その反省を踏まえ、短距離と言えど、

今日はエアコン付きの快速バスを

利用しました。

 

f:id:thaicurry:20170109231441j:image

 

車内の様子です。

 

びっくりするほど快適でした。

席は広いし、ほとんど停まらないですし、

寒いくらいに涼しかったです。

持つべきものは友達と失敗から学ぶ心ですね笑

所要1時間半で200ルピー=160円です。

激安。

 

うとうとしていたら、

さらっとダンブッラの街に到着しました。

バスの乗務員の方が、

親切にも着いたことを知らせてくれました。

 

 

真打ち登場

バス停から宿へは歩くと少し遠いので、

トゥクトゥクを拾わないとなー、

と思っていた矢先、

本日の主役が颯爽と登場します。

トゥクトゥクを運転して

うん十年(適当)の大御所、

その名もプリヤンタ先輩(29)

略してプリやんです。

プリやん、どうぞ!

 

f:id:thaicurry:20170109230643j:image

 

めちゃくちゃ精悍やん!

 

彼はバス停に降り立った途端、

この素晴らしい

スマイルで私に声をかけてきました。

 

海外旅行の格言として、

話しかけてくる人は基本的に信用するな、

というものがあります。

ですが、彼に関しては話してみた感じ、

非常に人当たりも良く交渉上手で、

不思議と疑いの気持ちは

ほとんど抱きませんでした。

 

どうやら、宿まで送ると言っているようです。

かかる時間と彼の言い値を考慮し、

プリやんを信じてみることにしました。

10分で200ルピーだそうです。

単純比較でバスの9倍。

さすがはパイセンっす。

 

プリやんトゥクトゥクで街を走ってみると、

本当に世界遺産がある街なのかと思うほど、

こじんまりしています。

緑が多く、

のんびりとした時間が流れています。

その風景を見ていると、

段々とスリランカが好きになって

いっていることに気付きました。

とても穏やかで良い国です。

 

そうこうしているうちに宿に到着。

 

f:id:thaicurry:20170109232634j:image

f:id:thaicurry:20170110125400j:image

 

今日はOasis Tourist Family Resortという

ところに滞在です。

 

この後、私のぐらぐらな予定では、

荷物を置いて着いたバス停に戻り、

シーギリア行きのバスに乗るつもりでした。

 

そこにすかさず、トゥクトゥク

降りる間、考える間を与えず、

私のゆるさを見抜いたかのように

凄腕ビジネスマンのプリやん

提案プレゼンを始めました。

 

「今日1日でシーギリヤロックと石窟寺院両方

廻るつもりやったら、分かってると思うけど

あんま時間無いで。

それやのに、これからまたバス停戻って

わいのトゥクトゥクより時間かかる

バス乗って、

また帰りも同じルートで帰ってくるとなると、

めっちゃ時間かかるで。

てことは、もしバスで行ったら、

下手したら時間無くなって

石窟寺院見られへんかも知らんで。

これがまず今のユーの課題や、分かるやんな?

 

そこでや、わいがその課題に対する

ソリューションを提示するがなー。

それはな、わいのトゥクトゥク

ここのホテルから直接

シーギリヤロックまで行って、

ユーは楽しんで、その間わいは

新喜劇でも見ながら待ってるわ。

ほんでユー帰ってきたら、宿まで送るわ。

これ全部で2時間半、バス停からホテルまでの

分も含んで20ドルでどや。

悪くないソリューションやろ?

ちなみにな、日本人がこのノートに

わいのサービス使ってみた感想書いてるわ。

わい、良い人って書いてあるやろ?

え?高いか安いか分からんて書いてる??

そんなん知らんがなー。

今一応ディスカウント中なんやで。

前は25ドルやったんや。

お得やろ?

 

まとめるとや、ユーは時間無い、

そこでその時間をわいから

お得なプライスで買う、

そうすると、ダンブッラをチョー楽しめる。

どや、悪い話やないやろ?」

 

正直、行って帰るだけで

20ドルは高いと思いました。

でも、確かにプリやんの言う通り、

色々煩わしいことも多いですし、

時間もかかります。

 

当初は宿に送るだけだ、

それが200ルピーだと言っていました。

これは振り返って考えてみると、

最初のハードルを低くし、

徐々に要求を高くしていく、

という高度な営業手法を使っていたことに

気付きました。

更には、口コミという、

昨今最も信頼できるとされている情報源までも

提示するという隙の無さ。

ここまでするとは、プリやんは非常に優秀な

ビジネスマンだなと感じました。

 

このように、

彼の完璧なプレゼンや

ビジネス手法に感心してしまい、

私はとうとうプリやんに付いていくことに

したのです。

 

こうして彼の提案は通り、

プリやんは、

シーギリヤロックへ行こう!

プロジェクトを受注しました。

 

 

 

1063人の収入を41%アップさせた 売れる技術~「顧客心理をコントロールする」営業テクニック~

1063人の収入を41%アップさせた 売れる技術~「顧客心理をコントロールする」営業テクニック~

 

 

 

ガー・レイノルズ シンプルプレゼン

ガー・レイノルズ シンプルプレゼン

 

 

 

ついにシーギリヤロック登頂!

宿からは30分ほどで

シーギリヤロックの入り口に着きました。

 

ここで一時プリやんとは別れて、

単独でシーギリヤロックの頂上に向かいます。

 

外観はこんな感じです。 

 

 f:id:thaicurry:20170110010332j:image

 

写真では伝わらないかも知れませんが、

めちゃくちゃ高くてでかい岩です。

周りに高い建物が無いので、異様でした。

標高370mだそうです。

これに登ります。

 

その前に、簡単にシーギリヤロックについて

ご説明しておきます。

今からおよそ1500年前に、

当時の王様によって、この岩の上に宮殿が

建てられました。

何のためにかというと、世捨てのためです。

彼は王子であった時、

腹違いの弟に比べて身分が低いことにより

王位が継承できないかも知れないことを恐れ、

なんと、王である自分の父親を殺してしまう

のです。

そうして自分が王になり、

世の中から逃亡するかのように、

この岩の上に宮殿を建てた、という訳です。

王様、ぶっ飛んでますね。

 

話を戻して、いざ登ります!

 

f:id:thaicurry:20170110011523j:image

 

f:id:thaicurry:20170110090436j:image

f:id:thaicurry:20170110011808j:image

 

登りました!(はやっ)

 

実際には1時間半かかりました。

頂上からの景色はもちろん絶景でした!

 

途中、ライオンの前足を模した岩肌が

ありました。

 

f:id:thaicurry:20170110012200j:image

 

元は頭や胴体もあり、

ライオンの口の中に

頂上に登る階段があったと言われています。

まさにドラクエのボスがいるダンジョン

ですね。

王様、お言葉ですが

発想が若干中二ですね(めっちゃ失礼)

 

そんな王様ですが、やはりそこは貴族、

超絶セレブな風呂が頂上にありました。

 

f:id:thaicurry:20170110012405j:image

何やこれー!(侍女と入りたいー!)

 

とまあ終始圧倒されっぱなしだったのですが、

帰り道がまたすごいのです。

 

f:id:thaicurry:20170110012739j:image

 

高所恐怖症ではないのですが、

これはさすがに足がすくみました。

階段が急ですし、

見下ろすと絶景ですし。

まさかの、背後からの現地の方の煽り

にも動じず、決死の覚悟で降りました。

高所恐怖症の方は、相当大変だと思います。

 

登ってみた感想です。

私が今まで行った世界遺産の中では、

ピラミッドに並んで感動しました!

全人類の皆様にオススメ致します。

是非死ぬまでに登ってみてください。

 

 

アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストV 天空の花嫁

アルティメット ヒッツ ドラゴンクエストV 天空の花嫁

 

 

 

 

まだまだ魅せるプリやん

さて、無事下岩?しプロジェクト責任者の

プリやんと再開します。

 

「楽しかったか?

   そうか、それは良かったわ。

   ところで、見た感じユーちょっと

   疲れてへんか?

   どや、ここいらでマッサージでも

   何やて?いらん??

   分かった。ほな宿戻るまでに、

   1箇所だけ寄らせてや。

   ハーブ&スパイスガーデンいうとこや。

   は?何やて?不要??

   この件に関しては、

   質問、希望は一切受け付けません!

   ほな行くで!」

 

こうして、疲れて思考能力が鈍っている私に、

これ好機と見て、またもや怪しげなところに

連れて行くようです。

さすがパイセンっす。

ビジネスには

タイミングもとても重要ですからね。

 

そうして連れてこられたのは、

ぱっと見、単なる小さな植物園のような

ところでした。

一見、怪しい感じはしません。

案内の方が、

育てている各スパイスやハーブについて、

実物を見ながら説明してくれました。

 

f:id:thaicurry:20170110014001j:image

f:id:thaicurry:20170110014012j:image

 

元々興味があったので、

大変興味深く観察させていただきました。

 

この後、観察が終わると、なぜか、

ハーブエッセンスを使ったマッサージを、

半強制的にされることになりました。

マッサージ?あれ、これってもしかして

プリやんが言ってたやつ??

あれほど不要と言ったのに…

 

そして結局、私のぐらぐらな

予定がまたもや変わり、

せっかくだということで、

マッサージをしていただきました笑

頭と顔、上半身に様々な

本物か怪しいハーブエッセンスを

塗りたくられ、本当に効くのか分からない

若干痛めなマッサージを受けました。

他に誰もいないシーンとした園内で、

おっさんにマッサージされるというのは、

とてもシュールで、

とも言えない体験でした。

もちろん有料でした…500ルピー=400円。

 

というか、なあプリやんよ、

なんでマッサージいらん?て聞いたんや。

いずれにせよ、マッサージされるところ

連れてくるんやん!

ん?よく考えるとこれはもしや、

相手が一度否定(マッサージ不要)した後は、

断りづらくなり、

次の要求

(ハーブ&スパイスガーデンに行くこと)

を受け入れるようになるという、

心理学を利用した高度な交渉テクニックを

使ったのではあるまいか。そうですか。

 

こうして、驚くほど高度な交渉術を操る、

プリやんのシーギリヤロックへ行こう!

プロジェクトは無事完了しました。

最後、プロジェクト納入による報酬精算時、

チップも求められました。

本当に貪欲な男です。

去り際までも、

ビジネスで大事なことを教えてくれました。

本当に勉強になりました。

プリやんありがとうございました。

でっかくなれよ!

 

 

 

 

S&B 業務用カレー粉 400g

S&B 業務用カレー粉 400g

 

 

 

2. 石窟寺院の仏像ズ(ダイジェスト)

夕方からは、宿から歩いて3分のところにある

これまた世界遺産の石窟寺院を訪ねました。

この賞は、前回と同様、

今回もダイジェストでお送りします。

 

まず入り口では、非常に分かりやすい

金ピカの仏塔と巨大な仏像が

お迎えしてくれます。

 

f:id:thaicurry:20170110082655j:image

f:id:thaicurry:20170110082736j:image

 

素晴らしい!

バブリーで良いですね。

 

これらを横目に、

岩山を登っていきます。

シーギリヤロックを登った後でしたので、

なかなかきつかったです。

 

総勢150体の仏像ズ

石窟寺院には、

岩山の頂上付近にある天然の洞窟に、

極彩色の壁画が描かれ、

多数の仏像が安置されています。

5つの石窟があり、

総勢150体程度の大小様々な仏像達が

所狭しと並べられています。

小さな村であるダンブッラが

よく知られているのは、

この石窟寺院が素晴らしいからに

他なりません。

 f:id:thaicurry:20170110083448j:image

 

それでは、いくつか寺院内の様子を

ご覧いただきましょう。

 

 f:id:thaicurry:20170110083257j:image

f:id:thaicurry:20170110083326j:image

f:id:thaicurry:20170110083352j:image

f:id:thaicurry:20170110083514j:image

 

いかがでしょうか。

仏像の数といい、

壁画のタッチの細かさといい、

とにかく圧巻ですよね。

洞窟の高さに合わせて

仏像の高さもきっちり揃えられていたのが

非常に精巧で、仕事の丁寧さを感じました。

 

悟りを開くと

そんな仏像の中に、

最も巨大な方々が3体いらっしゃいました。

彼らにはある共通点があります。

それは、寝転がっていることです。

 

f:id:thaicurry:20170110082907j:image

どーん!怖い

f:id:thaicurry:20170110083902j:image 

怖い

f:id:thaicurry:20170110083903j:image

もはやホラー

 

ね?寝てらっしゃいます。

これはつまりどういうことかと言いますと。

 

休みの日、

布団の中でついついダラダラしてしまい、

後悔することがありますよね?

でも、彼ら悟りを開かれた仏様を

ご覧ください。

堂々とダラダラされていますよね。

そうなんです、良いんですよ、

1日中布団でダラダラしていても。

最も偉い、仏様of仏様

やっているんですもん。

なんなら、休みの日だけでなく、

平日も仕事に行かず、

横になっていれば良いのです。

本日で3連休も終わりですが、

気にせず、ずっと寝ていましょう!

 

 

見仏記 (角川文庫)

見仏記 (角川文庫)

 

 

 

めぐりズム 蒸気でホットアイマスク ラベンダーセージの香り 14枚入

めぐりズム 蒸気でホットアイマスク ラベンダーセージの香り 14枚入

 

 

 

3. 終わりに

またもや長文になってしまいました(^_^;)

 

このように、登りに登った1日でした。

時期が時期なのか、

いずれの場所も観光客は少なめで、

とても快適に廻れました。

 

そして、プリやんと言い、仏様と言い、

ダンブッラは大事なことを

私に教えてくれました。

 

遺産を離れると、

とてものどかでのんびりしていて、

緑豊かです。

悪い人もほとんどいないですし、

本当に良い場所です。

 

明日は、街全体が世界遺産となっている、

キャンディという街に向かいます。

可愛らしい名前ですよね。

 

それでは今回はこの辺で。

長文にお付き合いいただき、

ありがとうございました。

 

ダッフンダ!(全てを台無しにする締め)

 

4日目はこちら

 

thaicurry.hatenablog.com

 

 

カベンディッシュ&ハーベイ オールフルーツ 200g

カベンディッシュ&ハーベイ オールフルーツ 200g

 

 

 

・おまけ

 f:id:thaicurry:20170110085853j:image

f:id:thaicurry:20170110085925j:image

スリランカの犬はやる気ゼロです。

 

f:id:thaicurry:20170110090039j:image

遺跡にも普通にいます 。

この犬はポージングが様になっていて、

かっこ良かったです。

 

f:id:thaicurry:20170110090134j:image

本日のカリー

かぼちゃ、オクラ、いんげん、チキンです。

 

f:id:thaicurry:20170110090226j:image

デザート

甘酸っぱくて美味でした。

レモン汁と蜂蜜味でした、多分。

 

 

スリランカ男一人旅 2日目 アヌラーダプラ

f:id:thaicurry:20170108214510j:image

 

本日も見ていただいて

ストゥーティー!

(シンハラ語で、ありがとうございます!)

 

本記事は、スリランカ男一人旅体験記、

2日目になります。

 

この連載初回である前回の1日目は、

この時期になぜ

スリランカに来たかについて、

そして、初日の滞在地として、

南西部にあるリゾート地・ニゴンボに

来たところまで書きました。

 

 

thaicurry.hatenablog.com

 

 

今回は、ニゴンボを出発するところからです。

 

そう言えば前回、最初に全体行程を

お伝えしていませんでした。

 

あえてそうしていたのですが、

これには2つ理由があります。

 

1つ目はそもそも予定が未定だから笑、

2つ目はお伝えしない方が

読んでいただくのが少しでも

楽しみになるのかな、

という考えがあるからです。

 

ですので、今後のプランについては、

次の日の予定以外は秘密にしておきます。

 

それでは、2日目です。

 

前半までにハイライトが固まっていました。

 

ただ、スマホのくせに長文(約5000文字)

になりました。

 

ですので、時間が無くて、

珍道中好きな方は1章を、

遺跡好きな方は2章をご覧いただければと

思います。

 

よく打ったな…

 

 

目次

  1. バス修行で世界遺産の街アヌラーダプラへ
  2. 仏教の聖地(ダイジェストで)
  3. 終わりに
  • おまけ

 

1. バス修行で世界遺産の街アヌラーダプラへ

 

ニゴンボの朝

昨日、お姫様ベッドで寝たおかげで、

今日は少し優雅に

お姫様気分でスタートしました。

 

何も見ずに街を去るのももったいないので、

朝6時に早起きして

宿から徒歩1分の海を見に行きました。

 

 f:id:thaicurry:20170108220508j:image

 

ニゴンボ早朝の海です。

 

海を見たのは久々でした。

 

見た瞬間、私の荒ぶるサーファーの血が

騒いだ気が騒ぎましたが、

気のせいでした。

 

サーフィン?やったことありません。

 

とりあえず、晴れてたらもっと

綺麗だったのでしょうね。

 

それでも綺麗でしたし満足。

 

宿に戻って朝食にします。

 

この時、海に行って帰って来るだけで、

2人の熱心な営業マンから、

熱烈な営業を受けていました。

 

1人目の方は、トゥクトゥクという

原付バイクにソファーを乗せました、

みたいなアジア特有の乗り物の勧誘で、

まあよくあるセールスでした。

 

f:id:thaicurry:20170109080447j:image

内装はこんな感じの乗り物です。

 

しかし2人目の方が変化球でした。

 

おもむろに海岸を歩く私に近づく、

色の黒いワカメの味噌汁。

ではなく、

色の黒い袋を持った若めの男。

 

「ヘイ、マイフレンド!」

 

初対面にも関わらずやけに馴れ馴れしく

話しかけてきました。

 

「名前は?」

「どこから来たの?」

「いつまでいるの?」

 

人見知りせず、誰にでも気軽に

話しかける関西人気質なところは

好きなので良かったのですが。

 

その後、黒の袋から何かを

取り出そうとする彼。

 

この時点でどこか怪しいと感じ、

見向きもせず去ろうとする私に、

彼はこう言いました。

 

「ヘイ、マイフレンド!

   これな、シャーク!

   シャークの首飾りなんやで!

   ヘイ、マイフレンド!

   欲しがっとったやんか!

   買うてや!」

 

??

 

シャーク?首飾り?何やそれ?

 

…いるかー! !

 

いつ付けたら良いか分からんわ!

 

そして初対面やのに、

欲しがってたも何も無いわ!

 

黒い袋からシャークの首飾りのプレゼントを

取り出すとか、サンタクロースか!

いや、むしろ鮫タ黒ースか!

(シャークと黒の袋から…)

 

これが言いたかっただけです。

 

…のっけから、無理矢理な語呂合わせ、

大変失礼しました。

 

にしても、

彼は一体何者だったのでしょうかね。

 

 

f:id:thaicurry:20170108220555j:image

さて、気を取り直して宿に戻り朝食です。

 

運ばれてきて思ったのですが、

どれをとっても、量多くないですか?

 

特にバター、盛りすぎてません?

 

ですが、そこはホスピタリティーに感謝し、

言葉をぐっと堪えて、頂きました。

 

各メニューは

どれももちろん美味しかったです。

フルーツが特に甘くて最高でした。

ご馳走様でした。

 

 

SHARK エナジードリンク 250ml×24本

SHARK エナジードリンク 250ml×24本

 

 

 

 

アヌラーダプラに向けて出発

朝食を終え、

本日の目的地、アヌラーダプラに向かいます。

  

アヌラーダプラは、

スリランカ最古の王朝があった街です。

 

世界遺産となっている遺跡群が

たくさんあります。

 

また、現在も仏教の聖地として、

スリランカの人々は日々、

お祈りにやってきます。

 

世界遺産が現在も活用されているのは、

非常に珍しいそうです。

 

ニゴンボからアヌラーダプラへは、

バスか鉄道を使うのが一般的です。

 

鉄道はちょうど良い時間のものが

無かったので、バスで行くことにしました。

 

高めの快速バスと、

地元の方が使う安めのローカルバスの

2つがあります。

 

更には、それぞれ到着時間や行き方が

異なります。

 

1. エアコン付きの快速バスに

   バス停から乗り込み、

   大きな街を中継して行く方法

→トータル6時間かかりますが、

    快適で確実な方法。

    宿の方のオススメ

 

2. エアコン無しのローカルバスを

    国道で捕まえ(タクシーの要領)、

   まっすぐアヌラーダプラに行く方法

→トータル4時間で行けますが、

    快適ではなく、

    乗れるか不確実な方法

 

 

ここで、前提として、

今日中にアヌラーダプラの遺跡を

何としても全て廻りたいという

希望がありました。

 

そうなると、

午前中にアヌラーダプラに着く必要があり、

移動に残された時間は4時間ちょっとしか

ありません。

 

ということで、迷わず方法2の

ローカルバスを選択しました。

 

まさか、それが地獄の始まりであったとは

知らず… 

 

トゥクトゥクの運転手が
乗り場と乗るべきバスを教えてくれました。
(後で分かったことですが、
バス代ボラれていました…)

 

f:id:thaicurry:20170108234738j:image

ローカルバスの車内です。

 

内装、めっちゃ派手!笑

 

モニターに映し出されているのは、

謎のバンドの演奏!なぜ?笑

 

しかも爆音!

 

騒がしい!

 

でも、その音がなぜか癖になりました笑

 

写真撮り忘れていましたが、

このあと、バスはすぐに満員になりました。

 

エアコン無しなので

暑いかと思っていたのですが、

乗降ドアを開けっ放しで走るので(!)

そこからの風で、それほどでも無かったです。

 

f:id:thaicurry:20170109001430j:image

そんなこんなで2時間経過しました。

 

地球の歩き方には、

どちらのバスでも

この辺りで一度休憩があると

書いてありました。

 

そろそろ休憩かと安心していた私。

 

ですが、バスはスピードを

上げることはあれど、

一向に下げることはありません。

 

2時間10分経過…

 

2時間20分経過…

 

バスは一向に休憩に入りません。

 

ここで、考えないようにしていた

ある事実が、私の頭の中を

埋め尽くし始めました。

 

もしや、私は

トイレに行きたいのではないか?

 

このあと、トイレの話が続くので、

食事中の方は耳を塞いで、

目だけ開けておいてください。

(意味無い)

 

2時間半経過…

 

かなり不安になってきたので、

車掌の方にトイレ休憩の有無について、

一応確認してみました。

あるとは思いますが、一応、です。

 

「トイレ?アヌラーダプラまで無いですよ。

    休憩??このバスは普通の市バスですよ?

    もちろん無いですよ。」

 

…え、4時間乗るのにトイレ休憩無し?

 

そんなことあり得ます?

 

あなた方は、

映画2本をトイレ行かずに

ぶっ続けで見られるんですか?

 

もし出来るなら、

それ、すごい羨ましいんですけど!!

 

トイレ休憩が無いという事実を

知ってしまった私の頭の中は、

もはやトイレのことで

一杯になっていました。

 

うん、考えんようにしてたけど、

やっぱこれはトイレに行きたい!!

 

朝食でコーヒーなど飲まなければ…!

 

アヌラーダプラまで、

残すところ1時間半。

 

待て、まだ先は長いぞ!!

 

間に合うのか⁉︎

 

そんなことは露知らず、

バスの振動がお腹に響きます。

 

ここからの1時間半は、

それはそれはもう、

さながら修行僧のように、

瞑想(迷走とも言います)し、無の境地でした。

 

もしかして、これが悟りというやつでは?

 

こうして私は、図らずも、

聖地アヌラーダプラに着く前に、

初めて悟りの境地に辿り着くのでした。

 

着く直前には、

気付いたらお尻を浮かせ、

内股になって座っている修行僧がいました。

 

無意識に、

悟りのポーズを取っていたんですね。

 

この瞬間、

スリランカで悟りを開いた日本人は

私くらいだったはずです。

 

そして1時間半後、

ようやく、バスはアヌラーダプラの

バスターミナルに到着しました。

 

f:id:thaicurry:20170109080043j:image

 

悟りを開いた私は、

トゥクトゥクの営業パーソンに

天国の場所を聞き出し、

一目散に向かいました。

 

f:id:thaicurry:20170109075342j:image

 

待ち侘びた天国の光景がこちらです。

 

聖地にはやはり天国がありました。

 

ありがたい場所でした。

 

こうして私は無の境地から、

内股となり、悟りを開き、

天国へと行くことができました。

 

スリランカ先生、

ありがたい体験を

ありがとうございました…

 

以上が今日のハイライトです笑

 

写真が少ないのは、

瞑想(迷走)していたからです。

 

…内容薄くてすみません(-_-;)笑

 

怒らないでください。

 

 

 

 

 

2. 仏教の聖地(ダイジェスト)

到着後、宿でプライベートトゥクトゥク

チャーターし、遺跡群を廻りました。

 

遺跡群に来たかったのは、

世界遺産だからというのは

もちろんありますが、

予習がてら、

スリランカ仏教に関する本を読んで、

興味を持ったからです。

 

非常に面白く内容の濃い本なのですが、

内容に触れるととてもではないですが

ここには書ききれないので、

割愛します。

 

最後にリンクを貼っておきますので、

ご興味のある方は

是非読んでみてください。

 

ここからは、

前半が(無駄に)長すぎて

タイムオーバーになったのと、

ガイドブック以上の情報が

得られなかったので、

写真とともに、

ダイジェストでご紹介したいと思います。

 

もし期待されていた方いらっしゃったら、

申し訳無いです。

 

ガイドや旅情報などは他のもっと
詳しいサイトさんに譲ります。

 

ちなみに、宿はこちらです。

f:id:thaicurry:20170109081122j:image

Indrani Inn Guest House

 

 

f:id:thaicurry:20170109081204j:image

イスル(26)(既婚)の運転する

トゥクトゥクで遺跡群へ。

 

主要な遺跡のみご紹介します。

 

f:id:thaicurry:20170109081822j:image

f:id:thaicurry:20170109081913j:image

f:id:thaicurry:20170109081916j:image

f:id:thaicurry:20170109082004j:image

f:id:thaicurry:20170109082025j:image

イスルムニヤ精舎です。

 

岩肌に作られた寺院です。

 

極彩色の仏像は、

東京にある浅草寺の援助で

塗り替えたそうです。

 

 

f:id:thaicurry:20170109082337j:image

f:id:thaicurry:20170109082354j:image

f:id:thaicurry:20170109082415j:image

スリーマハー菩提樹です。

 

紀元前3世紀に、

インドの王から贈られたものです。

 

インドのブッダガヤに

その下でブッダが悟りを開いたと言われる

菩提樹があり、

その分け木を植樹したものです。

 

 

 

f:id:thaicurry:20170109082841j:image

f:id:thaicurry:20170109082824j:image

f:id:thaicurry:20170109082919j:image

ルワンウェリサーヤ大塔です。

 

高さ55mもある、

アヌラーダプラ最大の

大塔(ダーガバと言います)です。

 

以上、遺跡群をご紹介しました。

 

ご参考になれば幸いです。

 

※前述した、遺跡を見たいと思うきっかけと

なった本は、以下です。

どちらも女性作家さんですが、

男性にもオススメします。

 

 

スリランカで、ほっ。―仏教は心のアーユルヴェーダ

スリランカで、ほっ。―仏教は心のアーユルヴェーダ

 

 

 

恋こがれてスリランカ

恋こがれてスリランカ

 

 

 

3. 終わりに

いかがでしたでしょうか。

 

割と都会であった

ニゴンボとは打って変わって、

アヌラーダプラは非常にのんびりとした

街です。

 

遺跡群はもちろん、宿も静かです。

 

到着と見学で慌ただしかった分、

宿に帰ってからはゆっくりできました。

 

そのため、更新が明朝になってしまいましたm(_ _)m

 

最後、駆け足になってしまって

申し訳無いです。

 

明日、というか今日は、

ダンブッラという街に向かいます。

 

スリランカに来たいと思った

きっかけとなった、

世界遺産シーギリヤロック

近くにある街です。

 

お楽しみに!

 

 

3日目はこちら

 

thaicurry.hatenablog.com

 

 

 

・おまけ

f:id:thaicurry:20170109093044j:image

ニゴンボの宿の本棚です。

 

割とゲストハウスにはよく本棚が

置いてあるのですが、

様々な国の旅人が様々な本を

置いてあったりするので、

何が置いてあるのか見るのが好きです。

 

 

 f:id:thaicurry:20170109085133j:image

f:id:thaicurry:20170109085155j:image

f:id:thaicurry:20170109085225j:image

f:id:thaicurry:20170109085229j:image

宿に向かう途中で見つけた市場。

 

色とりどりの野菜やフルーツが所狭しと

並べられていて、とても綺麗でした。

 

 

f:id:thaicurry:20170109085353j:image

f:id:thaicurry:20170109085403j:image

道端の屋台でランチです。

 

周りにあまり飲食店が無かったので。

 

しかし、メモ付きの問題用紙て!!

 

 

 f:id:thaicurry:20170109185656j:image

f:id:thaicurry:20170109085549j:image

f:id:thaicurry:20170109085609j:image

宿の猫。

 

晩飯時におちょくっていたら襲われました笑

 

 

f:id:thaicurry:20170109085645j:image

宿の内装

 

 

f:id:thaicurry:20170109085716j:image

宿の方お手製のカリーとサラダのディナー。

 

手作りは非常に嬉しいです!

 

どのカリーも美味しかったです。

 

ご馳走様でした。

 

 

 f:id:thaicurry:20170109085917j:image

ジンジャービールという、

謎の飲み物。

 

味はジンジャーエールです。

 

ビールと言いつつも、

ノンアルコールです。

 

 

フェンティマンス ジンジャービアー 275ml×12本

フェンティマンス ジンジャービアー 275ml×12本

 

 

 

 

以上です。

 

長文を最後までご覧いただき、

ありがとうございました。

 

 

 

スリランカ男一人旅 1日目 ニゴンボ

f:id:thaicurry:20170108103905j:image

 

アーユボーワン!

(シンハラ語でこんにちは!)

 

新年あけましておめでとうございます。

(シンハラ語は不明!)

 

昨年は当ブログを何となく再開し、

いくつか頑張って記事を書き、

SNSというSNSでシェアした甲斐もあり、

たくさんの方に見ていただくことができました。

 

皆様の貴重な余暇の時間を使っていただき、

どうもありがとうございました。

(大袈裟かも知れませんが)

 

今年はもう少し更新頻度と

書くスピードを

上げていきたいと思います。

 

また、皆様に、読んで時間を無駄にした、

と思われないような

記事を書いていきたいと思います。

 

今年も当ブログ、そして私ともども、

どうぞよろしくお願いします。

 

 

さて、ここ数回は、

「スピリッツ入門」と称し、

スピリッツ概要について連載中でした。

 

 

thaicurry.hatenablog.com

 

 

ですが、今週より、

会社の福利厚生をフル活用し、

世間の集中休日とはずらして

長期休暇が取れまして、

これは千載一遇のチャンス!ということで

久々に海外男一人旅に来ました。

 

そこで、せっかくなので、

一旦スピリッツの連載を中断し、

ここから数回にわたり、

海外男一人旅の体験記を書きます。

 

ただ行って終わりだともったいないですしね。

 

一人は何かと心細いですし。

 

撮り立てホヤホヤの写真も織り交ぜつつ、

お送りしたいと思います。

 

ただし、旅しながら

スマホで作成しているので、

構成や書きっぷりなど、

荒々しい記事となること、

ご了承くださいm(_ _)m

 

 

目次

  1. 行ってみたかったスリランカ
  2. 初日はリゾート地・ニゴンボに滞在
  3. 終わりに
  • おまけ

  

 

1. 行ってみたかったスリランカ

行き先は、そう、タイトル通り、

スリランカです。

 

どこやねん!

 

ええ、私も行こうと決めるまでは、

うろ覚えでした。

 

場所は、インドの南東です。

離島ですね。

 

 

まずは、スリランカ様の

簡単なプロフィールをご紹介します。

 

  • 面積:北海道と同じくらい
  • 人口:約2000万人
  • 首都:スリー・ジャヤワルダナプラ

                  (通称、コーッテ)

  • 民族構成:シンハラ人7割

                         タミル人2割

                         スリランカムスリム1割

                  ヒンドゥー教1割

                  イスラム教1割

                  キリスト教1割

                  英語(都市部)

                  (1Rs=約0.8円、2015年10月)

  • 日本との時差:-3時間半

 

     (以上、地球の歩き方より)

 

 

さて、首都を赤字で書いたのには

意味がありまして。

 

通称コーッテ、と書いていますね。

 

首都名に通称てw

 

長いなら変えたら良いのにと思うのですが笑

 

大阪府西成区、

長いので通称ドヤ街、ということでしょうか?

(違う)

 

ご存知でしたか?

 

少なくとも私は、

中学校の地理の授業では、

スリランカの首都は、

スリジャヤワルダナプラコッテ

スリジャヤワルダナプラコッテ

…噛むわ!」

と呪文のように覚えていました。

 

長い!

 

でも、逆に覚えてドヤ顔で披露するやつ!

 

そう、実はこの呪文のように覚えていた

首都名は正確には正しくなく、正式には、

スリー・ジャヤワルダナプラ(通称、コーッテ)

だったのですね。

 

はい、これが今回言いたかったことの

ほぼ全てです笑

これだけ覚えて帰ってくださいね!

 

いや、すみません、

まだ帰らないでください。

 

 

じゃあ、なんでスリランカに?

なぜスリランカか?

 

それは、行ったことがなく、

治安が良く、寒くなくて、

見所も多いからです。

 

学生時代に海外旅行に目覚め、

バックパッカーとなること10年。

 

行ったことない国に行くのが好きなので、

そうなると、ありがたいことに、

アジア圏は結構行ったのですよね。

 

あとはラオスミャンマー

インドネシアバングラデシュ

くらいでしょうか。

 

治安も心配ですよね。

 

欧米は最近テロだらけですし。

 

あと、寒いところは

あまり好きではないのですよね。

 

インドネシア地震が多そう、

ミャンマーバングラデシュは治安悪そう。

 

となると、スリランカラオスか。

 

ラオス、迷ったんですけどね。

 

のんびりしていて、

自己主張しないんですよ、彼。

 

スリランカに比べて、

世界遺産が少ないんですね。

 

ラオスビール飲みながら、

のんびりするのも良かったのですが。

 

消去法でスリランカ

という訳で、

半ば消去法(失礼)で、

スリランカです!

 

でも、先輩に聞いて、

行ってみたい世界遺産があったのも

理由として大きいです。

 

シーギリヤロックという、

巨大な岩です。

 

後ほどご紹介したいと思いますが、

迫力がすごいです。

 

是非、実物を見たいものです。

 

見に行くのですが。

 

スリランカ料理も魅力でした。

 

実は、スリランカ

カリー・スパイス大国です。

(カレーではないですよ、カリーです)

 

スパイスを使った数種類(チキン、野菜、豆など)のカリーをご飯と一緒に食べます。

 

最近、スパイスにも興味がある私にとって、

たくさんの種類のスパイスを使った料理や

カリーを食べられるのは、

非常に魅力的だったのです。

 

基本、全部辛いらしいですが…

 

激弱な私の胃腸たちには

頑張ってもらいたいです。

 

ついでに、アーユルヴェーダ

紅茶も有名なので、

試したいと思っています。

 

 

D30 地球の歩き方 スリランカ 2016~2017

D30 地球の歩き方 スリランカ 2016~2017

 

 

 

 

アーユルヴェーダ入門―インド伝統医学で健康に!脈診・ヨーガ・マッサージ・食事などで病気と老化をふせぐ (地球丸からだブックス)

アーユルヴェーダ入門―インド伝統医学で健康に!脈診・ヨーガ・マッサージ・食事などで病気と老化をふせぐ (地球丸からだブックス)

 

 

 

 

 

2.初日はリゾート地・ニゴンボに滞在

飛行機は南西部にあるバンダーラナーヤカ国際空港に着きました。

(この空港名、何回見ても覚えられません笑)

 

f:id:thaicurry:20170108003041j:image

ニゴンボ付近とインド洋

 

両替し、

DIALOGという通信会社の

SIMカードを購入し、

宿に向かいます。

 

初日である今日は、

そこから車で30分くらい行ったところにある、

ニゴンボというリゾート地に滞在します。

 

太鼓っぽい響き。

(ボンゴのことを言っています)

 

にしても、男一人で、リゾート地とは、

シュールですねw

 

サーフィンが出来るわけでもなく。

 

出来ることといえば、

海辺で酔っ払うことのみ。

(誰でも出来るわ)

 

空港からは、予約しておいた宿の

タクシーサービスを利用しました。

 

いつもなら、そこも自力で探すのですが、

夜着なのと、探す時間がもったいない

という社会人的発想からです。

 

f:id:thaicurry:20170108003720j:image

 スピード出しよる〜

 

今宵のお宿は、その名も

Ocean View Tourist Guest House

 

ここです。

f:id:thaicurry:20170108004754p:image

 

f:id:thaicurry:20170108014852j:image

 

無事着きました!

 

リゾート地だけあって、

欧米人だらけです。

 

日本人は私だけではないでしょうか。

 

とまあ、そこまでは良かったのですが、

予約していた部屋の風呂の電気が付かず…

 

何とかなるかなーと思っていたのですが、

宿の方のご好意で、

部屋を変えてくれました。

 

そのお部屋がこちらです。

 

f:id:thaicurry:20170108004125j:image

男一人でダブルのお姫様ベッドかい!笑

 

しかもバルコニー付きですw

f:id:thaicurry:20170108004128j:image

 

広すぎ。

 

どなたか、泊まりに来ませんか?

 

というか、私の姫になる人は、

現れるのでしょうか?

 

 

Apple iPhone 7 Jet Black【国内SIMフリー】 (128GB)

Apple iPhone 7 Jet Black【国内SIMフリー】 (128GB)

 

 

 

姫トランス

姫トランス

  • アーティスト: オムニバス,TSUKASA,MISA,ミッシング・ハート,ari,スマイル.dk
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2006/01/25
  • メディア: CD
  • クリック: 12回
  • この商品を含むブログ (20件) を見る
 

 




 

 

3.終わりに 

ということで、2017年早々、

いよいよ8日間の男一人旅が始まります。

 

短文の日もあるかも知れませんが、

お許しを。

 

以上、スマホで書いているので、

取り止めのない文章で申し訳無いです。

 

明日は、スリランカ最初の王朝があった

アヌラーダプラ」という街に行きます。

 

世界遺産の遺跡群がたくさんある街です。

 

それでは、また明日。

 

アーユボーワン!

(シンハラ語で、バイバイ!)

 

 

2日目はこちら

 

thaicurry.hatenablog.com

 

 

・おまけ

ニゴンボで食べた初カリー

f:id:thaicurry:20170108003209j:image

しめて、300円です。

右上のココナッツカリーが辛くなくマイルドで、特に美味でした。

何のスパイスを使っているのかは

さっぱり分かりません…笑

 

マンゴージュース

f:id:thaicurry:20170108004702j:image

160円です。

果汁100%、濃厚で美味しかったです。

 

ニゴンボの教会

f:id:thaicurry:20170108004723j:image

一般的なスリランカの比率と異なり、

ニゴンボ住民の9割は

キリスト教徒だそうです。

 

 

スピリッツ入門 2. ウイスキー編

 

 

f:id:thaicurry:20161210213803j:plain

 

 

前回記事、「1. スピリッツとは?」では、

スピリッツの概要として、定義、種類、主要産地についてご紹介しました。

 

thaicurry.hatenablog.com

 

さて、今回以降は、いよいよ各スピリッツの詳細について

ご紹介していきたいと思います。

(前回記事をご覧になった後に見ていただいた方が、

より分かりやすいかと思います。)

 

 注:割と長文です。読み終わるまで、5〜10分くらいかかると思います。

 

初回は、最も世界的に有名なスピリッツであろう

ウイスキーに対して、

その定義や種類、歴史、製造工程、主要銘柄について

ご説明します。

 

ちなみに私は、ウイスキーがスピリッツの中で一番好きです。

 

学生時代は苦手だったんですけどね。

 

好きになったきっかけは、

お酒の趣味も味覚も大人になり始めた2009年くらいに、

ハイボールが流行り始めたことだったと記憶しています。

 

ハイボールは飲みやすく、

また意外に食べ物にも合うということで、

そこでウイスキーの美味しさに出会いました。

 

社会人になってからは、

ウイスキー好きの上司が職場にいて

バーに連れて行ってもらったこともあり、

種類の豊富さや銘柄ごとの個性を知り、

より興味を持ちました。

 

そこからは、飲み屋に行くたびに色々な銘柄を飲んでみたり、

晩酌用にも様々なものを買って飲むようになりました。

 

かれこれウイスキー歴は7年くらいになりますね。

 

決して短くないウイスキー歴だと思います。

 

そのお陰で、大事な予定の日に二日酔いになって

怒られたことは数知れず、です・・・(^_^;)

 

それでも、私は声高にこう言いたいです。

 

大好きー、酔い過ぎー、ウイスキー!!

と。

 

目次

  1. ウイスキーの定義

  2. ウイスキーの種類

  3. ウイスキーの歴史

  4. ウイスキーの製造工程

  5. まとめ

 次回予告

 

すみません、

私のどうでも良いウイスキー遍歴と、

思いつきの掛け声は置いておいて、

いよいよ本編に入っていきましょう。

 

 

1. ウイスキーの定義

ウイスキーウイスキー足らしめているもの、

それは、「原料」と「樽熟成工程」です。

 

原料

ずばり、穀類です。

具体的には、大麦、ライ麦、トウモロコシなどです。

 

ちなみに穀類が原料のスピリッツは、

他にウォッカやラム、泡盛があります。

  

樽熟成工程

そして原料以上にウイスキーとしての個性を決めているのが、

樽熟成工程です。

 

ウイスキーと言うと、

恐らく、独特の琥珀色の液体や香りを

思い浮かべられるのではないでしょうか。  

 

それらは、この工程からもたらされます。

 

蒸留した原酒(ニューポットと言います)

を長期間樽で寝かせることで、

樽に染み込んだ香味成分を溶け込ませたり、

琥珀色を付けたりするのです。

 

樽の魔力、恐るべしですね。

 

ウイスキーの銘柄名でよく見る「××年」(例. ザ・マッカラン12年)

という表記も、樽熟成の年数を意味しています。

 

その他詳細については、4. ウイスキーの作り方の章でご説明します。

 

 

2. ウイスキーの種類

続いては、種類について。

 

ウイスキーに種類なんかあるの?という

疑問をお持ちの方もいらっしゃるのでは無いでしょうか。

 

私も初めはそうでした。

 

ですが、何でもそうであるように、

もちろんいくつか種類があります。

 

原料・使用蒸留器の違いにより、大きく分けて、

モルト」と「グレーン」に分類できます。

 

モルト」は大麦麦芽のことです。

 

「グレーン」は粒、転じて穀物という意味で、

大麦麦芽と、それ以外の穀物(トウモロコシやライ麦)も

含まれます。

 

使用蒸留器については、若干マニアックなので、

後で補足します。

興味のある方のみ、ご覧ください。

 

さらに、いくつの蒸留所の原酒を使用しているか

により、4つに分類されます。

 

そして「モルト」と「グレーン」を混ぜ合わせたものを含め、

以下のように、5つのタイプに分類できます。

 

主要な銘柄も併記しますので、

購入時の参考にしていただき、

分類ごとの味の違いを楽しんでみてください。

 

タイプ別分類

f:id:thaicurry:20161227220347p:plain

 

  大麦麦芽のみが原料、単式蒸留器で蒸留、単一の蒸留所の原酒を使用

  主要銘柄:ボウモア

 

  大麦麦芽のみが原料、単式蒸留器で蒸留、複数の蒸留所の原酒を使用

  主要銘柄:ストラスアイラ

 

 ※英語表記で、「vatted」です。大桶で混ぜられた、という意味です。

 vattは大桶、vattingは混ぜ合わせるという意味です。

 ウイスキーにしか使われない単語です。

 

 

  • シングル・グレーン

  大麦麦芽、コーン、ライ麦などが原料、連続式蒸留器で蒸留、単一の蒸留所の原酒を使用

  主要銘柄:知多

 

  • ヴァッテッド・グレーン

  大麦麦芽、コーン、ライ麦などが原料、連続式蒸留器で蒸留、複数の蒸留所の原酒を使用

  主要銘柄:ヘドニズム

 

  • ブレンデット

  複数のモルトウイスキーと2〜3種のグレーン・ウイスキーを混合したもの

  主要銘柄:ジョニーウォーカー

 

 

この中で最も有名なのは、シングル・モルトウイスキーですかね。

ブレンデット・ウイスキーもよく聞くかと思います。

 

一度、5種類の飲み比べをしてみたいです。

絶対楽しいですよね。

 

※本記事のタイプ分けが全てではありませんので、ご注意を。

 例えば、アメリカでモルトウイスキーというと、

 大麦麦芽を51%以上使用しているもの

 (大麦麦芽以外も使用)

 という意味になります。

 

補足: 使用蒸留器

単式蒸留器(ポット・スチル)と、
連続式蒸留器(パテント・スチル)があります。

 

  • 単式蒸留器
    釜で醸造酒を加熱し、
    蒸発したアルコール分を冷やしながら、
    冷却機で取り出します。

    取り出されたものが
    ウイスキーの原液(ニューポット)です。

    通常、2回蒸留されます。

    1回目だけでは、アルコール度数が20度程度と低く、
    雑味が残るからです。
    (初留と呼びます)

    2回目で、アルコール度数が急激に高くなり、
    65〜70度になります。
    (再留と呼びます)

    アルコール以外の成分も同時に蒸留されるので、
    独特の香味成分が一緒に取り出されます。

    モルトウイスキーが個性的な
    香りをしている一因です。

    小学校の時の理科の実験でやった、
    水とエタノールを分離する方法と同じですね。

  • 連続式蒸留器
    上から醸造酒を数十段ある棚に滝のように流し、
    同時に、下から上がっている蒸気により加熱します。

    この時蒸発したアルコール分を冷やすことで、
    原酒を取り出します。

    アルコール度数は一気に96度程度まで
    高くなります。

    アルコール度数が高いので、

       単式蒸留器による方法と比べ、

       癖の少ない原酒となります。

 

産地別分類

タイプ別以外に、産地でもよく分類されます。

スコッチ・ウイスキーだとか、アイリッシュウイスキーだとかです。

 

以下、産地別分類を見てみましょう。

 

こちらの分類でも主要銘柄も併記しますので、

気になったものがあれば、

地域ごとの違いを比較しながら飲んでみてください。


 

  ビート(泥炭)で焚きつけられた麦芽を使用しているため、

  スモーキーな香りが特徴。

  

  モルトやブレンデットが主流です。

 

  スペイサイドやアイラなど、

  地域ごとでも個性が異なるので、非常に奥が深いです。

 

  主要銘柄:ラフロイグ

 

 

 

  ピートを使用せず、複数回蒸留しているため、癖の無さが特徴。

  

  ウイスキーの起源は、このアイリッシュウイスキーです。

  

  後ほど出てきますが、

  ウイスキーの語源となった「ウシュク・ベーハー」(生命の水の意)

  という言葉がアイルランド語なのです。

  

  また、世界最古の蒸留所もアイルランドにあります。

  

  生産量は、他の4つに比べると最も少ないため、

  そういう意味ではマイナーなウイスキーかも知れません。

 

  主要銘柄:ジェムソン

 

  軽い飲み口と滑らかな口当たりによる飲みやすさが特徴。

 

  ライ麦主体のフレーバリング・ウイスキー

  トウモロコシ主体のベース・ウイスキーをブレンドして造られます。

  

  ウイスキー初心者の方は、ここから始めてみるのが良いかも知れません。

 

  アイリッシュウイスキーと並び、

  割とマイナーです。

 

   主要銘柄:カナディアンクラブ

 

  芳醇な香りとバニラのような甘さが特徴。

 

  コーンを主体に、ライ麦や大麦麦芽などを使用し、

  内側を強く焦がした樽で熟成されるので、

  他よりも濃い琥珀色をしています。

 

  ケンタッキー州で生産されるものをバーボン、

  テネシー州で生産されるものをテネシーウイスキーと呼びます。

 

  主要銘柄:ジャックダニエル

 

 

 

  繊細で上品な香りが特徴。

  

  スコッチ・ウイスキーに近いですが、

  スモーキーさは控えめで、コクがあります。

 

   京都にある山崎蒸留所は、

        日本最初の蒸溜所です。

 

  主要銘柄:山崎

 

 

以上、5種類です。

 

これらを合わせて世界5大ウイスキーと呼びます。

 

全て制覇したいですね。

 

 

さて、2つの分類をご紹介しましたが、注意点としては、

タイプと産地とは必ずしも1対1ではない点です。

 

例えば、アメリカン・ウイスキーの中にも、

シングル・モルトやブレンデットがあります。

 

一方、カナディアン・ウイスキーはブレンデットが主流です。

 

また、モルトウイスキーにも色々な国で生産されているものがあります。

 

・・・ややこしいですよね(^_^;)

 

とりあえず、それぞれ別の観点からの分類だと考えてください。

 

 

 

3. ウイスキーの歴史

続いては、歴史について。

 

歴史と聞いて、私のように拒否反応を示す方もいらっしゃるかも

知れませんが、歴史が苦手な私でも調べていて楽しかったので、

あまり身構えずに読んでいただければと思います。

 

錬金術師によって生み出された生命の水

ウイスキーの歴史が始まるのは、中世のヨーロッパと言われています。

 

実は蒸留技術は錬金術と密接な関係があります。

 

錬金術では、金を作り出す過程で、

海水を水と塩に分離する技術が使われます。

 

これが、醸造酒をアルコールと水とに分離する

蒸留技術の元となっています。

 

つまり、錬金術師達が初めてウイスキーを生み出したのです。

 

当初は、蒸留酒を作り出そうとして開発された技術を

利用した訳ではなかったんですね。

 

でも、確かにお酒よりは金の方が欲しいですもんね。

 

納得です。

 

こうした作られた蒸留酒は、

錬金術師たちに「アクア・ヴィテ(生命の水)」(ラテン語)と呼ばれ、

不老長寿の秘薬としてもてはやされました。

 

え??

ウイスキーが不老長寿の秘薬?

 

いやいや、何をおっしゃいますか!

飲み過ぎたら普通に命落とすでしょう!

 

・・・当時は無茶な飲み方はしなかったということでしょうか?

 

それとも、酔っ払った状態を、

病気が治り、元気になったと錯覚した?

 

あるいは、ウイスキーによって、

人生が豊かになったから?

 

謎です。

 

これについては、調べても出てこないのですよね。

 (この謎、どなたかご存知の方、

ご教示ください)

 

 

さて、どの国が起源であるかは、

アイルランドスコットランドとの2説あります。

 

アイルランド起源説

一応、最古の記録が残っているのは

アイルランドです。

 

歴史書に以下の記述があります。

 

「1172年、イングランドのヘンリーⅡ世がアイルランドに進攻したとき、

 すでにこの地では大麦から蒸留した酒を飲んでいた」

 

1172年というと、今から約850年前です。

 

ただ、この歴史書は公的なものではないので、

あまり信頼性が高くない情報ではあります。

 

 

イングランド起源説

こちらは公的な文書として、

記録が残っています。

 

1494年のスコットランド王室の財務記録帳に、

以下の記載があります。

(文書は、エジンバラのゼネラル・レジスター・ハウスに保管されています)

 

「王の命令により、

 8ボル(約1200kg)のモルト

   修道士ジョン・コーに与え、

 アクア・ヴィテを造らしむ」

 

ジョン・コーさんは、

リンドーズ修道院の修道士でした。

 

当時、修道院ではエールを造っていたので、

蒸留設備さえあればウイスキーが作れたみたいです。

 

なぜ修道院でエールを造っていたのか

気になりますが、

調べると深みにはまっていきそうなので、

ここでは割愛します。

 

それにしても、普通、修道士にも関わらず1200kgものモルトを与えられたら、

あまりの無茶振りに混乱しませんかね?

 

「無茶ぶりやん!

   俺にどうしろっちゅうんや?

   アーメン!!」

 

自分がジョン・コーさんだったら、

泣き叫びます。

 

それとも、紆余曲折あった末の

ことなのでしょうか。

 

彼がいたリンドーズ修道院は、

スコットランドでは

スコッチ・ウイスキー生誕の地

として知られています。

 

ただ、1559年の宗教改革の際に破壊され、

現在は廃墟となっています。

 

 

琥珀色の秘密

錬金術師によって生み出されたウイスキーは、

ただの蒸留酒ですので、

無色透明であったと推測されます。

 

では、何がきっかけで現在の

ウイスキーのような

琥珀色となったのでしょうか。

 

それは、1700年代のスコットランド

あります。

 

当時、イギリス政府により、

麦芽の課税率がどんどん高くなっていました。

 

その結果、課税に不満を持つ多くの蒸留業者が

山奥に蒸留所を構え、

ウイスキーを密造するようになります。

 

このとき、徴税官の目から逃れるために、

シェリーの空樽などに、

ウイスキーを隠しました。

 

これをしばらくして開けてみると、

透明であった液体が琥珀色に変わっており、

刺激的な味がまろやかに変化していました。

 

こうして、現在のような琥珀色でまろやかなウイスキーが誕生した訳です。

 

 

(以下、参考情報)

・ピート香の起源

密造が始まった際、

原料として必要なモルト

山奥で保管するために、

付近に埋もれていたピート炭で

モルトを乾燥させていました。 

 

これが、現在のスコッチ・ウイスキー

特徴である

スモーキーなピート香の起源です。

 

ウイスキーの語源

ゲール語(現在のアイルランド語)で

「生命の水」という意味である

「ウシュク・ベーハー(Uisge-beatha)」

といわれています。

(これは、さきほどご紹介したラテン語

「アクア・ヴィテ」の直訳です)

 

のちに、この「ウシュク・ベーハー」が

「ウスケボー(Usque-baugh)」、

「ウスキー(Usky)」となり、

現在の「ウイスキー(Whisky、Whiskey)」へと変化していきました。

 

 

以上、少し長くなりましたが、

歴史についてざっくりご紹介しました。

 

錬金術が活用された、だとか、

密造のために樽に詰めた、だとかを

最初知った時は驚きました。

 

世の中、知らないことって多いですね・・・。

 

 

4. ウイスキーの製造工程

最後は、製造工程についてです。

 

全部で7ステップあります。

 

1. 製麦→2. 発酵→3. 蒸留→4. 加水→5. 熟成→6. 加水&ろ過→7. ビン詰め

です。

 

モルト、グレーンで工程の違いはありませんが、

各工程で何をするかが若干違います。

 

自家製ウイスキーを作りたい方は、

参考にしてみてはいかがでしょうか。

(もしそんな方がいたら、尊敬します!)

 

それでは、順を追って見ていきましょう。

 

 

1. 製麦

原料となる穀物を水に浸し発芽させます。

 

1. ウイスキーの定義の章にも書いた通り、

モルトの場合、原料は大麦麦芽のみです。

ピート(泥炭)を焚くことにより、

ピート香を染み込ませます。

 

グレーンの場合、

原料は大麦麦芽以外に、

トウモロコシやライ麦です。

 

その後、穀物を乾燥させて粉砕します。

 

 

2. 発酵

粉砕後、温水に浸すとデンプン質が糖化し、

12〜13%の糖分の甘い麦汁ができます。

 

これをろ過し、酵母を加え発酵させます。

 

甘い麦汁、甘酒みたいな味がするんでしょうか。

 

それだけで飲んでみたいです。

 

3. 蒸留

アルコール分と水分を分離し、

アルコール分のみを取り出します。

 

スピリッツに特有の工程です。

 

取り出されたアルコールの度数は

70度前後です。

 

モルトの場合は、風味を落とす成分を取り、

旨味が引き立つ銅製の単式蒸留器で2回蒸留します。

 

グレーンの場合は、連続式蒸留器により、

一気に蒸留します。

マイルドな仕上がりになります。

 

 

4. 加水

アルコール度数を落とし、60度前後にします。

 

度数が高すぎると、後工程の熟成で

支障が出るものと推測します。

 

 

5. 熟成

ホワイト・オークの樽で熟成させます。

 

ウイスキーに特有の工程です。

 

なぜ、独特の旨味や深みが出るのか、

詳しいメカニズムは分かっていないようです。

 

 

6. 加水&ろ過

アルコール度数をより落とし、

40度程度にします。

 

また、再度ろ過を行い、雑味を取り除きます。

 

 

7. ビン詰め

琥珀色の生命の水、完成です!

 

 

5.まとめ

以上、ウイスキー編でした。

 

お疲れ様でした。

 

最後にまとめます。

 

1. 定義

  穀物を原料にし、樽熟成した蒸留酒

 

2. 種類

  ・原料・使用蒸留器、出身蒸留所の数により、全部で5種類

シングル・モルト」「ヴァッテッド・モルト「シングル・グレーン」「ヴァッテッド・グレーン」「ブレンデット」

  ・産地5大産地として、

  スコットランドアイルランド、カナダ、

  アメリカ、日本

 

3. 歴史

  ・錬金術の技術を活用して作られた

  ・税金対策として密造するために

      樽詰めされたことで、

      独特の琥珀色が生まれた 

 

4. 製造工程

  全7ステップ

  製麦→発酵→蒸留→加水→熟成

  →加水&ろ過→ビン詰め

 

 

こうして見てみると、ウイスキーって

やはり奥が深いですね。

 

間違い無く言えるのは、

本記事を読んだ後にウイスキーを飲むと、

今までと全く味わいが変わるということです。

 

詳しくなると、

ウンチクを語りたくなる人が多いのもうなづけます。

 

私はこの記事を書くためにかなり勉強して

詳しくなったので、

今度誰かをバーで口説く時に語りたいと思います。

 

にしても、ウイスキーが好き過ぎて、

今までの記事で一番長文になりました!笑 (約8,000文字!)

 

すみません笑

 

ですが、これでも結構端折った部分も多く、

本当はもっと詳しく書きたいです。

 

例えば、スコッチウイスキーシングル・モルトについて、

あるいは、各種類や銘柄ごとのオススメの飲み方について、などです。

 

これらだけで、軽く2〜3記事は書けると思います。

 

それらはまた、気が向けば番外編として書きます。

 

本記事をきっかけに、

ウイスキーに興味を持ってもらえますと幸いです。

 


 

 参考文献

 

次回予告

次回はブランデーについて、

今回のウイスキーと同様に解説します。

 

スピリッツの中で、一番響きが大人ですよね、ブランデー。

 

ゴッドファーザーに出てきそうな、

葉巻に口ヒゲ、白髪にハットのおじさまに似合います。

 

そんなおじさまになりたいものです。

 

次回に関係無いですね。

 

では、今回はここまでです。

 

長文にお付き合いいただき、

ありがとうございました。

 

次回もお楽しみに!

 

スピリッツ入門 1. スピリッツとは?

前回、「0. 導入編」では、

私がなぜスピリッツについてまとめようと思ったかを

お伝えしました。

 

前回記事はこちら

 

thaicurry.hatenablog.com

 

 

 

今回からいよいよ、スピリッツについて具体的な解説をしていきます。

 

目次

  1. スピリッツの定義

  2. スピリッツの種類

  3. スピリッツの主要な産地

  4. まとめ

 次回予告

 

 

1. スピリッツの定義

一言で言うと「蒸留酒」のことです。

 

それでは、「蒸留酒」とは何で、

また他のお酒とどう違うのでしょうか?

 

それを理解するためにはまず、

お酒の種類について知らないといけません。

 

お酒には大きく分けて、醸造酒」蒸留酒」「混成酒」の3種類があります。

 

醸造

果実や穀物を原料に、酵母によって発酵させたもの

蒸留酒

醸造酒を「蒸留」し、アルコール分を高めたもの

・混成酒

醸造酒や蒸留酒を原料に、香草、薬草、果実、種子などを混ぜたり、

染み出させたりしたもの

 

f:id:thaicurry:20161204155322j:plain

 

つまり、他のお酒と同様に発酵をした後に、

「蒸留」という工程を追加し、

アルコール分を高めたものを「蒸留酒」=「スピリッツ」と言います。


 

補足:蒸留工程とは?

醸造酒を沸騰させ、気体となったアルコール成分(エタノール)を冷やし、

液体のアルコールを得る工程です。

エタノールが水よりも先に気体となることを利用しています。

 

これにより、水分とアルコールを分離でき、

アルコールのみを取り出すので、

元の醸造酒よりも高いアルコール度数のお酒が得られるというわけです。

 

ちなみに、普通に発酵させた醸造酒ですと、

アルコール度数は16〜20度が限界と言われています。

 

その一方で、蒸留酒は理論上96度までのアルコール度数にできます。

 

つまり、発酵のみを行った場合の度数の上限を突破するための方法ということですね。

(原理を書いていて、小学校の時の理科の実験を思い出しました)

 

なかなか考えましたよね。

むかし蒸留を考えた人から、尋常ではないアルコール愛が感じられます笑

 

どれだけアルコール度数の高いものが飲みたかったのでしょうか。

 

 

いかがでしょう、スピリッツについて、

概要が掴めたでしょうか?

 

 

2. スピリッツの種類

そんなスピリッツですが、

どのような種類があるのでしょうか。

 

主要なものですと、以下の8つです。

 

一度は飲んだり、名前を見たことがあったりするものばかりだと思います。

 

先ほども書いたように、どれも「蒸留」という工程を経ているので、

アルコール度数が高いものが並んでいますよね。

(水を加えて、度数を低くした蒸留酒もあります)

 

ビールやワインなどに比べ、

そんなに頻繁には飲まないかも知れませんが、

お酒好きの人であれば、

飲んだことのあるお酒が多いと思います。

 

ちなみにこの中ですと、私はウイスキーが一番好きです。

 

その他、ラム、テキーラは、

皆様に魅力をお伝えするために、

この機会に色々飲んで研究したいと思っています。

(自分が飲みたいだけ)

 

それぞれのお酒の詳細については、

この後の記事で順次まとめますので、

お楽しみにしていてください。

 

 

世界の4大スピリッツ

特に世界中で飲まれているのが以下の4つです。

名前を見ると、確かにどれも世界中で愛されているものばかりですよね。

 

ただ意外にも、最もポピュラーなウイスキーが入っていないですよね。

 

理由は、一般的に狭い意味では、

ウイスキーがスピリッツと考えられていないためです。

 

ですが、当ブログでは広い意味でのスピリッツとして、

上記8つのお酒を取り上げます。

 

というより、好きですし、せっかくなので、

ウイスキーやバーボンについて書きたいのです笑

 

 

3. スピリッツの主要な産地

大きく分けて、北米、中南米、ヨーロッパ、ロシア、日本です。

それぞれで生産されている主要なスピリッツは以下の通りです。

  • ロシア:ウォッカ
  • 日本:焼酎

これらを世界地図にまとめてみました。

 

f:id:thaicurry:20161210180839p:plain

 

(徐々に、ブログのクオリティが上がっている気がします笑)

 

ドイツでジンやウォッカが作られているのは

知らなかったですね。

 

ビール以外もお盛んなんですね、ドイツ。

 

あと、テキーラとかラムはほとんどが中南米産。

 

これらが世界中で飲まれているということは、

相当な生産量ですよね。

 

 

こぼれ話:ロシアのウォッカ

ロシアへ仕事で出張した際に、

ロシアの方と一緒に飲む機会がありました。

そこで、本場のウォッカを体験したことがあります。

 

本場の基本的な飲み方は、テキーラと同じで、

ショットグラスで飲むんですよね。

 

ロシア人のみなさんは、やはりお酒が強く、

ショットで何杯も煽っていました笑

 

自分は次の日も仕事だったので、ほどほどにしましたが。

 

あと、実は冷凍庫で冷やして飲むととても美味しいんですよ!

 

アルコール度数が高く凍らないので、

程よくトロトロになって、とても飲みやすくなります。

 

オススメです。

 

これも本場ロシアのバーでの飲み方です。

 

私は移動の前日にこの飲み方を知ってしまって、

案の定、次の日の移動中はそれはそれはもう

非常におそロシアな状態でした・・・(^_^;)

 

 

 

4. まとめ

  • スピリッツとは蒸留酒のこと
  • 世界4大スピリッツとして、ウォッカ、ジン、ラム、テキーラがある
  • 北米、中南米、ヨーロッパ、ロシア、日本で生産が盛ん

 

参考文献

 

 

次回予告

スピリッツの中でも、特に世界的にポピュラーなウイスキーについて、

その定義や種類、歴史、製造工程、銘柄について解説します。

 

書き手である私自身が好きなので、楽しみです。